<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

絵馬:青雲の志

c0071416_1050912.jpg
・まず英検二級合格したい。
・合格した上で○○先生と結ばれたい。
・働きながら英検準一級合格したい。
・英検一級を目指しながらDHC翻訳新人賞・翻訳検定・佐藤栄作賞・ノーベル文学賞・芥川賞・直木賞などを受賞したい。
 若者は夢が大きくて結構なことだ…なのだが、多少老婆心から忠告しておきたいのである。

 先生と結ばれるためには、せめて英検準一級は取得してからのほうがよくないだろうか? 先生はたぶん「英検二級<私<準一級なの? 私はその程度の価値なの?」なんて言わないだろうが、それでも、ちゃんと働いて自分で食えるようになってから結ばれた方がよかろうと思う。

 それと英検一級を目指しながらノーベル文学賞を取るのはさすがにすごく難しい。川端康成だって大江健三郎だって、ノーベル文学賞は取れたけど英検一級は(たぶん)受かってないのである。ましてや芥川賞や直木賞まで同時受賞というのは、ガルシア・マルケスやギュンター・グラスですら無理だったことだ。

 二兎を追うものはなんとやら、物事を成就するにはやはりそれなりの順序というものがある。着実にこなしていこう。まずは英検二級からだ。

 影ながら応援しているぞ。がんばれ!
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-11-28 03:49 | 町歩き

『鉄腕アトム』もハリウッド映画化だって。

実写版『ドラゴンボール』に続き、『鉄腕アトム』もハリウッドで、だって。

Exclusive: AstroBoy Concept Art and Director Interview , FirstWrong.Net Alex Billington Nov 12,2007

 製作に当たるColin Brady(PixerやILMで働いてたアニメ監督)、のインタビューを読むと
ぼくはアニメの力にとっても引き付けられてるんだけど、アメリカ製のはつまらないものばっかりだ。『アトム』はアクションとハートにあふれたイコンだ。『アトム』はいうなれば「ダークなピノキオ」だ。だけどピノキオとは違ってアトムは決して生身の人間になることはできないんだ。
なんとなく「判ってる」ヒトだとも思える。デタラメな原作レイプにはならないという期待ができそうだ。

もっともこのコンセプト・アートをみると、
c0071416_10265383.jpg

 ヤな予感を感じなくも無くもないが。
 彼がいってるのはあくまでも「AstroBoy」なんであって、それをアトムと同一視するのは、ある意味では危険なのかもしれないな。

 まあ、CGIアニメなので『実写版』と言われるより遥かに安心だし、幸いにも我々は既に『デビルマン』ショックを経験済みである。もはや何が来ても怖くは無いぞ(笑)

 …しかし、ハリウッドもよっぽどネタがないんだねぇ。「キム・ポッシブル」みたいなものの方がハリウッド映画化はしやすいと思うんだけど。

----訂正
↑と書いたのだが、よく考えりゃあ「キム・ポッシブル」なんて映画化されてないわけはなく、wikipediaによるとKim Possible: A Sitch in Time (2003)Kim Possible Movie: So the Drama (2005)と、もう劇場版があったのだな。知らなかった-つーか別に知ってる必要もないが(笑)。

 もっとも、あのキャラ設定なら、むしろ実写版に馴染みやすいような気もするけどな。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-11-16 10:29 | 一般の話題

「大ロボット博」を見てきた。

上野の国立科学博物館で開催中の、「大ロボット博」を見てきた。
c0071416_14153095.jpg

 いきなり忌憚のない意見をぶちかまさせて頂くが。

 しょぼい。

 「展示物」の数の少なさや会場の狭さは、まあ致し方ない部分もあるかもしれない。
 しかしながら「見せ方」として、まったく評価に足りない。
c0071416_14154428.jpg

 そもそも「ロボット」なのであるから、ある程度「動くところ」なり、「動く仕掛け」なりを見せて欲しいわけだし、それが無理でも「わかりやすい解説図」とか「説明員」とか用意してもよさそうなものだ。
それがどうだったか。

・デパートの催し物会場に毛が生えた程度の広さの会場に、どかんと鎮座ましましている山車と、オシイ流のワケノワカンナイ怪しげなオブジェ。決まった時間にショーがあるようだが、それ以外の時間は単なる場所塞ぎ。
c0071416_1416326.jpg


・ただ単に「並べました」的な陳列。
c0071416_14155452.jpg

・貧弱な説明文。
c0071416_14162240.jpg

・振り仰がなけりゃ見えない液晶画面でダラダラ流されている「動いているところ」のVTR。
c0071416_1416473.jpg


・説明員どころか、通路の誘導員しかいない。道案内にあんな大人数が必要なのかねぇ。手塚のアトムの原画展示の横にいたヒト、解説員かと思ったら、写真を勝手に撮る奴がいないように見張ってるヒトだった(笑)

 なによりも呆れたのは、「アトム」やら「ガンダム」やら「マジンガーZ」やら、並べてるだけでヨシとするような子供だましな態度。「大ガンプラ博」の間違いではないのか。
 別におもちゃを並べるなとは言わないが、少しは解説を加えるとか、動かすとか、触れるようにするとかすりゃあいいだろうに。
c0071416_14212478.jpg
c0071416_1421335.jpg
c0071416_14215460.jpg
c0071416_1422554.jpg

「こーゆーのでも並べときゃウレシイんだろ、ガキどもは」的なやる気のなさは、子供でも敏感に感じ取るようだ。お母さんと一緒に来てた5・6歳の少年が、「つまんな~い。はやく出ようよ~」とグズっておった。ま、慌てなくても狭い会場ですぐ出口なんでお母さんも安心だが(爆)

せっかくのWABOTも泣いているわな。
c0071416_14214431.jpg

 これで入場料1600円也である。
c0071416_14221566.jpg

 ま、ASIMOのショーはかぶりつきで見られるし(すっげー狭い舞台で10分くらいだけど)、
c0071416_14222885.jpg

 1600円に国立科学博物館の入場料600円も含まれているので、実質1000円ってことなんだろうが、それにしてもショボかった。

 オトナの鑑賞に耐えるものではなく、コドモにとっちゃあ面白くない。見世物としては大失敗だと思う。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-11-06 14:34 | 一般の話題