<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

驚異!的中率90%以上の大予言。

地球滅亡は2012年? 「マヤ文明の予言」で議論に CNN 2009.01.28
マヤ文明の長期暦が終わる2012年12月21日は、地球終末の日となるのか――。そんな論議がネットや書籍で盛り上がっている。この日は新しい時代が始まる日だという説もあれば、地球が滅亡する日だという説もある。

マヤはメキシコなどの中米で栄えた古代文明。高度な天文学を理解していたとされ、独自の暦を持っているが、5125年を単位とする長期暦が2012年12月21日で最終日を迎える(21日ではなく23日が最終日だとする説もある)。

この日に何か不吉なことが起きるとマヤ人が予言したとの説が広まり、終末予想に火が付いた。2012年に関する本が相次いで出版され、ネットではカウントダウンサイトも登場。「2012」を検索すると、サバイバルガイド、サバイバル講座、各種の予言、当日の装い、「2012年終末」「2012年黙示録」といった文字をあしらったTシャツなどが出てくる。
 俺は天才かもしれない。的中率90%以上という極めて精度の高い予言を行う方法を発見した。

 秘中の秘にしておきたいところだが、あなたにだけその原理を教えてあげよう。

 ものの本によると、いわゆる「予言」のタグイの的中率は大甘にみてもせいぜい数%だそうだ。テレビで持ち上げられてちょっと名の売れたジュセリーノの予言も、マジメに検証してみると甘々に評価しても5%程度だそうな。

ということはつまり、これらの「予言」が外れる確率は9割以上ということなんである。

 「何月何日、○○地方に大地震が起こる!」

 これが9割以上の確率で外れるわけであるから、

 「何月何日、○○地方に大地震は起きません!」

 この予言は9割以上当たるつーことなんである。

 さあ、もうお分かりですね。
 9割以上当てるには、その辺の占星術師とか占い師とか予言者とか超能力者の言ってることの「反対」を予言しておけばいいというのが論理的帰結なのである。

ということで、大予言だ。

「2012年に地球は滅亡しません!」

この予言は9割以上の確率で-つまりほぼ絶対にあたるはずである。

…よしんば外れても、その時にはみんな死んでるだろうから責任を取る必要も無いしな(爆)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2009-02-24 17:16 | 奇妙な論理

大量の宇宙ゴミ発生

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ゴミ発生 (2009年2月12日11時04分 読売新聞)
【ワシントン=増満浩志】米メディアによると、日本時間11日未明、シベリア(ロシア)の上空約800キロ・メートルで、2基の人工衛星が衝突し、多数の破片が宇宙空間に散らばった。

 米航空宇宙局(NASA)によると、衛星同士の偶発的な衝突は、50年以上にわたる宇宙開発の歴史上、初めての事故。NASAは、高度約400キロ・メートルを周回する国際宇宙ステーション(ISS)や、様々な衛星などへの影響を分析している。
ケスラー・シンドロームのシナリオもいよいよ現実性を帯びてきたかなぁ。

 簡単に要約してしまうと、宇宙ゴミの衝突によって生まれた新たな宇宙ゴミが、衝突を繰り返してまた宇宙ゴミを生み出して、最終的に宇宙空間がゴミだらけになってしまい、人工衛星は飛ばせないはロケットも発射できないはの事態に…つーことだ。『プラネテス』で真っ向から取り上げられてたんで、知ってる人も多かろう(余談だが『プラネテス』では宇宙ゴミをひたすら手作業で回収するという姿が描かれていたが、『まっすぐ天へ』では軌道エレベータで「掃除」するという秀逸なアイディアが描かれていたことは記憶に値することだと思う)。

 ケスラー・シンドロームに関しては発生の条件とか推移には色々議論があるようだが、『宇宙ゴミ問題』は議論するに足る問題であることは論を待たないようだ。心配するに越した事は無い。ヘタをすると「宇宙利用」そのものが出来なくなってしまうかもしれないわけだから。

 「ウチューのことなんか、『我々一般庶民』には関係ないですよね、奥さん」なんて話ではない。
 「普通の生活」で、どれほど衛星のお世話になっているかを改めて想像してみると、GPSや電話・電子メール、テレビ中継、世界中の時刻合わせから天気予報まで『我々一般庶民』に莫大な影響が出るかもしれない話なのである

 とはいえ。

 『我々一般庶民』には実際に何かできるわけでもないんだよなぁ。
せいぜい次代を担うガキどもに『プラネテス』でも読ませて啓蒙するか…
[PR]
by SIGNAL-9 | 2009-02-12 00:00 | 一般の話題