<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

隕石の記録。

 ロシアの隕石事件、 けが人が一杯出たことも、家屋に大きな被害が出たことも重々承知の上で、あえて不謹慎な表現をすると「スゴかった」

 あの大きさの隕石があんな浅い角度で突入してきて空中爆発するところが、これほど大量に記録されたなんて、空前絶後のことだ。

 今回は突入角度が浅かった上、人口密集地に落ちたので大きな被害をもたらしたが、隕石落下自体はそう珍しいものではないのは周知のこと。

 ふと思いついて、手元にある江戸時代の奇談集を漁ってみた。
 大きな石が轟音と共に落ちてきたというものはないだろうか。
反古のうらがき

 (天保初年の)二十年ばかり前、十月の頃、八ツ時(午後二時)頃なるに、晴天に少し薄雲ありて、余(著者の鈴木桃野)が家より少々西によりて、南より北に向かひて、遠雷の声鳴渡りけり。 時ならぬこととばかり思ひて止みぬ。一二日ありて聞くに、早稲田と榎町との間、とどめきといふ所に町医師ありて、その玄関先に二尺に一尺ばかりの玄蕃石の如き切り石落ちて二つに割れたり。焼石と見えて余程あたたかなり。其所にては響も厲(はげ)しかりしよし。

 玄蕃石というのは、敷石とか蓋石に使用する長方形の板状の石のことなので、これはどうやら形状的に隕石のセンは無さそうだ。

 著者の鈴木桃野は、「南の遠国にて山焼きありて吹上げたる者なるべし」と推測している。「切石といふも方直に切りたる石にてはなく、へげたるものなるべし」、切石状といっても切ったものじゃなくて、剥がれたものなんじゃないか…と、何を言ってるのかよく分からないが(笑)、要するに剥離した石が山火事の影響で吹き上がったもの…ということなのかな。
 そんな事ありうるのだろうか。
半日閑話 巻16

 十月八日夜 牛込辺へ壱間半程の石落ち候由 先年は八王寺辺に石落ち候由 疑ふらくは異国より員数を計る為ならんやと。 この度も益々雷鳴有之 夜に入り光り物通るよしなり

 これまたよくわからない。雷鳴に光り物、ということで隕石と共通するような感じはあるが、大きさ一間半というと2.7メートル。
 エネルギー=(1/2)質量×速度の二乗である。いくら何でも、地上に落ちた時のサイズがそんなにデカい隕石だったら、こんな騒ぎで済むはずはない。
 ふわふわ落ちてきたとかいうのなら別だが。
「異国より員数を計る為」というのも、どういう解釈なのか学の無い俺にはさっぱりわからん。

 どうも怪しげなものばっかりだな。もう少しマトモな記録はないのか知らん…と探していたら、おお、毎度おなじみ『甲子夜話』巻四十にそのものずばりがあるではないか。

 同林子曰く今玆(今年)十月八日夜戌刻下り、西天に大砲の如き響して北の方へ行く。林子急に北戸を開て見れば、北天に余響轟きて残れり。後に人言を聞けば、行路の者はそのとき大なる光り物飛行くを見たりと云ふ。

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 こりゃあ間違いなく隕石である。
 奇談好きのボクらのアイドル、平戸の殿様、本所のご隠居こと松浦静山公、こういうことまでしっかり記録してくださっているのだな。ありがたいことだ。

 ━━ 数日後、林くんに再び話を聞いた。

 「私が轟音を聞いたのと同じ夜に、早稲田にある、下級の御家人の家の玄関近くに、石が落ちて屋根を打ち破り、破片が飛び散ったらしいです。
 七・八年前、これは真っ昼間でしたが、今回のような音がして飛行物体が目撃され、八王子の農家の畑の土に大きな石がめり込んだことがありました。この時の石は焼き石のようで、発見した人々は打ち砕いて弄んだそうですが、今度の石も同じような質のものだったと、見た人が証言しています」

 昔、「星が落ちて石になった」などといったのはこういうことなのだろうか。自然というのは思いがけないことをするものだ。

 以前にも書いたが、七・八年前の「飛び物」というのは、私(松浦静山)の家の者も目撃していた。
 大きさは四尺以上もあったらしい。赤いような黒いような、雲のような火焔のような、鳴動回転して中天をすごい速さで飛んだという。その飛行の跡は火光の如く、余響を曳くこと二三丈(6~10メートル)に及び、東北から西方に向かった。
 目撃した者は最初は驚いて見入っていたが、怖くなって家の中に逃げ込み、戸を塞いでしまったので、けっきょくどうなったのかは判らなかったという。
 林くんの証言を聞いたので、ここに継ぎ記しておく ━━ 

 さすが松浦静山、「星が落ちて石になった」=隕石というものを認識している教養もさることながら、この活き活きとして要点を押さえた記録は見事なものだ。
 カガク的に正しい隕石の記録は『天文年鑑』とか読めばいいのだが、こういうナマの目撃証言はやはり迫力がある。

 時代も下って明治大正の記録だと、近代デジタルライブラリーでも、このような「ナマっぽい」隕石の目撃証言が読める。

 日本の隕石史でもけっこう有名な美濃隕石に関しては、『美濃隕石 : 附・日本隕石略説』(脇水鉄五郎 著 明44)が詳しい。
 その他、『岡山県気象報告』(岡山県測候所 編 大正15)にも、隕石発見の生き生きとした記録がある。
[PR]
by signal-9 | 2013-02-21 16:40 | 読んだり見たり | Comments(0)

【じょしらくBパート風】新木場



c0071416_1671395.jpg
うわぁ。広い公園だねぇ。

c0071416_1632357.jpg
都立木場公園。総面積は24.2ha。

c0071416_1675163.jpg
ヘクタールって言われるとなんだかすごく広い気がするね。いまいちピンとはこないんだけど。

c0071416_1632357.jpg
横幅300メートル、長さ1000メートルってところだな。

c0071416_1681552.jpg
な~んだ、そう聞くとたいして大きくないんだな。

c0071416_1684742.jpg
広く感じるのは場所柄もあるんじゃない?
このあたり、ビルばっかりで、あまり大きな公園も無いみたいだし。

c0071416_1675163.jpg
あぁ、それは言えてるかも。こんな街の真ん中なのに、川が流れてて、大きな橋までかかってるものね。


c0071416_1671395.jpg
キバ公園ってちょっと怖い響きだね。かまれそう。

c0071416_1681552.jpg
そうそうガブッと…って、そのキバじゃねぇよ!

c0071416_1632357.jpg
「木場」というのは、江戸時代、木材の需要の多い大きな都市に設けられた貯木場と、その周辺の材木屋街のことだ。名古屋の堀川端、大坂の立売堀(いたちぼり)なども有名だけど、江戸だったら何と言ってもここだな。
 江戸の街作りに利用された材木置き場は元々もっと江戸の中心部にあったんだけど、寛永18年の大火の後、防災の観点から深川福住町―ここから1キロちょっと西の、今の隅田川大橋のたもとあたりに移転させられたんだ。元禄12年に再び移転することになり、代地として提供されたのがここ、今の「木場」だ。

c0071416_1675163.jpg
深川って言うくらいで、水路が多かったから木材の運搬に便利だったってことね。

c0071416_1632357.jpg
実際には、「深川」という地名はこの地を開墾した深川八郎右衛門の名前に由来するらしいんだ。つまり人の名前。
 でも、海っぺりで水路もあり水上輸送の便がよかったというのはそのとおりだな。
 江戸の昔は釣り好きが集う水郷。隠居先や別荘地として好まれたらしい。
 四代目市川團十郎も引退後にここに住み、「木場の親玉」、あるいは単に「木場」と呼ばれたそうだ。

c0071416_1671395.jpg
でも材木屋さんなんてないじゃない。

c0071416_1632357.jpg
昭和48年頃からまた移転が始まったんだ。で、貯木場や材木業者の移転した後の空き地を公園にしたのがここ、木場公園ってわけさ。

c0071416_1684742.jpg
じゃあ、ここは元・木場ってわけね。

c0071416_1632357.jpg
残念、「元木場」って呼称はホントの大元、福住町に残ってるんだ。
おまけに移転した先の東京湾14号埋め立て地は「新・木場」って名付けられた。
だからここは今でも「木場」なんだなw

c0071416_1681552.jpg
なんだ、じゃあもうここは実際には木場じゃないんじゃないか。

c0071416_1675163.jpg
ほんとに「木場」を見るんなら、その移転した先の「新木場」に行かなきゃいけないんだ…。

c0071416_1684742.jpg
せっかくここまで来たんだから、行ってみようか。
そんなに遠くないんでしょ。

c0071416_1632357.jpg

c0071416_1671395.jpg
…あれ、ガンちゃん、あんまり気が進まなそうな…

c0071416_1632357.jpg
う~ん、新木場ねぇ…。まあ、いいけど…。


c0071416_1671395.jpg
到着!

c0071416_1684742.jpg
さすがに新木場、駅の階段の手すりが高級そうな材木だったね。

c0071416_1681552.jpg
お、ログハウスの店頭売りだ! さすが木場!


c0071416_1671395.jpg
あれ、何この自販機…「釣りえさ」だって!


c0071416_1632357.jpg
荒川の河口だし、バス釣りの人なんかが来るみたいだな。
 木場もそうだったけど、貯木場と釣りというのは意外と切っても切れない関係があるのかも。

c0071416_1675163.jpg
えっと、どっちに行けばいいのかしら。

c0071416_1632357.jpg
この駅の裏手が夢の島なんだけど…

c0071416_1671395.jpg
え、夢の島?♪

c0071416_1632357.jpg
いや、キグちゃんが思ってるような場所じゃないから。
 昭和14年、東京市は江東区南砂町の沖を埋め立てて水陸両用の国際飛行場を作ることを計画したんだ。でも計画の半分を埋め立てたところで戦争のために工事は中止。
 戦後も、この飛行場計画は結局復活しなかった。
 昭和30年代初頭、急増するゴミに対応するため、飛行場にするつもりだった用地をゴミ処分場にしたんだ。それ以降、昭和42年まで、夢の島はゴミの処分場だった。

c0071416_1675163.jpg
それじゃあ夢じゃ無くってゴミの島じゃない。

c0071416_1632357.jpg
焼却施設が足りなくてゴミを生のまま投棄してたりしたから、ハエが大量発生して、そりゃあ大変だったなあ…。

c0071416_1681552.jpg
(おいおい、またブログ主が表に出てきてるぞ)

c0071416_1684742.jpg
(歳がバレバレだね)

c0071416_1632357.jpg
対岸の南砂町あたりじゃあ「一時間でハエが一升枡いっぱい取れた」とか、小学生がみんなハエ叩き持参で登校したとか…。
 業を煮やして重油を撒いて、火炎放射器やナパーム地雷まで投入して焼却処置したらトンデモない量の黒煙が出て非難囂々だったなぁ。

c0071416_1671395.jpg
え-、そんなとこなら行かなくていいや。

c0071416_1632357.jpg
あ、もちろん今は公園として整備されているんだけどね。ゴミの焼却熱を利用した熱帯植物園とかマリーナもあるんだけど。

c0071416_1684742.jpg
とりあえず、新木場の方を観ようよ。せっかくだから一周してみない?

c0071416_1681552.jpg
行こうぜ!

c0071416_1632357.jpg
…一周ねぇ。まあいいけど。


c0071416_1684742.jpg
「銘木団地」だって。さすが新木場。

c0071416_1632357.jpg
ほら、あれが貯木場だ。


c0071416_1675163.jpg
さすが新木場… って、木なんかないじゃない。

c0071416_1632357.jpg
こんな真冬のオフシーズンだもの。

c0071416_1684742.jpg
まあ、でも確かに大きい貯木場ね。

c0071416_1632357.jpg
第一と第二貯木場に分かれてるけど、併せて木場公園の倍くらいの面積があるからな。でもここもいずれ埋め立てられちゃうみたいだけどね。


c0071416_1675163.jpg
かれこれ三十分は歩いてるけど、なんにもないね。

c0071416_1684742.jpg
工場とか製材所ばっかりだね。

c0071416_1671395.jpg
お腹減ったぁ~。

c0071416_1681552.jpg
食事できそうな所もないなぁ。それどころか喫茶店も見かけないや。

c0071416_1632357.jpg
そろそろ新木場の端っこだ。


c0071416_1675163.jpg
ここまで何もないと、いっそ清々しいわね。


c0071416_1681552.jpg
空が広いや…

c0071416_1632357.jpg
…断っておくけど、この先も特に何もないからな。


c0071416_1632357.jpg
ヘリコプターおたくの聖地、東京へリポートだ…けど、今日は特に事件もないんでヘリも見えないな。


c0071416_1681552.jpg
それどころか、もう一時間ちかく歩いてるのに、すれ違った歩行者は三人だけって、ここはホントに東京なのかい!
 確かにトラックはバンバン通ってるけど。

c0071416_1684742.jpg
まあ、今日は土曜日だし。

c0071416_1632357.jpg
去年、東京ゲートブリッジが開通して交通量も増えたみたいだけど。
 元々新木場地区は用途地域が「臨港・商港地区」だったし、外郭防潮堤防の外側なんで一般住宅の建設は規制されてた。早い話、人が住めないところだったわけ。

c0071416_1681552.jpg
えぇ、そうなのかい。だから人が少ないのか…

c0071416_1675163.jpg
生活の場じゃなくて仕事の場ってわけね。

c0071416_1632357.jpg
まあ、今は用途地域の区分も変更されたけど、学校とか病院とか、生活に必要なインフラの整備はまだまだだからね。


c0071416_1671395.jpg
良い眺めだねぇ。

c0071416_1675163.jpg
向うに見えるのは葛西臨海公園、その先は浦安の「ピー」ね。


c0071416_1632357.jpg
荒川河口から東京湾に向かって開けてるからな。今日は寒いけど、春から夏にかけても気持ちいいところだ。でも…。

c0071416_1684742.jpg
でも?

c0071416_1632357.jpg
あの311の津波の猛威を見ちゃった後だと、ちょっと恐くてここには住めないかなぁ。なんにも遮るものがないし…。

c0071416_1681552.jpg
たしかに。

c0071416_1632357.jpg
釣りとかバーベキューとか、何か目的があって来るんだったら使い勝手の良いところだと思うんだけどね。

c0071416_1671395.jpg
何? また「来るんじゃなかった」って結論なの?

c0071416_1632357.jpg
いや、だからあんまり気が進まなかったんだって。

c0071416_1675163.jpg
さすが新木場、辛気くさい話かりになっちゃったね。

c0071416_1681552.jpg
失礼なこと、言うなよ!


[PR]
by signal-9 | 2013-02-14 15:27 | 町歩き | Comments(0)