<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ニセ科学」という"レッテル"を止めてみたら?と言ってみるテスト。

 togetterとか見てると、こんな議論があったのだな。

「チェルノブイリへのかけはし」批判者は、汗をかいてから批判して欲しい等の主張

「かけはし騒動」関連のまとめのまとめ

ニセ科学

 俺は「ニセ科学」という言葉は使わないようにしている。
 このブログでも引用部以外では使用していないはずだ。

 いくつかの「疑似科学的」論説は批判的に取り上げているが、「科学的に間違ってるから」という表現は使っていないと思う(唯一の例外は多分これくらいだが、これは「科学的」を標榜する側が自己矛盾してないか、という文脈)。

 何故かというと、「ニセ科学」文脈によく出てくるコトバの定義が、俺にはまったく判っていないからである。

 例えば、この文脈によく「科学者」とか「専門家(集団)」のようなコトバが出てくる。
 「医者」と「ニセ医者」の区別は判る。一般的に医者は免許制であり、免許を持っていないのは「ニセ医者」だ。
 だが、「ニセ科学」文脈で使われている「科学者」には「免許」というのがあるのだろうか(笑)

 『科学的方法で研究する人が科学者で、そうでない人は「科学者もどき」(ニセ科学者)』 こういうのは単なるトートロジで、何も言っていないのと同じである。
 「ニセ医者」であっても、やってる医療は「ニセ医療」ではないというケースも論理的にはあり得るし、その逆もあるだろう。「科学」はそうじゃないのか。
 状況によって変わる人の営為を以て、その人の普遍的な属性を決めつけるというのは、常識的に無理がある。

 「ブラックジャック先生は『ニセ医者』じゃなくて『もぐりの医者』なのよさ!」
 うーん、でも「もぐりの科学者」ってのはピンとこないよな(笑)

 そもそも「ニセ科学」というコトバが、「理論そのもの」を言ってるのか「方法」のことを言ってるのか、「手続きやシステム」のことなのかもよく分からない。あちこちの「ニセ科学」関連のページを見る限り、色んな意味で使われているようである。「科学でないのに科学を名乗っている」、だからその「科学」というのは何なのか。

 「ニセ科学」という言葉の定義を試みているページも色々読んでみたが、そもそもこの「科学とは何か」という問題に関しては棚上げにしている(メタな定義論には取りあえず立ち入らない、とか) あるいは、「(科学者である)私のやってる科学が科学だ」というバカボンのパパ理論なもの、「いくらなんでもその定義は古すぎる・狭すぎるだろ」なものしか、少なくとも現時点では見あたらないので、相変わらず?なのである。

 「俺たちの『科学』とはこういうもの」という(暗黙の)合意がなされている特定の「科学者」同士で「○○ってニセ科学だよね」で頷き合うのは判るが、その合意がなされているとは限らない「外の世界」に向けて「○○は『ニセ科学』です」と表明するのは意味がまったく別である。

 つまるところ、定義を「さておいている」・あるいは定義自体が属人的・属文化圏的・恣意的であるのなら、「ニセ科学」というのは、戦術的なスローガン・ラベル・レッテルである、と俺は理解している。

 「ニセ科学」のような言葉が「外」の世界に向けて使用される場合は、それは「プロパガンダ」すなわち「特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する宣伝行為」のための道具、ということだ。

 「なんちゃら科学」という、これに似たようなラベル・レッテル・スローガンはかなり多い。

 今思い出せるだけでも、「ブードゥー科学」(ロバート・パーク)とか「バッドサイエンス」(ベン・ゴールドエイカー)とか「病的科学」とか「ジャンク・サイエンス」、いろいろあるが、いずれも定義は恣意的なものだ
 例えばロバート・パークに言わせると国際宇宙ステーションなんてブードゥーサイエンスの最たるもの、だそうだが、これには同意できない「専門家」も多いのではないか。

(上に挙げたのは、いずれも「科学の世界の内側の話」だから「ニセ科学」とは別だ、という反論はあり得る。「科学ではあるが病的だ」とか「科学ではあるがジャンクだ」みたいな使い方だけだったら、そうかもしれない。しかしながら、使われている文脈を見ると必ずしもそういう使い方ばかりではないので、実態と合致しない。恣意的なスローガンだから当然だろう)

 畢竟、この手の「スローガン」は、
悪用される科学 日経サイエンス  2005年10月号
不確実性は科学に内在する問題だが,それをでっちあげることは全く別の話だ。業界の利益を脅かすような問題が起きると,業界団体がその問題の研究を始める例がここ30年間で非常に増えている。
 例えばある企業の従業員が危険なレベルの化学物質にさらされていることが研究から明らかになったとしよう。そういう場合の企業の典型的な対処法は,自社で研究者を雇ってその研究を批判する研究をさせることだ。また,ある薬の安全性が取りざたされると,製薬会社の経営陣は健康に対する深刻な危険はないとする実験結果をさかんに宣伝する。この手の研究は会社の資金で行われ,不安を感じさせるような結果は無視したり隠したりする。
 米国産業界の一部では脅威となる研究を「ジャンクサイエンス(ニセ科学)」だと非難し,反対に業界が委託して行った研究を「健全な科学」として正当化することが常套手段になっている。
 このように、社会的にあまり健全でない使われ方もする。

 「プロパガンダ」だからダメとか悪いとかいってるのではない。
 「外の世界」(「社会」)に対して、「特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する宣伝」を行う目的の為に、こういうレッテル(「キャッチ・コピー」?)を使うことは別に「悪いこと」でも何でもない。
使っている当人がその恣意性に自覚的であるならば。

 だが、これが恣意的な戦術的用語であるということに、無自覚に利用している向きもあるようである(このあたりの「無自覚性」を評して「信仰」という表現も使われているようだ。「信念」・「常識」・「主義」、なんと言い換えても「主観的」・「恣意的」であることに違いはない)。

 さて。

 「ニセ科学」という概念を使用する・「それはニセ科学です」とラベリングできる戦術的メリット(プロパガンダにおける合目的的な有効性)は、現状それほど大きいものなのだろうか。

 もっとはっきり言っちゃうと、例えば;

「科学は信仰するもの」という科学者って、いったい誰のことなのかしら?

 ここの議論に代表されるような、「かみ合わなさ加減」にいささか辟易している。
 このやりとりを見ていると、メリットよりもデメリットの方が大きいような気がしてならないのである。

 科学論・科学方法論・科学史その他の分野で、この手のメタな議論(「科学とは何か」)はそれこそ延々と続いてきている。
 「メタな議論はさておき」といっても「いやいや<さておき>で、そういうコトバを使っちゃダメだろ」という人々は確実にいるわけである。

 ド素人の俺でも、今時「検証可能性が」「反証可能性が」とかで話を済ませている言辞を読むと「なーに何十年も前の話をしてるんだ」と鼻白むことがある。「観察の理論負荷」だの「共約不可能性」だのの議論はそっちのけかい。
 今時の科学を論ずる文脈で、「科学的事実」とか「客観性」とかの言葉を何の留保も疑いもなく使ってるのを見ると「なんと素朴な」と哀れみさえ覚える

 「外の世界」の人との定義の合意を求めるようなメタな議論を引き受ける気がない、能力的・時間的制約で引き受ける事が出来ないのであれば、わざわざ「論敵」を増やすようなラベル・戦術は使わない(あるいは使う時を選ぶ)方が、合目的的なのではなかろうか。

 といってみるテスト(笑)。

 というのは、俺は心情的に「ニセ科学」を批判すること自体は「概ねよいこと」だと思っているからである(だからこの文章もかなり「丸めて」書いている。足を引っ張る意図は毛頭無い)。
 これが有効な戦術である(と「信じる」)のであれば使えばよかろう。

 ただ、
  1. 「これは批判した方がよい」と主観的に判断した考え・情報を、批判する上で、「カガク的でない」というのは大抵の場合、批判の「ごく一部分」でしかないし、「カガク的でない」という批判は自分が思っているほど有効ではないかもしれない、ということは考えてみてもいいかもしれない。
  2. 批判的文脈で、メタな用語を使うときには、十分な合意が行われていない可能性に自覚的であった方がいいかもれない。
  3. この種の用語を使う「時と場所と相手(読者)」は、選んだ方がいいかもしれない。
  4. 自分がそのメタな概念を使う能力・時間的余裕・気構えがあるか考えてみるのはいいかもしれない
とは思う。

 だから俺は「ニセ科学」というコトバは使わないのである。
[PR]
by signal-9 | 2011-09-30 12:29 | 奇妙な論理

減容と保管の方策を急ぐべきだ。

松戸市公式ホームページ/剪定枝・落ち葉及び草の収集の変更について
このたびの東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う、放射性物質の飛散が原因で、本市の焼却灰(飛灰)に含まれる放射性物質の値が、国の暫定的な基準値(8,000ベクレル/kg)を超えたため、対策として大口の剪定枝等の焼却施設への搬入を停止しました。

 その結果、和名ヶ谷クリーンセンターの飛灰の値基準値を下回りましたが、クリーンセンターの飛灰の値は減少したものの基準値を超える状態が続いています。

 今後の対策としまして、家庭から出る剪定枝・落ち葉及び草についても、当面、焼却施設への搬入を停止することになりました。

 それに伴い剪定枝・落ち葉及び草の収集を、8月22日(月)から次のとおり行っていきますのでご理解ご協力をお願いします。

 焼却灰の放射能濃度についての報告書を見ると、8月22日からの家庭から出される剪定枝焼却処理停止前後で確かに減少しているようだが劇的というほどではない(対策前の漸減傾向とさほど大差がない減り方のように見える)。
 俺的にはもう少しデータが積み重ねられないと有効度は判断できないが、松戸市としては有効度高しと判断したのだろう。

 いずれにしても落ち葉や草木が主要な汚染源のひとつであることは蓋然性が高いことに異論はない。

 これから冬を迎え、葉っぱは落ちるし草も枯れる。枯れた植物は再飛散もしやすかろうし、落ち葉>植物>また落ち葉というスパイラルも発生するだろう。そのまま放置しておくと延々と悩まされることになる。

 平常よりも多少コストはかかるかもしれないが、この秋から冬は、行政は積極的に街路樹・公園などの落ち葉や雑草類の始末を付けるべきだと思う。
 その意味ではこの松戸市の取り組みに他自治体も追従する動きがあるのは歓迎すべき事だろう。

 が、ちょっとよくわからないのは、分別回収して燃やさなくなった剪定枝の行き先である。

 燃やしてしまえばイヤでも減容されるが、不燃物扱いだとカサばったままである。その状態でどこかに置いておいて堆肥化するにしても燃やすほどの減容にはならないだろう。
 俺の邪推であることを望むが、この分別回収が「焼却灰の置き場に困って仕方なく分別することにした」だったら、問題を先送りにしているだけということになる。

 これ、今後の積極的除染作業や、出てくるかもしれない汚染されて出荷できなくなった農産物にも言えることだが、植物というのは非常に嵩張るものなので、減容と保管のことを考えていないとあっという間に破綻することになりかねない。

 最近の焼却炉ならば燃やしてしまってもセシウムは再飛散せず、焼却灰とフィルタでトラップできる、というのが公式見解なのであるから、結局「燃やしてしまう」以外の選択肢はないのではないか。

 で、いずれにしても問題は、これらの焼却灰などを「誰がどこにどのように保管するか?」に帰着する。

 個人的には以前から固化前提での深海投棄を主張してきたが、この話がまったく俎上に載らないということは、俺のごとき愚民の浅慮では計り知れない問題があるのであろう。
 海がダメで、埋設するか人里離れた場所に保管するか程度しか選択肢がないとすれば、具体策もおのずと絞られてくるような気がする。
  • 減容の能力が十分でない自治体は、それなりの対価を手当てしてでも焼却・コンクリート固化を引き受けてくれる事業者を見つける。

  • 自前で埋設場所が確保できない自治体は、同じくそれなりの対価を手当てして、埋設・保管場所を提供してくれるところを探す。

 「フクイチから出たものはフクイチへ=廃棄物は福島県で保管しろ」みたいな意見には、プライマリな被害者である福島県民の心情を考えると到底賛成できないが、「これ以上リスクを拡散させるな」「オラが県に持ち込むことは断固反対」という「本音」も理解できる。

 そもそも「安全」と「安心」はレベルが違う話だというのは俺の当初からの意見であり、「カガク的に安全だからお前の所に埋設させろ」なんて話はまとまりようがないだろう、というのは妥当な推測なのではあるまいか(例の大文字焼きや花火の問題が今頭の中をよぎっている)。
  • 今回の災害由来の放射線源はほぼCs137とCs134であり、比率は概ね1:1なので、半減期2年のCs134の減衰により10年以下の期間で空間放射線量はかなり低下することが期待できる。

  • Cs由来のγ線は比較的遮蔽が容易である。ある程度の密度のある土や水でもかなり押さえられる。また逆二乗則もあるので、人家からある程度距離があれば、一次放射線の影響はほとんどない。

  • 問題は放射線源であるということで、セシウム(最終的なバリウムも)それ自体は生化学的には(比較的)危険なシロモノではない。経年的にリスクは低下していく。

  • 保管(搬入や埋設作業などを含め)するに当たって飛散などによる二次被曝のリスクはなるべく軽減する必要がある。

 この辺りを踏まえると、思いつくのは「搬入が比較的容易で人が定住していない場所」だ。

 例えば、日本には、海岸線が100メートル以上あり定住者がいない、いわゆる「無人島」は6,000以上ある。搬入は水上運送が利用できるだろうし、灰や植物なら経年的には「無害」なものに変わるので、有毒物質溢れる産廃ゴミの島みたいなことにはならないだろう。

 「あそこだここだ」と迂闊なことは言う気はないし、そもそもの運搬コストや自然保護や漁業権などの問題があることは重々承知だが、このあたりを埋設・保管場所に使用するなどの議論も、そろそろ必要なのではないか。

 かなり確実に予想できることは、今の状況を鑑みるに、この課題はイチ・ゼロで解決できる問題ではなく、状況に応じた複数の策が必要になるであろう事だ。

「全部フクイチに集めりゃいい」
「全部どっかの無人島に」
「全部深海投棄で」

 というような「全部」を一気に解決するような策ではなく、この部分はココ、これはこの方法(「何もしない」という選択も含めて)で、という分割統治なアプローチが必要だろう。
 つまり「国が一括でなんとかしてくれるのを待つ」ではなく、現実に課題に直面している自治体それぞれの自主的な活動が必要だろうと思う。

 通常のゴミ処理のシステムに齟齬を来している(処理に困る焼却灰が生み出され続けている)のは、風評でもなければ心配しすぎでもない、目の前にある現実の問題である。
 おまけに短期間(災害の発生した本年中)にある程度何とかしないと、どんどん問題が厄介になる可能性が高い。

 コンピュータ屋の知見で言えば、分割統治式アプローチは、概してコスト高に繋がるのだが、この問題に関しては、出来る限り早いうちに、ドカンとコストをかけてでも問題の軽減を図るべきだと思う。
[PR]
by signal-9 | 2011-09-29 14:14 | 東電災害

「Windows管理者のための15の必携オープンソースツール」

15 essential open source tools for Windows admins By J. Peter Bruzzese , InfoWorld

 何をいまさら、という感はあるかもしれないが、不勉強な俺は知らないのもあったので。記事の要約なので、俺が勧めてるわけではない(笑)

「Windows管理者のための15の必携オープンソースツール」

 ”MS製のサーバを管理するんならMS製のツールがいいんじゃね、と思うかもしれないし、大抵の場合それは正しいんだけど、ホントはいろいろ強力なオープンソースのツールもあるんだよね。MS自身がCodePlexでオープンソースツールの利用を促進してるくらいなんだから。
 Windows環境でもオープンソースツールを試してみるのは絶対いい経験になると思うよ。ネットワークトラブルシューティングから性能分析まで、お勧めツールのリストを作ったから見てみてよ”


  1. Wireshark

  2. ネットワークトラシューは勉強と長い経験が必要なゲージツ的作業だけど、Wiresharkみたいな強力な機能のあるツールはそれをかなり助けてくれる。こいつのプロトコルのカラーコーディング機能はチョー便利。

  3. AMANDA

  4. バックアップでお悩みならAMANDAは要チェック。

  5. MailArchiva

  6. コンプラ規制のおかげでExchange2010ではメールのアーカイブ機能が出てきたけど、みんながみんな2010を使ってるわけじゃない。
    Exchange2000/2003, Postfix, Sendmail, QMail, iMail, Lotus Notesを使ってるんならMailArchivaは押さえとけ。

  7. Exchange 2010 RBAC Manager

  8. Exchange 2010 RBAC ManagerはExchange2010のロールベースのアクセス管理のためのグレートなツール。

  9. Core Configurator 2.0 for Server Core

  10. 2008と2008 R2のコマンドラインバージョンはグレートなアイディアだけど、設定もコマンドラインで、つーのは大変じゃね? これを使うとGUIでできる。

  11. AutoSPInstaller for SharePoint 2010

  12. SharePointインスコした奴なら、あのインストーラがヒドいSQLデータベースを作るのは知ってるよね。このツールを使うと綺麗なデータベースで入れられるよ。

  13. OCS Inventory

  14. ネットワークに接続されているデバイスやソフトウェアのインストール、ハードウェアの接続状態を管理するならコレ。クライアントにエージェントをインストールしておけば簡単な操作で視覚化できるよ。

  15. UltraDefrag

  16. システムファイルからレジストリ、ページファイルまでデフラグできる。NT4.0, 2K, XP, 2K3, Vista, 2K8, 7 (それらの64ビット版でも)で動作する。

  17. Nmap for Windows

  18. 元々Unix用だったセキュリティスキャナ/ネットワークマッパのWindows版。

  19. Zenmap

  20. nmapと組み合わせて使うGUIツール。

  21. PowerGUI

  22. PowerShellって便利なんだけど、コマンドライン覚えて叩くのは大変じゃね? GUIとスクリプトエディタが欲しいんならこれをチェック。

  23. Performance Analysis of Logs (PAL) Tool

  24. パフォーマンスモニタのログを分析するツール。

  25. ClamWin Antivirus

  26. オープンソースのアンチウィルスソフト。リアルタイムスキャンはできないけど、無料。

  27. Virtual Router

  28. Windows 7 や Windows Server 2008 R2をWiFiルータにする。WPA2対応。

  29. VirtualBox

  30. オープンソースのOS仮想化ツール。Windows, MacOS, Linux, Solaris対応。

[PR]
by signal-9 | 2011-09-27 11:57 | 電算機関係の話題

「光より速いニュートリノ」

根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ 2011年9月23日21時28分 読売新聞という見出しを見て、「え」と思ったが。

 記事をよく読んでみたら、CERNでの観測でヘンな結果が出たからみんなで検討してみて欲しい、つーことか。 よくある話じゃん。

 個人的には「観測の方に問題がある-よーするにモノサシとか測り方の方に問題がある-ことが発見される」に一万点。 理論との矛盾以前に他の観測と矛盾してるんだから、理論の方じゃなくて観測の方をまず疑うのが当たり前だろう。

 「測り方の間違い」が判るというのは、これはこれで進歩になる話の筈だが、「みんなで検討してみて欲しい」という話が、なんで一足飛びに「特殊相対論をひっくり返すかも」だの「タイムマシン」だの「ワープ航法実現化!?」だのの話になるのかはさっぱり理解できない。

 よく分かっていない新聞記者が書き散らすアオリ記事ならいざしらず、産経新聞の記事「タイムマシン可能」ニュートリノ実験結果に専門家ら驚き
 「現代の理論物理がよって立つアインシュタインの理論を覆す大変な結果だ。本当ならタイムマシンも可能になる」と東大の村山斉・数物連携宇宙研究機構長は驚きを隠さない。

 光速で動く物体が時間が止まった状態だとすると、それよりも速いニュートリノは時間をさかのぼっているのかもしれない。すると、過去へのタイムトラベルも現実味を帯び、時間の概念すら変更を余儀なくされる可能性もある。
村山斉・数物連携宇宙研究機構長はホントに「本当ならタイムマシンも可能になるかも」なんてこと言ってるのか。
 後段の
村山氏は「結果が正しいかどうか、別の検証実験が不可欠だ。実験は遠く離れた2地点の間でニュートリノを飛ばし、所要時間を計るというシンプルなアイデア。正確さを確保するには双方の時計をきちんと合わせる必要があるが、これはそれほど簡単ではない」と語る。
 こっちが本意ならまあ納得なんだが、「専門家」だったら、迂闊に「タイムマシン」だのなんだのと「面白い単語」は吹聴しない方がいいんじゃないかなぁ。

 ま、万歩譲っても「タイムマシン」ではないわな。せいぜい「タイムテレビ」じゃなかろうか(笑)
[PR]
by signal-9 | 2011-09-26 12:00 | 一般の話題

いささか間が空いたが。

 単に仕事が立て込んでたからである。

 震災復旧関連の仕事は俺的には一区切りついたが、ブログで開陳できるような話は無い。

 ひとつだけ、自分の為の記録として残しておきたい。


 被害の大きかった地方にある会社で、復旧の手伝いをしていた。

 仕事が終わって、明日は東京に戻るという日、その会社の方が自宅に招待してくれた。
 自宅とは言っても、元のお宅は被災されたので、引っ越した先である。
 …というか、そういう事も、その時まで知らなかったのだが。

 話をしている内に、「ちょっとすみません」とテレビを点けられた。
 子ども向けのアニメをやっていた。

 「すみませんね、これが楽しみにしてるんで」

 と示された先には、この震災で亡くなられたお子さんの遺影が飾られていた。

 この時の気持ち-自分に対する怒り、相手に対する筋違いの怒り、同情、無常観、etcetc-はまだうまく咀嚼できないでいるのだが、多分かなり長い間忘れることは出来ないだろうな、と思う。
[PR]
by signal-9 | 2011-09-15 14:14 | 一般の話題