<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『郷土史余滴その一 秋葉神社と秋葉神社』

こちらでコメントいただいた、 酒井孝昌さんのご厚意で、『郷土史余滴その一 秋葉神社と秋葉神社』というレポートを送っていただいた。

 わくわくしつつ、半ば不安も感じながら読み始めた。

 俺、もしかしたら鎮火神社や佐竹の秋葉神社に関してトンデモない大嘘書いちゃってるんじゃなかろうか。実は佐竹秋葉神社は秋葉原と関係あり!とかだったら謝罪訂正の記事書かなきゃ…
 …
 読了、ちょっと胸をなで下ろしている。

 細かい問題はありそうだが(例えばこの時点では俺は、佐竹秋葉神社は「佐竹屋敷内にあったという秋葉権現を、昭和初頭に「秋葉の原」とは無関係に独自に復元したのでは?」と推定していたのだが、酒井さんの調査に依れば経緯はもっと複雑なようだ)、大きくは外していなかったようである。

 特に俺の興味の焦点である、秋葉原の由来の問題に関しては、俺が書き散らしてきた一連の書き込み;

秋葉神社の謎
秋葉神社の謎-些かつまらない解決?編-
秋葉原-火除地の成立と鎮火神社
秋葉原-火除け地、その後の様子は?(明治3~21年)
秋葉原-貨物取扱所【秋葉原駅】(明治23年~昭和7年)
秋葉原-表記の歴史:「秋葉の原」「秋葉が原」「秋葉っ原」…?
秋葉原-発音の問題1:「アキバは下町訛り」というのは本当か?
秋葉原-発音の問題2:「アキハ」がマズかったのか?
秋葉原-「田舎者の役人」はどこにいる?
秋葉原-「伝説」に関するとりあえずのツッコミ。
ついに発見!「秋葉っ原」の写真
江戸博へのツッコミ-その後。
「秋葉権現勧請説」を天下の千代田区に質問してみる。
「秋葉権現勧請説」 千代田区から返事が来た。

と大きな差異はないようだ。

 もちろん、三流プログラマがその場の勢いでざっくり調査したものと違い、酒井さんのレポートは詳細多岐に渡る本格的なものだ。

 例えば、松が谷の秋葉神社と佐竹の秋葉神社ではお社の神紋が一致しない、という指摘には正直やられた、と思った。
 まったく気がつかなかった。
 やはりきちんとした郷土史研究というのは素養が必要だと痛感した。

 鎮火神社や佐竹秋葉神社に興味のある向きは、このレポートは必読である。
(…ついでに俺の書き込みもちょっと読んでもらえるとうれしい(^^;))

 で、俺がもっとも感動した点。

 酒井さんは巻頭でこう書かれている(強調は引用者)
平成小学校東側に御鎮座の秋葉神社の御威徳によって、第二次大戦後はぼや程度の火災はあったものの複数軒が焼失するような規模の大きい火事もなく、町民は平穏無事に日々を過ごしている。
このような神社でありながら当町内に御鎮座になった由来が今ひとつはっきりしない。
秋葉神社境内に掲げられている由来書も読みようによってはどのようにもとれる書き方になっている。私は以前からもう少し由来を明らかに出来ないかと思い資料集めを心がけてきた。まだ決定的なものは発見できないが今まで収集できた資料によって考えてみようと思う。
私が町会の古老の皆さんから聞いた範囲では、現J R 秋葉原駅付近にあった火伏せの社を遷座したものとの意見が聞かれた。私はこれは事実と違うと思っている。
 話の順序として秋葉原の地名の所縁とそう呼ばれるに至った経緯を考える。
鎮火神社と秋葉原の歴史に関して、そして佐竹秋葉神社との詳細な比較検討を加えられた後、酒井さんはこう結論されている
前節までの諸事実によって、佐竹秋葉神社は現松が谷秋葉神社とは直接の関係はあり得ないことがお分かり頂けたと思う。
これはとても勇気がいることだと思うのだ。
 自分の生活している、まさにその場所で、古くから信じられていることに正々堂々と反証するということは。

 とてもではないが俺のごときヘタレにはまねができない。

 この件に興味を持って以来、身勝手なフラストレーションを感じているのである。

 ちょっと調べりゃ疑わしいと誰でも思えるような「怪しい通説」が、引用元の明示もないコピペコピペで、主語のない「だそうです」「といわれています」でバラまかれ、たまたま「おかしくないですか?」と指摘しただけで削除削除で証拠隠滅…、インターネットの負の部分が目について仕方がないからなのだ。

 そうはいっても生来ヘタレの俺は、せいぜい画面の向うで歯がみするくらいしかできていないのである。ましてや、リアルの世界で、地元の通説に反論するなんて…

 「私はこれは事実と違うと思っている」…本気の凄みというのはやはり違うのだなぁ。
[PR]
by signal-9 | 2009-09-18 15:56 | 秋葉原 研究(笑) | Comments(7)

ThunderBird 2.0のアドレス帳に自前のLDAPサーバを指定する

以下、prefs.jsとかの知識がある前提での覚え書き。
  1. 検索フィルタの指定を行う

  2. 単一のLDAPサーバでもフィルタ条件を変えたエントリを複数用意しておくと、便利な場合がある。例えば「全社」のデータが入っているディレクトリがある場合、フィルタ無しの全社とは別に、自分の所属する組織だけフィルタしたエントリも作っておく、的な。
    LDAPサーバのプロパティの名前を変えて同じサーバを複数登録し、普通に「LDAPディレクトリサーバのプロパティ」→「詳細」→「検索フィルタ」でいちおうRFC2254っぽくフィルタを書ける。
    例えば、

    全社:(&(mail=*)(objectclass=*))

    特定のドメインの人だけ:(&(|(mail=*\@foo\.*)(mail=*\@baz\.foo\.*))(objectclass=*))

    特殊文字(@やドット)のエスケープは自分でやらないとダメ(な場合があるみたいなのでやっとくのが吉)。
    また、ちょっと複雑なものを書くとクラッシュする場合もあるようなので慎重に。

  3. Mozilla定義のアトリビュート名と自分のLDAPがあっていない場合

  4. 昔の Netscape4.xx だと

    user_pref("ldap_2.servers.myldap.attributes.cn", "氏名:cn;lang-ja,cn");

    みたいに指定できたが、ThunderBird2.0 でもMozilla定義のアトリビュート名→自分のアトリビュート名の対比を指定する。

    例えばMozillaで"Company"と定義されている会社名データが、自分のLDAPでは"companyname"という名前だった場合;

    user_pref("ldap_2.servers.myldap.attrmap.Company", "companyname");

    という定義を追加する。

    ただし現在のバージョン(2.0.0.23)では言語サブタイプがついている場合には複数のアトリビュートは指定できないみたいだ(Netscapeでは可能だった)。

    user_pref("ldap_2.servers.myldap.attrmap.DisplayName", "cn;lang-ja,commonname"); // これはNGだった

    この場合、";lang-ja"を除くか、"cn;lang-ja"だけにすると動作する。

  5. 送信メール作成画面の宛先指定欄のドロップダウンリストに、例えば「会社名」とか「組織名」みたいな付加情報を付けたい

  6. デフォルトだとDisplayName(名前)とメアドしか表示されないので、同姓同名が多い巨大ディレクトリの場合、「はてこの人どこの誰だっけ」となるのが面倒。

    user_pref("mail.autoComplete.commentColumn", 2); // 1 にすると、検索しているディレクトリ名が表示されるので、2にする。

    これでコメントカラムが有効になるので、そのコメントのフォーマットを、参照している自分のLDAPのアトリビュート名に変更する。LDAPのアトリビュート名は[]で括れば指定できるようである。;

    user_pref("ldap_2.servers.myldap.autoComplete.commentFormat", "[divisionshortname;lang-ja]");
    user_pref("ldap_2.servers.myldap.autoComplete.nameFormat", "[cn;lang-ja]");

参考になるサイト
LDAP in Mozilla Thunderbird
Mail and news settings
アドレス帳の隠し設定
[PR]
by signal-9 | 2009-09-18 12:50 | TIPSとかKludgeとか | Comments(0)

Proxy.pacをCGI(ASP.NET)でユーザ毎に切り替えてみるテスト。

 Proxy.pacで利用者にプロキシ設定を配っているのだが、「人によってその設定を変えたい」という話。
 例えば、ユーザAでログインした場合にはA-プロキシを使わせ、ユーザBだったらB-プロキシを使わせ…というのをどうしたらいいか。

 いちいちログイン画面出して…つーのはNGだし、お金もかけたくないからアリモノだけでなんとかしたい。

 もちろん、マトモな方法としては グループ・ポリシーでProxy設定を行うなどの方法が正解なのはわかってるのだが、ちょっと思いついたのが、Proxy.pac自体をロードする時にユーザIDに応じて差し替えちゃえばいいんじゃね?というアイディア。

 既存のProxy.pac共有サーバは、利用者と同じドメインに入っているIISなので、とりあえずはそのまんまWindows認証を流用してみることにする。

  1. IISに統合Windows認証ありの仮想ディレクトリ ProxyPac を作成する。

  2. URL: http://myserver/ProxyPac/
    なぜ認証ありにするかというと、WindowsのログインユーザIDをキーに処理を振り分けるため。IEとFireFoxでは統合Windows認証(NTLM)の時にはパススルー(ダイアログ無し)でログインできるので、その機能を使う。本当はちゃんとweb.configを使う方がいいんだろうが、仮想ディレクトリのプロパティで設定。利用者は同じドメインのユーザなので、このディレクトリにはアクセスできる。

  3. テスト用のスクリプトを用意。やることはProxy.PACファイルをMIMEタイプを付けてクライアント返すこと。

  4. 例えばこんな感じ(以下は例のための例)。ファイル名はProxyPac.aspxとする。

    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e) {
    string uname;
    string filename;
    uname = HttpContext.Current.User.Identity.Name; // ドメイン名¥ユーザIDが返る
    if ( uname == "mydomain\\userID" ) { // ¥記号はエスケープね
    filename = MapPath("Special.pac"); // 特別なプロキシ設定ファイル
    } else {
    filename = MapPath("Normal.pac"); // 標準的なプロキシ設定ファイル
    }
    if(System.IO.File.Exists(filename)) {
    System.IO.FileInfo fileInfo = new System.IO.FileInfo(filename);
    long nSize = fileInfo.Length;
    Response.Clear();
    Response.ContentType = "application/x-ns-proxy-autoconfig"; // pacのMIMEタイプ
    Response.WriteFile(filename, 0, nSize);
    Response.End();
    }
    }
    ここではあらかじめ用意した別ファイルの設定ファイルを読み込んで返しているが、実際にはPAC単体のデバッグが終わったらASPXの中にハードコード(コピペ)しちゃう方が速度的に有利かも。
     つーか、俺的には最終的にやりたいのは人+URLなどの諸条件によってダミーのプロクシに飛ばして…みたいなことなんで、得られたIDでADを引き直して、取得した条件でJavascriptを動的に書き換えて…的なことをやっている。

  5. IEブラウザ側で、このサーバ(myserver)を明示的にイントラネットに属させる。

  6. 「インターネットオプション」→セキュリティ→ローカルイントラネットの「サイト」→詳細設定で、myserverを登録する。

     これをやらないと、たぶんIEを立ち上げた都度、プロキシファイルを読み込むために認証ダイアログが出る。おそらく、起動したときにはプロキシ情報が読み込まれていないため、そのサーバがイントラなのかどうか判断が出来ないためだろう。

     ちなみにFireFoxの場合、元々NTLMの自動ログインを有効にするためにはnetwork.automatic-ntlm-auth.trusted-urisにmyserverを登録する必要があり、その設定だけで大丈夫みたい。

  7. ブラウザ側で自動プロキシ設定URLを http://myserver/ProxyPac/ProxyPac.aspx に切り替えてテスト。

  8. 試したのはIE8とFireFox3.5だけ(今回のターゲットがそれしかないんで)

挙動的にはよさげだが、保守運用がめんどくさいかなぁ。
[PR]
by signal-9 | 2009-09-15 18:02 | TIPSとかKludgeとか | Comments(0)

今まで見た打ち上げの中で最も美しかった。

初のH-IIB打ち上げ成功 ネットに写真や動画続々 ITmedia News 2009年09月11日 09時45分
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月11日早朝、新型の大型ロケット「H-IIB」試験機の打ち上げに成功した。打ち上げの様子はJAXAがネットでライブ中継。打ち上げを見に行った一般ユーザーによる写真や動画も、11日朝までに複数ネットに投稿されている。
俺は現在の日本の宇宙開発の方向性に関して諸手を挙げて賛成しているわけではないが、ここは素直に大きな声で言わせてもらおう。

おめでとう、そして美しかった、と。

夜間の、しかも曇り空での打ち上げということで素人ながら心配していたのだが、災い転じて福となす(笑)、実に美しい打ち上げだった。薄雲を突き抜けて上昇していく光の、なんと荘厳なことか。 ひさしぶりに鳥肌が立った。

H2B:「もっとも美しい打ち上げ」…NASA局長 毎日.jp 2009年9月11日 11時41分
NASAのウィリアム・ゲスティンマイヤー宇宙運用局長は、発射場から約3.5キロ離れた展望台から打ち上げを見守った。打ち上げ後の会見で「初打ち上げでこれだけスムーズにいくのは、十分に準備したたまもの。今まで見た打ち上げの中で最も美しかった」と、満足そうに話した。
お世辞にしても「わかってる」じゃねえかビル(笑)

↓YouTubeより、松浦晋也さん御提供の動画


[PR]
by SIGNAL-9 | 2009-09-11 13:20 | 一般の話題 | Comments(0)