<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

明治の美女たち

 明治20年3月20日付けの朝日新聞。
 天保弘化の時代には顔の長うて目の張りがようて生下(はえさがり)の毛が長うて背の高い女で無ては美と云ず、女房を迎へるにも芸娼妓を抱るにも多く右の標準に依り、夫より降つて明治の初年にありては、顔は丸く眼は常体で少し眥(まなじり)の釣上り、髪は黒くて背の小柄でなくては当世でないとて、所謂丸ポチヤ顔の流行せしが、此頃に至りては時好大に一変し、今にも一般に束髪洋服の世界にならんとするの勢なれば、芸娼妓を抱える親方は元より判人の如きも、束髪洋服の似合べき背の高い眼の張りのよい鼻の高い女でさへあれば、髪は少々赤ふても縮んで居ても一向頓着なく、其内ABC位の横文字を心得て居る女は猶更足の早きよし。時の勢と云へハテ妙なもの。
 江戸から明治にかけて、うりざね顔→丸ポチャ→洋風という風に、美人の定義が変わってきた…ということのようだ。

 確かに、「大衆の好み」という大きな変遷はあるかもしれない。
 だが、俗に「昔はお多福顔が美人とされ」みたいな話があるが、それは拡大解釈というもので、いわゆる「美人」はいつでも「美人」なのであって、時代によってコロコロ定義が変わるもんではないのではないか…と、明治期の美人写真を見ていて思ったのである。

 たとえばこれ。新橋新恵比寿家の芸妓、栄龍さんの写真とされている一枚。
c0071416_1445763.jpg

 ぜんぜんイケてるではないか。俺はこんな女性に「おひとつどうぞ」なんて言われたら理性を保つ自信はないぞ。
 あるいはこれ。「鼓を打つ女」と仮称されるおねぇさんの着色写真。
c0071416_14451776.jpg

 こちらも着色写真だが、ファサリ商会が発売した美人芸者のプロマイド。
c0071416_14452686.jpg


 とどめは、超有名写真。陸奥亮子(1856~1900)。
c0071416_14453414.jpg

 陸奥宗光夫人である。父は旗本金田淡路守(播州竜野藩士とも言われる)。
 維新後、新橋柏屋の芸奴となり小鈴と名乗るが、宗光に見初められて、明治5年に結婚。翌年長女を産む。明治15年、宗光は獄につながれるが亮子は先妻が残したニ子と長女を抱え留守を守った。明治23年、宗光が駐在公使となると、ともに渡米、美貌と聡明さで社交界の名花と称えられた。

 明治21~22年頃にワシントンDCの写真館で撮影したものらしい。気品あふれるというかなんというか、実にイイ女ではないか…他の写真はこれほど写りはよくないような気もするのだが(笑)。

 まあ、確かにこれらの写真は欧米人撮影者の手になるもので、その意味では「今風」の美人だから違和感がないのかもとも思う。おまけにみんな"プロフェッショナルな"女性だ。だとすると特殊な例なのだろうか?
 いやいや、どうしてどうして。
 以下、日本初の美人コンクールの応募写真。当然素人の女性である。

 山形代表の豊田ワカ子嬢。
c0071416_14454515.jpg

 同じく山形代表、野々村サダ子嬢。
c0071416_14455415.jpg

 石川代表は林玉子嬢。
c0071416_1446319.jpg

 彼女たちは今の基準で見ても充分に美形だと思うのである。
 少なくとも俺は全然イケる(なにがだ)。

 たしかに時代時代によって、大衆の平均的な好みの顔立ちというのはあるのだろう。

 ここに挙げた明治の美女たちも、今の目で見ると「やぼったい」「古臭い」と見る人もいるかもしれない。特にスイーツ(笑)セレビッチ最近そういう言葉があるそうだ。直訳すると「成金売女」だな^^;)な今風の審美眼からすれば。

 彼女たち明治の美人から、現代には希薄になった「品」というものを感じてしまう俺は既にジジイなのかもしれないし、その謗りは甘んじて受けよう。ああ、古いと言わば言え。ちなみに昭和に生きる(笑)俺の美人基準はこの方である。
c0071416_14461165.jpg

 『まぼろし探偵』の一場面である。1959年、確かに古い作品だ。だが、21世紀の基準で見ようが何をしようが、どう見ても美少女である。これはもう誰が何と言おうと美少女なんであって一切の反論は認めないのである(笑)。

 おそらくこの写真を明治や江戸のヒトビトに見せたとしても「おお、綺麗な娘さんだねぇ」という感想が得られると思うのである。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-12-26 14:51 | 古い話

石破防衛相「UFO対処を頭に入れるべき」

石破防衛相「UFO対処を頭に入れるべき」 産経jニュース
「ゴジラの映画があるが、ゴジラでもモスラでも何でもいいのだが、あのときに自衛隊が出ますよね。一体、何なんだこの法的根拠はという議論があまりされない。映画でも防衛相が何かを決定するとか、首相が何かを決定するとかのシーンはないわけだ。
石破クンは平成ガメラ(特に「レギオン襲来」)を見るべきだな(爆)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-12-20 12:44 | 一般の話題

明治珍聞:謎の地下住宅

先日、明治世相編年辞典(東京堂出版)を眺めていて奇妙な記事を発見。
明治26年(1893年)7月31日

 牛込区原町の荒物商中川某は、九人の子供のうち七人までが死んだため、易者の言をいれて乾の方角の古井戸らしい辺りを一丈ほど掘ったところ、大穴があって中に整然とした住宅を見出して珍聞となった。
 たった、これだけ。

 牛込区原町と言えば、かの池田亀太郎、通称「出歯亀」がパクられた銭湯があったことで有名だ(有名なのか?)。
 今でいうと新宿区あたり、東京15市では"町はずれ"の方にあたる。地名に牛が入っていることからも判るように、元々、牛が放牧されていたような武蔵野の野原だったところだ。

 「九人の子供のうち七人までが死んだため」-子供の連続死というのは当時の社会状況を考えてみるに、家族にとっては大いなる不幸だろうが、さほど奇異には感じない。「何かのタタリか?」→易者に見立てを頼む、といった流れも、よくある因果因縁の怪談話のフォーマットで、ありがちな話である。

 だが、ここから単なる怪談話とは微妙に位相がずれる。古井戸から出てきたのはしゃれこうべ、ではなく、地下の住居だったというのだ。

 「一丈ほど掘った」というと約3メートル、確かにさほど深くはないが、明治26年当時のことだ。地下室なんかそうボコボコ作れるほどの土木技術が一般的だったとは思えない。
 しかも、「整然とした住宅」というからには、天災で埋没した廃墟みたいなものではなく、わざわざ大穴を掘って、その中に住宅を建築していた事を伺わせる。だとすると、「古井戸らしい」ものはそこへの入り口だったのだろうか。

 そもそもいつの時代の建物なのかもはっきりしないが、発見された当時ですら、今みたいに電気水道使い放題という時代ではない。地下住居なんぞ作って、ソコで生活が出来たとは思えない。
 とすると、何か特別な目的に使用するためのものだったのだろうか。だとすると、いったい何に使ったのだ。いや、そもそも、誰が?

 いわゆる「珍聞」の類は、書いてあることをそのまま信じることはできない。三面記事・ゴシップやオカルト記事がウソ・デタラメ・誇張に満ちていることは今も昔も変わらない。

 そうはいってもこの話、「丸ごとデッチアゲ」と切り捨てるには、いささか話がトビすぎているような気がするのである。

 例えば、これが「易者の言うとおり、古井戸からしゃれこうべが」的な話だったら「ああ。はいはい」と薄く笑ってスルーするところなのだが、「古井戸を掘ったら家が出てきた」というのは、デタラメにしてもデタラメすぎるので、逆に真実味があるではないか(笑) 面白おかしい話をでっち上げるのならもう少しもっともらしい話にするんじゃなかろうか、と思うのである。

 どうも訳がわからない。訳がわからなすぎて、逆に好奇心が刺激される。

 あえて合理的説明をしようと思うと、元々地下室としてあったものが、地上部の建物を取り壊して埋められてしまったのだろうという憶測はできるのだが、どうにも情報が少なすぎてはっきりしない。

 困ったことに、この記事、出典が書いていないのである。
 手元にある奇談・珍談関係の書籍を見ても、この牛込の謎の地下住居に関しての記述があるものが見つからないのだ。

 ううううううん。まさか地底人だの最低人だの、新撰組の極秘地下基地だのではなかろうが。もし真相をご存知の方がいらっしゃったら是非教えて欲しい。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-12-17 17:31 | 古い話

「特定の国や地域で不適切な表現となってしまう言葉」

「独島」はOK「竹島」は不適切 MS「Xbox」の判断にネット騒然 J-CASTニュース
マイクロソフト(MS)の家庭用ゲーム機「Xbox」で自分のプロフィールを作ろうとした場合、住所が「独島」の場合は認められ、「竹島」にすると「不適切な表現」というエラーメッセージが出ることがわかった。日韓の領土紛争に絡むこともあり、ネットでは「ユーチューブ」「ニコニコ動画」にも検証映像がアップされ、騒然となっている。
 かつてMSNメッセンジャーの「会話セーフティ機能」という奴に疑問を呈したことがあった。
 俺が危惧を抱いた大きな理由のひとつは、この「会話セーフティ機能」のFAQにこういう宣言があったことだ。
Q:どのような言葉を使うと、伏字になったり、注意されたりするのでしょうか?
 会話セーフティ機能が、メッセージの中に不適切な表現が含まれているかを判断するために1000語以上登録されております。

 登録された言葉の具体的な内容については一切公開したり、お教えすることはできませんのでご了承をお願いいたします。
これは要するに、何が適切・不適切か俺らの方で勝手に決めるし、その基準は説明しない、ということである。

 ものすごく驕慢に感じる態度であるが、まあ、<一般的に>不適切とされる差別用語などだったらまだしも理解は得られるだろう。
 だが、この「竹島」問題はどうか。

 予め断っておくが、俺は領有権の問題自体を論じる気はない-この件とは本質的に関係が無いし、そもそも議論の必要がないと判断しているので。

 コンピュータゲームに関する業界団体(特定非営利活動法人)にCERO(コンピュータエンターテインメントトレーディング機構)というのがある。
家庭用ゲーム機の技術の進歩やゲームユーザの年齢層の拡大によって、ゲームソフトは内容、表現ともに多様化しております。それに伴い、社会的要請も増しており、その代表的なものとして、内容表現の青少年に与える影響などがあげられます。これらの社会的要請に応え、2002年6月にコンピュータエンターテインメントレーティング機構(略称CERO)が発足いたしました。本機構は、公正を期す為、特定の会社、団体などに依存することなく、独立した運営をおこなっております。
というものだ。

 いうまでもなくMS社もこのCEROに加盟しているのであるが、そこの倫理規定には、こう書いてある。第7条の禁止表現より。
1.別表3に定める禁止表現は、これを家庭用ゲームソフトに用いてはならない。
2.不当な差別表現は、これを家庭用ゲームソフトに用いてはならない。不当な差別表現は、これに限られるものではないが、以下を含むものとする。
(ⅰ)人種・信条・性別・職業・宗教・境遇・心身的条件・生活状態などによる不当な差別的表現
(ⅱ)老人・幼児・身体障害者・精神障害者等の社会的に弱者に当たる人への不当な差別的表現
(ⅲ)個人・法人及び団体をみだりに誹謗・中傷し、その名誉、尊厳を害する表現
 で、その別表3をつらつらみるに、問題の「竹島」が相当するとすれば
3.実在する人物・国・国旗・人種・民族・宗教・思想・政治団体を敵視または蔑視する表現で、なおかつ一方的に非難・中傷する表現。
ぐらいしか考えられない。
 要するにMSは、<竹島>という言葉は「実在する国を敵視または蔑視する表現で、なおかつ一方的に非難・中傷する表現」だ、とでもいうつもりなのか?

…というか、どう解釈したところで「竹島」はダメで「独島」はOKというのは、この倫理規定から完全に逸脱しているということは間違いない。 要するに、当事国の一方の立場から「お前の使っている言葉は不適切だ」と、MSは判断した…と取られても仕方が無い。
 MS社はガイコクの会社なので日本語に不明なヒトが多いかもしれないので申し上げておく。
 日本では一般的にこういうことは「差別」に基づく検閲というのである。
 MSのやっていることこそ、「実在する国を敵視または蔑視する表現で、なおかつ一方的に非難・中傷する」行為としか言い様がないのである。

 MSは「人為的ミス」として幕引きを図っているようだが、「ミスだったら仕様がないね」で済ませたらCEROというシステムやMS社のCSR自体の信頼性を問題視せざるを得ない。

 たかがオモチャの話と考えるべきではない。

 俺は実はXBOXにはまったく関心がなかったのであるが、このニュースを世間話として俺に教えてくれたのは、名前を言えば誰でも知っている某大メーカーの購買部門のわりと偉い人なんである。
 その人はこういった。

 「いままでさんざん買ってやったのに、あまり気分のいい話ではないな」

 さよう、いうまでもなくその方の姓は、MSが認定した「特定の国や地域で不適切な表現となってしまう言葉」タケシマさんなんである(爆)。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-12-10 08:45 | 一般の話題

紅葉狩り(都内)。

c0071416_1135120.jpg
 東京という都市は比較的緑が多い。

 大震災や戦災といったカタストロフを経験してきたので、防災上の理由からの公園化が行われたこともひとつの理由ではあるのだろう、街中でけっこうな大きさの巨木を愛でられるような公園が点在している。

 秋から冬にかけては、ちょっとした紅葉狩りの気分を味わえる場所もある。
c0071416_114157.jpg

c0071416_1141094.jpg

 葉っぱが色づくという現象は、日照時間が短くなることで緑色の成分であるクロロフィルの分解が進み、アントシアニン(赤)とかカロテノイド(黄)といった緑以外の色素の色が目だってくることによるものだ。
c0071416_1142012.jpg

 理科のテストでは大筋こう答えりゃあサンカクくらいはもらえるだろうが、「なぜ色づくのか?」、「色づくことにどんな生物学的な理由があるのか?」「色づくというのがどういう進化戦略上の利点-あるいはそうなるような進化圧があるのか?」みたいな問題に関しては諸説あってどーもよくわからないようだ(少なくとも俺はヒザを打つような説明はみたことがない)。
c0071416_1142826.jpg

 俺的には「紅葉が色づくのはそれを観測する人間が<美しい>と感じるからだ」という人間原理曲解トンデモ理論で説明完了としたいところだ(笑)
c0071416_1143854.jpg

[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-12-09 23:00 | 町歩き

酒屋。

 酒屋の誇りと技術が客の信頼を得て町の和を醸していたんだ
 古い町では今でも酒屋が町の顔役だったりするだろう?
 それだけ酒屋は地域に根差して共にあったんだよ
 コンビニやディスカウントショップにゃ出来ねぇ事さ
 もちろん今の酒屋にはそんな力はねぇ
 酒屋が廃れていくのが日本の情緒の廃れと重なってるんなら
 俺は あの時代に生まれてよかったと心から思うねェ
 石川雅之『もやしもん』(第51話 単行本5巻 講談社)で、日吉酒店の御隠居はこう嘆じる。

 東京の下町界隈を歩いていると、確かに往時の顔役っぷりを髣髴とさせる、堂々たる店構えの酒屋に行き当たることも多い。

 もちろん時代が付き過ぎて、もうちょっと修繕すればいいのにつー感じの店もあるのだが(爆)、
c0071416_15123970.jpg

 宮大工仕事が残る銭湯と並んで、街歩きのターゲットとしてイイ感じの酒屋さんはよく見つかる。
c0071416_15124926.jpg
c0071416_15125987.jpg
c0071416_1513822.jpg
c0071416_15131787.jpg

 特に特徴的なのは看板である。屋号ではなく、扱っている製品の看板であるところが他業種に比べて特徴的であるような気がする。
c0071416_15132674.jpg

 この看板なんかシブい。
 アサヒビール大販売店である。スイーツ(笑)だのコスメ(笑)だのの軟弱な宣伝文句と違う、男おいどん的力強さではないか。

 そうはいっても、
c0071416_15133566.jpg

 これはちょっと並べすぎかな(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-12-03 15:15 | 町歩き