<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京の蔵

 『蔵』というのは、高額商品とか財宝などを火災や盗難から守るためにあるものなので、火の手や泥棒の入り込みやすそうな窓や入り口は極力小さく・少なくしてあるのが普通である。
 だからこそ「隠匿」とか「秘匿」とかという画数の多い漢字が似合うし、場合によっては『淫靡』つーようなおどろおどろしいイメージも想起されようというものである。
 そういやぁ、宇野浩二の『蔵の中』もフェティシュで読み様によっては淫靡な感じだし、横溝正史の同名小説はほとんど変態お耽美な感じであったなぁ。はぁはぁ。

 『蔵』といえば地方の豪商豪農、蔵屋敷なんてのが思い浮かぶが、江戸幕府の米蔵群に由来する『蔵前』つー地名もあるくらいで、東京でもそれなりに数はあったはずだ。
 とはいえ、今の時代の大東京にいわゆる「蔵」なんてのはそうそうあるもんでもなかろう…と勝手に思っていたのだが、意識して町歩きしていると、そんなに珍しいものでもないことに気づいた。

 そりゃあ、粋なナマコ塀見越しの松に~的な、江戸から残る土蔵みたいなのは少ないが、石倉やコンクリ製のモノならあちこちで見かける。特に商工地だった下町一帯ではけっこう多いように思う。

 古くからあるお寺さんの蔵は、それこそ珍しくもない。これは東上野で。
c0071416_1216698.jpg

 神社仏閣以外の、商工関係の蔵もある。
 こちらは台東区駒形。隣が料理屋さんなのでそこの持ち物なのかも知れないが何に使ってるものなのかはよくわからない。
c0071416_12161856.jpg

 同じく台東区小島で。真新しく、バリバリの新築のように見えた。
c0071416_12163197.jpg

 こちらは蔵かどうかわからんが、何らかの貯蔵用途には違いないと思う。同じく竹町で採取。
c0071416_1216462.jpg

 南千住で民家の裏にひっそりと寄り添っている蔵。
c0071416_12171118.jpg

 これは合羽橋の道具街の裏道で見つけた。たぶん質屋さんの名残なのではなかろうか。
c0071416_12165790.jpg

 宇野浩二の『蔵の中』も質屋の蔵が舞台だった。質屋のことを鎌倉・室町の頃はそのまんま『倉』と呼称したそうだ。
 ちなみに質屋さんの「蔵」にはお国の決めた規則があるそうで、公安委員会規則「質屋の質物保管設備の基準を定める規則」によると、大きさから材質、構造まで細かく決められているようだ。

 いわく「保管設備の外壁及び屋根は、建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)に定める耐火構造(コンクリートブロツク造にあつては、C種ブロツクに限る。)又は外壁の厚さが二十一センチメートル以上の土蔵造であつて、屋根の厚さが十五センチメートル以上のものでなければならない。床は、地盤面上に設け、床下の地盤は、厚さ六センチメートル以上のコンクリートで固め、地盤面と床の高さは四十五センチメートル以上としなければならない」…。こりゃあ大変だな。

 蔵が意外に多いのが、町工場などが集まった小規模工業地域。おそらく原材料の保管などに使うのであろう。
 荒川自然公園付近でふたつ見つけた。
c0071416_12172693.jpg
c0071416_1217386.jpg

 住宅地でも見かける。これは千駄木あたりの閑静な住宅地。個人のお宅なので全体の写真は自粛しておく。どうみても新築で、しもた屋風でもない一般住宅なのだが、よほど大事なものがあるのかしらん。
c0071416_12175039.jpg

 まあ、街中のことで、淫靡もお耽美も蜂の頭もないのだが、いったい何が保存されているのだろうと、勝手な妄想を掻き立てられるのである(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-27 12:25 | 町歩き | Comments(0)

平然と行われる『差別教育』

 「水伝問題」。

 この問題に不明の向きには書評「水は思いに反応する」というニセ科学への反論を参照いただきたい。

 まあ、いくらなんでも、『ありがとう、と書いた紙を貼ると綺麗な水の結晶が』だの『クラシックだと綺麗な水の結晶ができるのに、ロックだと』みたいな『道徳』を、学校で生徒に吹き込むようなバカ教師はもういないだろうと思っていた。

ところが、前野[いろもの物理学者]昌弘のページによれば、まだいるのだな。この手のバカ教師が。
■2007.6.17
今日は息子の小学校の授業参観でした。道徳の授業をやっているのをぼんやり見ていると、隣の教室の声が聞こえてくる。なにやら音楽をかけているようだ。

「この音楽を聴かせると、こんな結晶ができます」
「おおおお(子供のどよめき)」

ちょっと待てこらなんだ今のは。

 思わず自分の子供そっちのけで隣の教室へ行くと、今度は

「『ありがとう』と書いた紙を貼ったら、結晶はこうです」
「へええええ(子供のどよめき)」
「『ばかやろう』だとこうです」
「ひゃあああ(子供のどよめき)」

 あああ、決定だ。

水伝きたーーーーーーーーーーーーーー!!

 水伝来ました。うちの息子の小学校にも来ましたよ。
この後に続く、いろもの物理学者さんの抗議に対する教師の頭の痛くなるような回答は必読である。

 いろもの物理学者さんの娘さんの感想が正鵠を突いている。
特に「クラシック音楽を聴かせたらいい結晶、ロックを聴かせたら悪い結晶」というところ(上には書かなかったけど、当然この話もしていたわけです)に強く反応してました。

「そんなん、差別やん。どんな音楽好きかなんて人の趣味やし」

 実にごもっとも。この視点での文句を言い忘れていたことに気づいた。娘よありがとう。
 さよう、カガク的にどーのこーの言う以前に、ソコが大きな問題なのである。

 そもそもこの話、本質的に、『道徳』の名を借りた『差別教育』なのではないだろうか。少なくとも、容易にその暗黒面に落ち込む危険性を持っていると思う。

 なぜなら、モノゴトの判断基準を『キレイ』だの『キタナイ』だのに置いているところがそもそも差別性を内包しているからだ。

 この『説』の言ってることは『美人だとキレイな水の結晶で、ブスだと汚い結晶』ということと同質である。 いや、もっと極端に言えば『アーリア人だとキレイな結晶で、ユダヤ人だと汚い結晶。だからユダヤ人は排除するべきだ』というのと同じ『道徳』なのである。

 この手の『道徳』が、絶対に後悔する様なロクでもない『結果』しかもたらさなかったのは歴史の中で繰り返し証明されてきたことではないのか。

 こういうヤバい『道徳』を、あたかも客観的根拠があるようにウソを付いてまで子供に教え込む教師はグールドの『人間の測りまちがい―差別の科学史』でも100万遍読んでから出直してくるべきだろう。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-19 10:34 | 奇妙な論理 | Comments(2)

LANdroids(ランドロイド)

 アメリカ国防高等研究計画局、いわずとしれたDARPAの情報処理技術オフィス(IPTO)LANdroids(ランドロイド)というのを計画しているらしい。

 Broad Agency Announcements(BAA)という形で仕様を広報し、ベンダを募っている。BAAはこちら(PDF)。

 で、こいつはどういうものかというと。
c0071416_154416.jpg

 まるでオモチャの戦車みたいだな。だが、こいつは要するに『勝手に走り回る無線LANルータ』なんだそうだ。

 市街戦での利用を想定して、複雑な設定不要の使い捨て(7~14日間程度『生きて』いればよい)で、ばら撒かれると自律的に動き回り、マルチパス・マルチホップのメッシュネットワークを確立・維持する。

 つまり、電波通信が難しいような「見通しのよくない環境」 (NLOS)でも通信が出来るように自分で動き回り、敵の攻撃でひとつのノードが破壊されても、他のノードが動いて網を維持する。

 う~ん。
 コイツってそれこそ市街戦の真っ最中のビルの中とかでしか役に立たないんじゃないかしら。平時の状態だったら、常設の無線ルータ設置してもいいような気もするし。つーかDARPAの研究なんだから戦争用なのは当たり前だけど。

 そうはいっても、例えば災害救助で生身の人間が入りにくいようなところで作業するリモコンロボットの中継とか、平和利用の方法もありそうな気もする。
 インターネットの基盤であるIPネットワークという奴も、もともと核戦争で網がズタズタになることを想定して考えられたわけだし、この「動く無線ルータ」(つーかHUB?)も思いもよらぬ応用方法があるかもしれないなぁ。

 量産時単価は100ドル、ソフト開発費は年額で100万ドル以下つー条件はけっこう厳しいものがあるかもしれないが、マイクロマウス始め、日本のこの手の技術は世界有数だ。腕に覚えのある人は説明会が来月6日に開かれるそうだから参加してみてはどうだろうか。

 場所は勿論アメリカだけど(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-15 15:45 | 電算機関係の話題 | Comments(0)

緑の侵略者3


 横丁をふらっと曲がったときに、駐車場の向こう側にこの建物が見えたときには正直、ちょっとビビッた。
c0071416_12561058.jpg

 失礼ながら廃屋かと思ったのだ。人の気配がまるでなかったせいもあるが。

 前に回ってみると看板が出ていたので、いわゆる簡易宿泊所であることに気づいた。
c0071416_12562188.jpg

 いや、とにかくすごいのだ。ツタが。
 ツタだけじゃなく、植木の類までこれでもかといわんばかりに繁りに繁りまくっている。
c0071416_12563239.jpg

 植物によほど思い入れがあるのか、それとも俺ごときには想像すら及ばないようなメリットがあるのか知らないが、何もここまで植物のいい様にしなくてもいいんじゃないかしら(笑)と思うような威容であった。

 とこの写真を撮ったのが今年の冬。

 先日、同じ場所を通りかかったのでついでに見てみたら。
c0071416_12564485.jpg

 ミンダナオのジャングルで撮った旧軍の基地、とか言い張れそうな。
c0071416_12565662.jpg

 つーか、前衛芸術で見るよな。こーゆーの。
c0071416_12571636.jpg

 『植物に占領された家』は俺の町歩きテーマのひとつなのだが(笑)、これは間違いなくトップ3に入る物件である。
c0071416_12572638.jpg

[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-13 12:59 | 町歩き | Comments(0)

リサイクル大国・中国

回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道 2007年6月10日3時3分 読売新聞
【北京=佐伯聡士】食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。

 中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとに伝えた。
 以下、要約しておく(引用記事のため原文はすべて伝聞形)。
  • 低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。
  • 原料の中には、使用済みの生理用ナプキンや病院が廃棄したガーゼもある
  • 色つきの紙ナプキンで、漂白剤すら使わず、ゴミを着色してごまかしただけのものがあり、大腸菌結核菌肝炎ウイルスなどが検出された
  • 海南省海口市で昨年、広東省から購入した大量の「回収ようじ」が見つかった。レストランやゴミ捨て場から回収したようじを水につけてよごれを落とし、包装し直しただけで、この種のようじからは大腸菌や結核菌以外にエイズウイルスまで検出された
  • これらの紙ナプキン、ようじが輸出されていたかどうかは不明
  • 使い捨てのプラスチックのはしやスプーンなどの食器を、不十分な消毒を施しただけで繰り返し使うレストランもある
 さすが偉大なる中国。リサイクル思想も徹底しているな。

 某新聞編集氏あたりなら「なあに、かえって免疫力がつく 」…と華麗にスルーしちゃうんだろうが、こーゆー状態の国にホイホイ出かけていく人、いい度胸だなぁとしか思えないが。

 ちなみに「日本国内で流通するつまようじは大半を中国に依存している」そうだし、価格が高騰しているそうだ。

 「回収ようじが輸出されていたかどうかは不明」…ったって、どー考えても「輸出されてない」って証拠が無い以上、ヤバそうなものは極力避けるのが正しい人間の本能だわな。とにかく口に入れるもので、中国製・原産国不明のモノは買わない使わないを徹底するしかないな。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-11 10:32 | 一般の話題 | Comments(0)

『ばっかじゃないか。非常に腹立たしいし不愉快。』

盗聴に盗撮…ハニカミ襲ったTBSストーカー取材 ZAKZAK2007/06/06
ゴルフの「関東アマチュア選手権」に出場しているハニカミ王子こと石川遼(15=杉並学院高1年)に対し、TBSが執拗に“ストーカー的取材”を試みようとしていたことが6日、分かった。盗聴を狙った同伴競技者やカートへのマイク装着依頼のほか、上空ヘリからの盗撮など暴挙の数々。あまりに非常識なはしゃぎっぷりに、関係者もあきれ果てている。
同番組は翌4日の初日スタート直前にも、キャディーのカートにマイクをセットするよう大会に要求し、盗聴に固執したが、断られていた。

 また、5日のプレー中には、同局の報道番組「イブニング5」が飛ばしたヘリコプターが轟音とともに「無許可」(加藤局長)でコース上に出現。石川がプレーを中断するほどの超低空で、ボールの行方を左右しかねない風がコース内に吹き荒れた。その“盗撮映像”は、石川の過剰人気によるギャラリーのマナーの悪さについて言及するニュースにあわせて使用された。

 ハニカミ王子人気での同局のはしゃぎっぷりは、初日から突出している。混乱を避けるため「記者会見以外での取材は禁止」だが、報道番組「ニュース23」の男性アナは4日に早速、出口で「キャスターからの手紙なんですけど…」と封筒を差し出す“待ち伏せ”攻撃で石川を困惑顔に。中年女性に多大な影響力を持つみのもんたが司会の情報番組「朝ズバッ!」は、禁止されているギャラリーによる写真撮影を助長するような映像を使用し、大会関係者を困らせてもいた。

 度重なる非常識なストーカー的取材手法に大会は怒り心頭で8日にも、同局に抗議文を送る方針。同局は6日朝に情報センターの部長と「ピンポン!」担当者が謝罪のため会場を訪れ、「調査して厳正に対処する」と話したという。
 な~んだ、局ぐるみってことなの?

 で、その上でこの発言をみると、中々に味わい深いものがあるわな。
TBS社長「ばっかじゃないか」 別選手にも接触していた iza! 06/06
TBSの井上弘社長は同日の定例会見で「ばっかじゃないか。非常に腹立たしいし不愉快。(石川選手には)申し訳ない」と話した。
お前がな、と言われても仕方ないんじゃないのか、社長サン?

-------- 6/7 16:27追記
まるで他人事…TBS井上社長、局の報道姿勢について謝罪なし サンスポ.COM 2007年06月07日
東京・赤坂の同局で行われた定例社長会見。会見冒頭、写真撮影の時間が設けられると、フラッシュを浴びた井上社長は自嘲(じちょう)気味な笑顔を浮かべた。

 井上社長は「正式な競技でピンマイクを(同伴競技者に)着けようとするとは。そんなバカなことを考えるとは、ほとほどあきれてしまった。大沢(啓二)親分に『喝、喝、喝、喝、喝!!』と言っていただかなければいけない」と同局系「サンデーモーニング」の名物コーナーを挙げて渋い顔。
冗談めかしていうことか?
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-07 14:07 | 一般の話題 | Comments(0)

萌え萌え学園

c0071416_13225877.jpg

 ひび割れているわけではない。

 ツタである。
 ツタがまるで血管のように壁面を縦横に走り回っているのである。
c0071416_1323964.jpg

 実に不気味な雰囲気である。
 ヲタク大王サム・ライミ『死霊のはらわた』に、悪霊にとりつかれてゾンビ化する人間の体に、真っ黒いヒビワレが走るという描写があったように思うが、まるで建物自体が何かに憑依されてしまったような。

 いや、そういう失礼なことを言ってはいけない。特に名を秘すが、音楽関係で有名な、中々に歴史のある学校なのである。

 とはいえ、写真を撮ったのが校内に人気が無い休日のせいもあり、窓の隙間から『血を吸う薔薇』の岸田森佐伯日菜子演じる黒井ミサが顔を覗かせてもおかしくないような風情であった。

 薄ら寒い冬場に行ったのが悪かったんだろう。初夏の風うららかな5月。再訪してみた。
c0071416_13232179.jpg

 別の意味でスゴイ状態である(笑)
 外から見る限りではほとんど窓の役を果たしていないような気もするが。

 冬場はこうなのだが、
c0071416_13233373.jpg

 こうなる。
c0071416_13234710.jpg


 これが
c0071416_13235739.jpg

 こう(笑)
c0071416_1324712.jpg


 …綺麗っちゃ綺麗なのか?

 まあ、学校の用務員さんは大変なんではないかなぁと思う今日この頃である。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-06-04 13:28 | 町歩き | Comments(0)