<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

地上の橋

 最近は建築資材置き場兼喫煙者のたまり場みたいになっちゃている秋葉原公園であるが、その脇にある『佐久間橋』の痕跡は知ってる人も多かろう。
c0071416_1441728.jpg

 秋葉原にかつて貨物駅があったころ、貨物の積み下ろしの為に神田川から引き込んだ掘割(舟堀)があった。
c0071416_14435823.jpg

 ヨドバシアキバのあるあたりは昔、ちいさな港だったわけである。その掘割に架かっていた佐久間橋の名残がこれだ。

 ところで、この掘割には実はもう一本橋が架かっていたらしい。
 毎度おなじみ『新撰東京名所図会』神田花岡町の項から。
秋葉橋
 元秋葉原の東南隅にありて、神田川より鉄道会社貨物取扱所構内に通つる掘割に架し。明治二十五年十一月の新築なり。

佐久間橋
 秋葉橋の南に架す。即ち佐久間川岸通りに存り。
 この『秋葉橋』の正確な位置は調べきれていないが、佐久間橋の北、秋葉原の東南隅ということは、今で言うとヨドバシカメラの南側の入り口あたりだろうか? この橋の痕跡も佐久間橋のようにいずこかに残っているのだろうか。

 さて。

 このような今は消えてしまった橋というのは、東京の下町には多い。
 地名に『橋』が付いている場所には、大抵実際に橋があったわけである。川だの掘割だのがあちこちにあったのだ。

 最近は観光スポットにもなっている、厨房道具で有名な『合羽橋』
 合羽橋本通りと道具街通りの交差点が「合羽橋」交差点であるが、昔ここには新堀川という川が流れていて、そこに橋が架かっていた、と『東京の橋ー生きている江戸の歴史ー』(石川悌二、昭和52年)にある。

 同書によれば、元々名前も無いような橋だったらしいが、近くにあったお寺に因んで俗称『清水寺(せいすいじ)橋』とも呼ばれたとの由。一説には、この橋のそばに合羽を売る店があったので合羽橋となったそうな。合羽橋の語源に関しては諸説聞いたことがあるが、この説は寡聞にして知らなかった。
c0071416_14413686.jpg

 そういえば、道具街通りと浅草通りの交差点(コックさんの巨大ディスプレイで有名なニイミのある交差点)の名前は『菊屋橋』、そこを渡った通りの名前がずばり新堀通りである。
 かつて掘割があって橋が架かっていたことを思い起こさせるものは現在では何も見当たらないが、名前だけは残っているというわけだ。

 合羽橋や菊屋橋は地名にその名残をとどめるだけだが、秋葉原の佐久間橋跡みたいに、物理的な痕跡の残っている「地上の橋」が大量に残っている場所もある。

 台東区にある『山谷掘公園』である。

 この公園、地図で見ても妙な形で、長さ700メートル以上に渡る、『紐状の公園』である。
 「上流」の方では幅5~6メートルしかないウナギの寝床状態。おまけにせっかく整備して水が流せる親水公園っぽいつくりにしてあるのに、墨田区の大横川親水公園あたりと違い、水なんかビタ一文流れていない。

 他人事だが、素人目にはすっげー税金の無駄遣いのように思えるのだが。台東区民は怒らないのかねぇ。

 『新撰東京名所図会』によると;
 山谷掘は日本堤外を東流する溝渠にして、石神井用水たる根岸川の末流なり。眞乳山の北に至りて隅田川に注ぐ。彼の吉原に赴く遊蕩子が昔時猪牙船(ちょきぶね)を入れしは此川なりなす。

 名所図会によると、猪牙船(ちょきぶね)という奇妙な名前の由来はこういうことだそうだ。
 この船は「押送りの長吉」という人が発明したのだが、その高速性に目をつけた浅草橋附近の船宿の主人が建造を依頼した。つまり本来は長吉船なのだが、その外観が猪の牙のようだということで、猪牙船(ちょきぶね)と呼ばれるようになったのだと。
 素より小艇なれば動揺すること甚しく乗り方にも口傳ありたりとぞ。「ほととぎす猪牙で猪の目の揉心」とは七代目團十郎の名句として傳ふる所なり。文化文政の頃は其の数最も多かりしが、明治以後は著しく減少し、十五六年頃は十五六隻ほどに減じ、今日(引用註:この本は明治41年発行)にては全く其の影を見ず。
 一時は「今戸橋上より下を人通る」と詠われるほど利用されたらしいが、明治にはすっかり姿を消してしまったということだ。

-------追記
 その後、ちくま学芸文庫の「昭和の東京」(小松崎茂)を読んでいたら、昭和初期の小松崎茂のスケッチに、隅田川に係留してある猪牙船が描いてあるのを発見した。
 つまり猪牙船自体は少なくとも昭和初期までは利用されていたらしい。
 余談だが、さすがに後年メカもので名を馳せる小松崎画伯のスケッチ、猪牙船の構造が一目瞭然である。
-------追記

 『東京名所図会』所載の坪川辰雄撮影の二葉を引用しておく。

 「山谷掘の入り口」
c0071416_14422493.jpg

 「今戸橋より金龍山下瓦町」
c0071416_1442386.jpg


 写真を見る限り、確かに明治期には寂れた感じであったようだ。

 この山谷堀も徐々に埋め立てられ、永井荷風の「日記」(昭和10年10月)によると
 新築の今戸橋際より山谷堀の北側に沿いて歩む。堀は四五町行きたるところに尽き、其先は土管にて地中に埋められたり。堀には新築の橋多し。第一は今戸橋、第二は聖天橋、第三は吉野橋、第四は正法寺橋、第五は山谷掘橋、第六は紙洗橋、第七は地方新橋、第八は地方橋、第九は日本堤橋にて、堀はこの下より暗渠となるなり。
 「新築の」というくらいで、荷風が山谷掘で見た橋はほとんどが大震災の復興事業で架け替えられたものだったのであろう。例えば今戸橋は大正15年の竣工である。

 荷風が見た頃にはまだ堀があった。いや、つい最近まで堀は残っていたのである。
 昭和40年末期頃に俺はこの近所にけっこう頻繁に出向いていたのだが、今戸橋の下はバリバリの川だったし、隅田川には水門があった。山谷掘が完全に埋め立てられたのは昭和50年代前半と記憶している。

 その名残として今でも一部の欄干が残されている。

 これは第一の橋の今戸橋。
c0071416_14431542.jpg

 これは第三の橋、吉野橋。
c0071416_1443386.jpg

 今戸橋や吉野橋の痕跡に比べると大分こじんまりとした第五の橋、山谷掘橋。
c0071416_14425169.jpg

 そしてこちらが第六の橋、紙洗橋。
c0071416_14423872.jpg

 この石柱の横には一枚の銅版がはめ込まれている。
c0071416_14441088.jpg

紙洗橋来歴

本橋ハ帝都復興事業トシテ改築シタルモノナリ
一 起工 昭和四年七月
一 竣功 昭和四年九月
一 工費 壹萬貮千圓

東京市
 荷風がそぞろ歩いた頃には新築も新築だったのだろうなぁ。今やかなり想像力を働かせないとその面影を偲ぶべくもないが。

 今もなお 柳散るらん山谷掘  子規
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-03-28 14:51 | 古い話

差異の無い相違は相違ではない2

 年度末で忙しいのはどこの仕事でも共通だと思うがおちおちインターネットもしてられない。Blogの更新も滞る。

 そうはいっても週末くらい、のんべんだらりと過ごす時間も必要なのでテレビのザッピングをしていたら、ちょうど番組改変期なので、何本かのアニメの最終回に遭遇した。

 で、ふと思ったのだが。
  • 今の世界と別の世界があって
  • そこでは魔法みたいなものがフツーに扱えて
  • 異世界側からなにやら個人の心情的な理由で突然侵攻が起こり(何故か大抵魔法世界側からの一方通行。フツー戦争つーのは両者間での相互作用で発生すると思うんだが)
  • 両方の世界の友情とか愛の力で侵攻が停止される
みたいな話が目に付いた。具体的に言っちゃうと;
  • デジモンセイバーズ
  • おとぎ銃士 赤ずきん
  • メルヘブン
あたりは、結局この「並行する魔法(的)世界」で世界の関係が語られている。つーか、マジメな視聴者でない俺は、どれがどれやら、まざっちゃってわけがわからなくなるほど似ている。

 そのこと自体クサする気はない。
 浦島太郎などのおとぎ話の昔から、この手の世界観は繰り返し使われてきたわけだ。「いわゆるマンガ」の原初の姿のひとつである『冒険ダン吉』だってこのフォーマットである(ダン吉君は小船の上で居眠りをしていて漂流。南の島に流れ着く)。

 王道といやぁそうなのだろうし、この手のアニメはそれぞれ想定している視聴者層も違うだろうからいいのかもしれないが、こう同じものが並ぶと、なんとなく芸が無いなぁ…と思われてならない。
 王道に依るのは結構だが、同じ時期にこれだけ固まって同工異曲の世界観が語られるというのはど~よ?

 最近とみに「この手の設定」のアニメやマンガが増えてるような気がするんである。別にマジメに調べてみたわけじゃないので単なる気のせいかもしれないが、『ゼロの使い魔』もコレだったし、『妖奇士』も似てるといえば似てるわな。

 もうひとつ似ているところに気がついた。

 最近のお話、異世界と関係した主人公が何故か急に異能力(魔法)が使えるつー設定が多くはあるまいか。ほれ、「覚醒」とかいうアレだ。いわゆるイヤボーンというやつだな。

 例えば『メルヘブン』はフツーの少年だったはずが実は強力な魔法が使えるという話。『赤ずきん』も実は母親が魔法世界の住人で、やっぱり秘められた魔法の力が使える少年が登場。
 『牙』も『デジモン』も『ゼロの使い魔』も同じ。

 『冒険ダン吉』のような昔風の主人公は知恵と勇気と若干の技術知識を持っているだけで特に極端な異能力を持っているわけではない。
 もっと言ってしまうと、特別な出自「血」に起因するようなデフォルト能力を有しているわけではない。

視聴者・読者とたいして変わらないフツーの人間が、特殊な環境の中で生きていくつーところにお話としての面白みがあるわけだ。

 そりゃあ魔法世界みたいな極端な環境でお話を転がしていくには仕方ないつーことなのかもしれないが、もう少し工夫はできないものかねぇ。
 個人的には「魔法に魔法以外で対抗するような主人公」も面白みがあるんじゃないかと思うんだが。

 しっかし、こうも同じような設定のモノがいくつも並んで、観ているコドモは飽きないのかねぇ?
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-03-27 16:17 | 読んだり見たり

さらにひとつの秋葉神社

c0071416_1472723.jpg

 こちらは佐竹(竹町)の秋葉神社。
 元々佐竹屋敷の屋敷神であったらしく、秋葉原とは無関係であろうことは既に述べた。

c0071416_1475581.jpg

 松が谷の秋葉神社の入り口。こちらが元鎮火神社であり秋葉原の直接の語源となった神社である。この写真だと小さすぎてわからないが、鳥居の脇に立っている英語の表記には「AKIBA SHIRNE」と表記がある。つまりくどいようだが、遠州の「アキハ」権現とは別の「アキバ」神社なのである。

 秋葉原周辺で言うと他にも、秋葉原の対岸、柳森神社にも秋葉大社の小さな社がある。お稲荷様ほどでないにせよ、秋葉様が非常にポピュラーな存在だったことを伺わせる。

 東京下町-今の基準での下町-にはもうひとつ、古くから有名な秋葉神社がある。

 墨田区向島四丁目にある秋葉神社である。
c0071416_1481959.jpg

 戦災で焼失したため今の社殿は昭和41年の再建と由来書きにある。確かに社殿はま新しい感じであまり歴史は感じられないが、敷地内の石灯籠は1700年代のもので墨田区の登録文化財となっている由緒正しいものだ。
c0071416_1483736.jpg
c0071416_1485014.jpg

 この秋葉神社は江戸時代から(秋葉社にはつきものの)紅葉の名所として知られ、安藤広重の『名所江戸百景』にも描かれている。
 ちなみに明治28年『改正東京全圖』には『秋ハ神社』と記されている。明治期でも観光名所だったようだ。例えば『読売新聞で読む明治』(出久根達郎 中公文庫)所載の明治43年12月8日付けの読売新聞にこんな記事がある。
八歳の少年少女駈落ちす
▽遺書(かきおき)を残して新所帯

 まだ肩揚どころか片言まじりの少年少女が、夫婦ごッこをして、新婚旅行と洒落たる珍話あり。
 肩揚というのは子供の着物の裄(背中の縫目から袖口)を方のところに縫い上げておくことで、『肩揚をおろす』なんていうと子供の成長を示す表現。

 以下、要約しておく。

 日本橋区小網町(兜町の対岸、江戸橋ジャンクションのあたり)で、今で言う寄宿舎を営んでいた松井廉氏の次女幹子ちゃん(当時八歳)と、同所に寄宿していた今井欣三郎くん(おなじく八歳)は、同じ小学校に通学し、毎日帰宅の後は自習室で一時間復習をして、その後は仲睦まじくおままごとをすることが常であったそうな。

 12月6日、例によって自習室で夫婦ごっこを始めたが、毎日同じ自習室では面白くない。
 話に聞いていた『新婚旅行』を思い立ち、まな板に茶碗にお箸、湯飲みに包丁に座布団などの所帯道具一式と人形や絵草子(絵本だね)玩具などを大風呂敷に包み、毛布一枚を携えて、机の上には『これから遠くに遊びに行きます。皆様によろしく』と書き置き、午後2時半ごろこっそり家出してしまった。

 体より大きな風呂敷包みを欣三郎くんが引き摺り、幹子ちゃんが毛布を背負いながら、二人は仲良く語らいつつ蛎殻町停車場までたどり着いた。
 幹子ちゃんはお小遣いを貯めておいた1円50銭持っていたので『電車に乗る?それとも船にする?』と花婿を誘うが、掏り取られるのが怖かったのか、花婿君『歩こうよ、歩こうよ』

 午後5時ごろ、ようやく両人の姿が見えないことに気づいた松井家では、警察に通報し親戚知り合い中を探し回るが見つからない。さては人さらいにでもあったかと上を下への大騒ぎ。

 そのころ幼いご両人は、なんと8キロあまりの道のりを歩いて本所(今の墨田区向島)の秋葉神社にたどり着いた。かねて用意の毛布を小山に敷いて風呂敷広げ、差し向かいでの睦言に冬の日の暮れるのも忘れるのだった(いや、読売新聞にホントにそう書いてあるんだから)

 現代では国道6号線ぞいの街中だが、明治当時は葛飾郡との境。東京の外れも外れだ。ましてや冬のさなか。
 気がつけば日もとっぷりと暮れ、寒いわ寂しいわ腹は減るわ。おやつにもらったパンを齧りつつ、やがて抱き合ってしくしくと泣き出すご両人。

 幸い通りかかった押上在住の吉田おかよさん(31)が曳船署に通報し、ふたりは無事に保護され、午後9時に親御さんに引き渡された。

 引き渡された両人はただ「すみません、すみません」と泣くばかり。
 ふたりが秋葉神社にたどり着いたのは、欣三郎くんが4・5歳のころ、両親といっしょに遊びにきた事があったので思いついたとのこと。

 元祖「小さな恋のメロディ」つーところか。しかし八歳とは…。明治のガキはススんでるよな(笑)。
c0071416_14104546.jpg

[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-03-06 14:16 | 古い話

『ケータイ小説』という新ジャンルがあるそうである。

 このケータイ小説のひとつである『Deep Love』(Yoshi著)のamazonのレビューがエラいことになっていたので、あわてて本屋に出かけていって立ち読みしてみた。

 …唐突だが、コンビニで売ってる『煎餅』と称するものはなんであんなにマズいのか。
 生地がまるで麩菓子みたいにパサパサで、風味も何も無い、ただ甘っ辛いだけのタレがベタベタと付着している、まるで魚のエサみたいなシロモノが多い。

 まあ、その分安いし、手軽に手に入るのだから文句も言えない。
 素材がどーこー講釈垂れながら、たかがウンコの元に何万円も払うような馬鹿ではない。食い物にウマいだのマズいだの言う内は人間として小物である。

 確かにそうなのだが、恐るべきはどう考えても「水準以下」のものを「普通」と思って喰ってる若い衆が現実に存在することだ。

 「ホントはもっと美味いんだけど、これは安くて何時でも手軽に喰えるからしかたがないよな」、だったらいいのである。何も「創業元和元年厳選した日本米と秘伝のタレで職人が一枚一枚焼き上げた逸品」みたいな話をしているのではない。普通の煎餅屋で普通の値段で購入できる普通の煎餅の話をしているのである。

 「普通のレベル」を知らないで、テメエの喰ってるものが「普通」もしくは「すばらしく美味い」としか思えないのは確実に不幸だ。
 つまり本来の平均値が自分の思ってるトコよりずっと高いのに、その事実に気づく事ができないというのは、かなり「損」ということなんである。

 ほんのちょっとコストを余分に負担すれば、はるかにウマい煎餅が喰えるのに。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-03-05 17:03 | 読んだり見たり