<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

明治・江戸のファフロツキーズ

 「オタマジャクシが降ってくる話」はやはり鳥なんじゃないか、という話が出てきた。産経新聞の「“空からオタマジャクシ”鳥が吐いた? 「昔からある」指摘続々」や、毎日新聞の「<珍現象>空からオタマジャクシ…報道後、なぜか報告急増」など、まるで俺が書いたんじゃないか(笑)と思うくらいだ。

 まあ、フツーに考えりゃあ、こういう穏当な推測になるわな。

 Webを漁っていたら、こんな記事も見つけた。
「カエルの雨が降るでしょう」The Sun 20 May 2006
記事によると、British Weather Services の気象学者が、この夏は熱波と気圧の関係で突風が引き起こされてカエルや魚の雨が降るかも…みたいな予報をしたとか。イギリスではBFO (bizarre falling object)「奇妙な落下物」という現象名もついてるみたいだ。
 まあ、イギリスの東スポ The Sun の記事なんで、どこまでホントかはわからんが。

「幕末にも騒動?降ったのはドジョウ 儒学者日記に記述」というプチ雑学情報が朝日新聞によって記事にされていたが、わざわざ大発見のようにいわなくても、ファフロツキーズ自体は超常現象分野ではポピューラーなもので(笑)、苦労なく事例が集められる。

 一般的なオカルト・超常現象関係の書籍では欧米の例がほとんどなので、『明治妖怪新聞』・『地方発明治妖怪ニュース』(柏書房・湯本豪一編)から、日本のファフロツキーズと思しきケースを挙げてみよう。

 尚、「家の中に物体が降る」というケースも多数あるのだが、個人的にはそれらは「ポルターガイスト」的文脈で語るべきもので、ファフロツキーズとはちょっと違うかなぁと思うので恣意的に省く。
東京日日新聞 明治7年7月18日
 神田元久右衛門町1丁目河岸通りに石が降り、見物の野次馬で賑わった。
東京日日新聞 明治8年3月6日
 京橋五郎兵衛町15番地の空き地に3月3日から石が降り続く。
郵便報知新聞 明治9年9月6日
 越前福井二十大区七小区日の出上町百十番地の山口某の邸内へ、8月10日、大雷雨の時に魚が3匹降ってきた。
新潟新聞 明治15年6月20日
 新潟県雑太達者村で烈風とともに空から白米が降った。
新潟新聞 明治15年8月4日
 新潟県羽茂郡岬村で空より妖虫が3・40匹降った。
東京日日新聞 明治15年8月4日
 浅草須賀町18番地に石の雨が降り巡査の出動が要請された。
信濃毎日新聞 明治15年8月24日
 新潟県で蛇に似た妖虫が降った。
伊勢新聞 明治16年7月28日
 岩手県で黄色い粉のようなものが降った。
伊勢新聞 明治18年6月16日
 三重県桑名郡安永の寺院で小豆のようなものが降った。
山陰新聞 明治18年8月16日
 島根県北塀井上座の近くで毎夜小石がバラバラ降った。
土陽新聞 明治20年8月27日
 高知県香美郡夜須村字添池で、日没後に山石・川石・壁土が降る。
日出新聞 明治21年5月9日
 京都府富小路姉小路の辺りで貨幣が降った。
郵便報知新聞 明治21年6月9日
 長野県下下水内郡都津村に5月25日午後二時頃、甘い液体が降った。手を触れると非常に粘着力があって指の先にまとわりつく。嘗めると非常に甘くて、特に臭みもない。地元では「甘露」と呼ばれている。
郵便報知新聞 明治21年6月10日
 東京府王子通り滝野川村にも「甘露」が降った。
徳島日日新聞 明治22年3月11日
 徳島県麻植郡種野山字鬼ヶ城の鬼ヶ嶽で、山の頂に金幣が降り役人が出張して調査に当たった。
 とまあ、枚挙にいとまがない。

 さらに時代を遡って、江戸時代頃ではどうか。

 『奇談異聞辞典』(『随筆辞典 奇談異聞編』柴田宵曲編著、ちくま学芸文庫)をざっと眺めてみると、ちょっと驚いたのは「毛が降った」という話が多いことだ。
甲子夜話 巻五十ニ
 (文政4年頃?)8月14日は風雨激しく、あちこちで出水した。後で聞いたところでは、毛が降ったという。長さは3・4寸のものも、もっと短いものもあったと人々は言っている。私(著者の松浦静山)が「物の怪のたぐいかね」と聞くと、林氏は「大気が凝り固まったものかも。獣毛ではないみたいだ」という。その後「怪異辨断」(西川如見著)を読んでみたら、日本の南方の国では、空を飛ぶ巨大な鳥が羽毛を降らせるということがあるそうな。
遊芸園随筆 
(天保7~8年頃?)6月19日の深夜、ひとしきり雨が降ったようだ。翌日、飯田町(東京都新宿区)のモチノキ坂へ引っ越し祝いに出かけたら、所々で「毛が降った」といって拾っている奴が何人かいた。長さは5~7寸くらい、色は黄色みを帯びた白。その帰り、牛込北御徒丁へ向かう道すがら家来に拾わせてみたら、また何本か見つかった。
塩尻拾遺 巻二十ニ
 去る13日の午前12時頃、いきなり暴風が起こり「光り物がとおった」などと騒ぎになった。例の一目連とかいう暴風だろうか。光り物が流れ飛んだ時には毛があることは珍しくない。「もろこし毛が降る」とはこれのことをいうのだろう。うちの家族にも訊ねてみたら数寸の長さの毛が多くあった。
北窻瑣談
 寛政5年7月15日、江戸に小雨が降って、その中に毛が混じって降ってきた。丸の内あたりは特に多かったそうだ。大半は色が白く長さは5~6寸、特に長いものは1尺2~3寸もあった。たまに色の赤いものもあった。江戸全域に降ったということ、いったいどんな獣の幾万の毛束だというのだろう。
梅翁随筆 巻八
 己未(寛政11年?)10月14日、天気は快晴で風もなく、まるで二月か三月のような天気。この日大阪で、淀川から天王寺の方へ蜘蛛の巣のようなものが数え切れないほど、ひっきりなしに飛んだ。地面に落ちかかってもまた上がっていってしまうことが多かったが、その中でひとつふたつ落ちてきたものを手に取ってみてみると、全く蜘蛛の巣のようだが、糸はずっと太かった。手のひらで揉んでみると、消えてしまって後に何も残らなかった。この日、昼頃から飛び始めて昼過ぎ頃に特に多く飛んで、午後二時頃に止んだ。翌日も天気は似たようなものだったので、昨日見逃した人たちが朝から夕方まで観察していたが、何も見つけられなかった。
 いわずもがなな注釈を加えておくと、この『奇談異聞辞典』は、編著者の前書きにあるとおり「随筆による奇談異聞集」である。ある程度の客観性や信頼性が期待できる歴史書や公文書のようなものではなく、今の言葉で言うと「エッセイ」を集めたものなので、「実際」にあったことなのかどうかはかなり割り引いて考える必要がある。

 多くが伝聞や体験談に依るもの ― このいずれも、どれだけ積み重ねても証拠能力は皆無であるというのは言うまでもない ― だし、極端な話「作り話」という可能性もある。

 まあ、この場ではとりあえず字句通りに「あった」こととして見ておくことにしよう。そうでないとおもしろくないしね。

 さて、最後の「梅翁随筆」の事例なんか、現代の超常現象用語(笑)でいうと「エンゼル・ヘア」そのもののようである。
 「エンゼル・ヘア」は、一般的には「蜘蛛の糸(gossamer)」や「火山毛(Pele's hair)」といった説明がなされている。

 江戸期は特別に火山活動が活発だったわけではないようだが、火山列島日本のことで、始終あっちこっちで火山活動は起きている。火山活動で生成された火山毛が、気象条件によって空に吹き上げられ、遠く離れた場所に降ることもあり得なくはなかろう。
 「蜘蛛の糸」に関しても「雪迎え」という雅な表現があるくらいで、比較的よくある自然現象である。
 雷雨との関係性も、例えば火山活動で空気中に噴煙の粒子が多量にあったため電荷が溜まりやすくなり…的な推測 ― これは我ながらトンデモだが ― も振り回せなくもないかもしれない。

 だが、「手でもむと消えた」だのという記述をみると、火山毛説はむむむむむ?とも思われる。
 ましてや、「色がついてる」「初夏や真夏の頃の話」と言われると、「蜘蛛の糸」ではうまく説明が出来そうにない。

 トンデモさん流に、わからないことをわからない理屈で説明しても仕方がないので、素直に「よくわからん!」と言っておこう(^^;)

 ところで、もうひとつ気づいたのは、江戸時代当時でも「懐疑論者」という人種はいたらしい、ということである。

 例えば、以下の随筆。
中稜漫録 巻十四

 文化6年の冬、越後の高田の辺りに紅色の雪が降った。春になってもしばしば降ることがあった。この土地の古老によると昔も降ったことがあったという。調べてみたら建武9年正月に紅雪が降ったという記録があった。

 この話を聞いたものの中には天変地異の兆しなんじゃないかと恐れているものもいるが、何を恐れることがあるだろう。

 私(佐藤成裕)は先年、羽州にある吾妻山の山頂に登ったことがあるのだが、山の上の半里ばかりの間が全部赤土だった。山崩れであちこちに水が溜まり、まるで赤い沼みたいになっていた。

 もしもこの赤い水が空気中で凝結して雪になれば、その雪は赤くなるはずである。別に不思議はない、元々山上の赤土の中の水だったんだから。
 今の目で見ると「ちょっとその説はどうよ?」と思わないでもないが、200年前の話である。当時のパラダイムの中では十分に合理的考え方だと思う。

 もうひとつ。
塩尻 巻十

 宝永二年、日本各地で大豆が降ったといって人々が多く拾った。

 これ、実は楠の実で、別に珍しいものではないのだが、人の心は「怪」を好むようで、まるで「霊威」のようにいわれているのはヘンだ。

 府下有司評定館の庭に古い楠がある。くだんの「空から降った大豆」と同じ実を多く付けていて、その実が風に舞い落ちていのである。その他ところどころにこの木は多くあり、あっちこっちで「大豆」が拾えるのである。場合によっては、鳥などがこの実を食べた後にした糞に混じっていたこともあるだろう。

 「麦が降った」という話もある。大麦に似ているが少し大きめのこの「麦」も、実は木の実なのである。「米」といわれているのは桜の実のタグイなのである。

いずれも、普通にあるものなのだが、人々が普段は気にも止めないから、今年初めての現象のように騒いでいるのである

7月4日、町役人が「妖怪の仕業だ」という流言を戒めたのはGJである。

 『天文大成』にある「天が五穀を降らせた」という話も、こういうことだと思う。明暦3年に信州木曾で赤い小豆が降ったという話も聞いたが、これも何らかの木の実の可能性が高い。また、7月3.4日の頃、毛が降って、大変長い白い毛を拾うということがあったが、これは昔から大きな雷のあとにはよくあることだ。

 地気が登って雲になり、雲が集まって雨雪になって降る。この他に何を降らすというのか。

まったく、俗に流されることなかれ、ってことだな。
 著者は天野信景
 さすがに「神道や儒教・仏教への歴史的な批判や、『万葉集』や『源氏物語』の他、歌語・俗語などの言語学的検証、そして本草学・天文学といった広範な分野において、実証学的な見地から考察を加えている」(wikipedia)つー人物である。

 「合理的」であるということはカガク知識の多寡の問題ではなく、思考の方法であるということがよく分かる一文だ。

「オタマジャクシ騒動」でカラ騒ぎしている連中は、この300年前の人の箴言をよく噛みしめてみるべきだろう。
[PR]
by signal-9 | 2009-07-03 16:22 | 奇妙な論理 | Comments(0)