<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

10月20日付、朝日新聞社説は不適切だ

【社説】2006年10月20日(金曜日)付 核」論議 外相の答弁は不適切だ 朝日新聞社


 なんとも危うく、不見識な発言だ。

 麻生外相の国会答弁に関する10月20日付けの朝日新聞の社説は聞き捨てならない。
  批判に対し、麻生氏は「言論を封殺するという考え方にはくみしない」などと答えた。話をすり替えてはいけない。

 「言論の自由」を振りかざす問題ではない。
 外務大臣には議論・言論を求める自由などはない、朝日新聞はそんなコトを主張しているのか。

 「言論の自由」は民主主義を論じるうえで中心テーマのひとつだ。

 むろん、国内では如何なる場合でも「言論の自由」-この場合は「議論することを求める自由」-は保証されるべきという論が主流だが、「場合によっては言論の自由は制限されるべき」という意見もある。

 しかし、あの朝日新聞がこの論議を後押しするような発言をするとなると、話は別だ。

 朝日新聞は自ら「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを」とのジャーナリスト宣言をぶち上げている。言葉即ち言論であり、その力を信じていると宣言しているわけだ。

 なのに、新聞の顔である社説で「言論の自由を振りかざすな」と言えば、では朝日は方針変更を考えているのか、と受け取られる恐れがある。間違ったメッセージを世界に発しかねない。

 さきに、朝日が「寛仁さま 発言はもう控えては」との同様の言論封殺社説をのせたとき、そのニュースは色々なインターネットサイトで報じられた。自称クオリチーペーパの朝日新聞だ。注目を集めるのは当然だ。

 今回の外相の発言に関する社説は、ここにもうひと波乱起こそうということなのだろうか。言葉の力を信じると言いつつも、「でもアンタの場合はダメ」、そんな危ういダブルスタンダード発言を繰り返す朝日新聞の見識を疑う。

いま、国際社会は北朝鮮に核を放棄させるため国連の制裁決議で結束し、圧力をかけようとしている。ライス米国務長官は日本、韓国、中国を駆けめぐる。中国の唐家シュワン国務委員らは平壌に乗り込んで、金正日総書記の説得にあたった。朝日が批判している麻生外相自身も含めた、懸命の外交努力が続いているのだ。

 そのときに日本の新聞が語るべきことがあるとすれば、我々国民自身の安全をどう守るかという、具体的な方策のはずだ。思想・理念をもてあそぶかのような発言は慎むべきだ。

 朝日は「日本も核兵器を持つべきかどうか。そんな議論を始めようということなのか」「間違ったメッセージ」「核保有の問題をもてあそぶかのような発言は慎むべきだ」と、麻生外相自身が言ってもいないことを自分の脳内で拡大解釈し、特定の思想的立場からの予断に基づいた批判を繰り広げている。

話をすり替えてはいけない。
クオリチー・ペェパァを自認する朝日新聞の社説として不適切だと、その内容を問うているのだ。テメエの思想信条を振りかざす問題ではない。

北朝鮮にどうやって核を手放させるのか。世界が知恵を絞っている時に、朝日新聞から方向違いのメッセージが出され、誤解を招くのは迷惑だ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-20 14:31 | 一般の話題

『通勤ラッシュの力で発電』実験

通勤ラッシュの力で発電-JR東日本が東京駅で実験 2006年10月07日 SANKEI SPORTS
通勤ラッシュのエネルギーで発電―。JR東日本は16日から東京駅で、乗客が改札を通る際の振動で電気を起こす「発電床」の実験を始める。「乗客が歩く力だけで自動改札機を動かすのが目標」(同社)といい、新たなクリーンエネルギー活用の試みとして注目される。

 同社によると、発電床は音楽用のスピーカーと同じ原理で、スピーカーとは逆に乗客が床を踏む振動から電力を取り出す仕組み。同駅丸の内北口の自動改札の通路6カ所に設置する。

 1人が改札を通過するごとに約70―100ミリワットを発電、改札脇に設けるパネルで実際の発電量を表示する。1日約70万人が利用する東京駅の全改札に設置したとしても発電量は100ワット電球が10分程度点灯する約70キロワットにとどまり、発電効率の向上が大きな課題だ。

 実験は12月中旬までの2カ月間。将来は乗客が多いターミナル駅で自動改札機や案内表示、照明などの電力を賄えるよう研究を進める。

 JR東日本は「通勤ラッシュという未利用のエネルギーを活用し、環境にやさしい駅づくりを目指したい」としている。
 この話、8月頃に報じられたことの実地テストだと思う(「発電床」でぐぐるとよい)。

 上の記事、なんだか計算がヘンなような気もするが、まあ、記事どおり70万人がかりで1日あたり電球10分つーことで考えてみると。

馬鹿な話だわなぁ(笑)

 設備製造や配置・維持管理に使うコスト(エネルギー)を回収するのにどれくらいかかるちゅーねん。

 そういや小松左京の『ゴエモンのニッポン日記』に、満員電車使って圧電効果(ピエゾ効果)で発電ってギャグがあったが、これもギャグにしか見えない
 いっそ磁石服を来て通勤してもらい、駅にはコイルを張り巡らして誘導電流で発電みたいなのはどうか。 さもなきゃ通路を巨大なルームランナーにするとか(笑)

 JR東日本がどういう根拠や目算があってこういうことを考えたのか、上の記事からじゃあわからんので(共同研究してる慶応大学のページにもパンフレットしか置いてない)、何か秘策があるのかもしれんが。研究の為の研究だったらいいけど、こういう研究の為のコストが運賃に含まれていると思うと、なぁ。

 土地だけは持ってるんだから、駅舎や線路に太陽電池張り巡らしますとか(これもコスト回収という意味では難しいだろうが、もう現実にやってるわけだし)、もう少し現実味のあることに注力したらどうか。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-13 13:36 | 奇妙な論理

日本、詰まれちゃった…かな?

中国:北朝鮮が中国にケンカを売るわけがない。逆に体制崩壊だの戦争だので情勢が不安定になりゃあ困るしな。北京オリンピックもあるし(笑)。そもそも反日国家だし(笑)。

露西亜:事情は中国と一緒。ま、領土問題もあるし、基本的に反日国家だわなぁ。

韓国:「同胞がウリナラを攻めるわけない、核の標的は日本だし」って信じてるみたいだなぁ。言うに及ばす反日が国是。

米国:イラクやらイランやら他に心配事が多すぎるかなぁ。さすがに核保有国にケンカ売ったことはない-インドもパキスタンもスルーだったし。安保はあるけど、自国の利益最優先は当然。

 一度核保有国となった国がそれを手放したことはないし、発言力を高める効果があるのは歴史が証明している。結局、当面のリスクと核保有のメリットの天秤の結果の核実験だろ? どこが「暴発」「最後のカード」なんだか。
 現にアメリカの「譲れない一線」とやらもずるずると後退してる。軍事オプションはできないし、やらないんじゃないかなぁ、多分。

 と、考えてみると、追い詰められてるのは日本だよなぁ。どう見ても。

 俺も心情的には核兵器反対だけど、心情論ではなく、北朝鮮を見習って(笑)メリットとデメリットを天秤にかけてみる必要はあると思うなぁ。

 結局「平和を愛する諸国民の公正と信義」への信頼が甚だアヤシくなっちゃったんだから、後は座して周りからいいようにやられる「可能性」を容認できるか、甚だ大雑把な二分法だけど、そこに行き着いちゃうんじゃないかなぁ。

 「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」だということは判ってるんだが、マラソン自体から降りちゃっていいものなのか。

 少なくとも俺は、タコ殴りされるのはゴメンだけど。

 小松左京のギャグ『一家に一台核兵器』じゃないけど、意外とみんなで持っちゃえば怖くないかもしれないぞ。いざとなりゃあ、いっぱい道連れなんで寂しくないし(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-11 11:43 | 一般の話題

ヨイコノミライ 完全版

 ぺんぎん書房版 ヨイコノミライ!、たまたま読んでみたらイイ感じだったので注目していた。ところがその後、版元の倒産でどうやら未完に終わりそうだという話を聞き、残念に思っていた。
 そんな折、小学館から増補して完全版で再販されるという記事を読んで、「うむ。このまま埋もれさせるには惜しいものな」と楽しみにしていたのである。

 で。

 「!」の取れた「ヨイコノミライ 完全版」を読了したのだが、惜っしいなぁ、というのが現時点の感想である。

 作者のブログによれば、
そして『ヨイコノミライ!』。こちらについてはいろいろな方からお話をいただきました。幸せな作品です。このまま連載を続けるというお話もいくつかいただき、ものすごく考えに考えましたが、120Pを単行本に描きおろしで決着という形に決まって、よかったと思っています。
描き始めるまでは、もっと長いつもりでいたので本当に終われるのか不安でしたが、ネームを出してみた今は、この物語はきちんと終わることができると思っています。未完にはしません。彼らがどうなるのか、見届けていただくことが出来るのが本当にうれしいです。ありがとうございました。
 単なる消費者側の感想なので、勝手な言い草なのは承知なのだが、展開したお話を畳み込むには書き下ろし枚数が少なかったのはなかろうか。言葉は悪いが、尻切れトンボ感が拭いきれない印象なのである。

 念のために言っておくが、作品を完結してくれたことには、感謝こそすれ非難するつもりは毛頭無い。
 相対的に見て作品の水準も高い。「完全版」全4冊、イタい話が許容できる人にはお勧めできるマンガである。

 そうなのだが、こっちが勝手に先読みしてワクテカしていた「こうなったかもしれない」姿とは微妙にズレを感じるのだ。

 「『黒げんしけん』サイコサスペンス風味つー話になるのかな?」

「おお、レズ風味。さすが、あいかわらずだな、きづき(偉そうだな)」

「この展開、こりゃあニ・三人死んでくれないと話が収まらねぇだろう」

 こっちの勝手な妄想なんだから仕方がないのだが、「完全版」では「え、これで終わりなの?」と思ってしまったのは事実なんである。

 いや、ほんと、惜っしいなぁ
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-04 14:50 | 読んだり見たり

「日本のメディア芸術100選」

文化庁メディア芸術祭10周年企画 「日本のメディア芸術100選」

  候補選定というフィルタがかかっているし、どうみても組織票くさいものもあるが、アンケートの取得方法を読むと、まあ、一定の妥当性を認めてもいいだろう(母数がちょっと少ないなぁ…という気はするが)。

 内容的にもそれほど突飛な感じはしない。 ざっと眺めてみても、定番・有名どころが並んでおり、比較的穏健な結果ではないかと思う。

 順位付け自体にさほど意味はあるまい。今時点・この場での最大公約数をとってみたらこうなりました、ということで明日やりゃあ別の結果が出るわけで。

 だが、この心のざわめきはどういうことなのだ。

 「『やわらか戦車』がエンターテインメント部門1位? 『スーパーマリオ』より上?」

 「『ゴジラ』が13位? FFより下?

 「ゴジラが選択肢に入ってるのに平成ガメラはナシですか」

 「なんで『ワンダと巨像』が入ってて『ICO』が自由記入なの? mixiと2ちゃんねるもだけど」

 「なんで『童夢』がカスりもして無いんじゃあ! 投票したのは(自粛)ばっかりかぁ?!

 …もう、やめよう(笑)

 つーか、文化庁さん、せっかくなんだから英語のページくらい作ったらどうか。ゲージツのところは別にしてもアニメやマンガのところは海外にも興味を持ってるユーザも多いと思うぞ。ガンガン文化侵略を進め全世界をヲタク色に染め上げてやるくらいの気概は持って欲しいものだ(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-04 11:01 | 読んだり見たり

民主党の細野豪志衆院議員の不倫騒動を巡っては、

民主党の細野豪志衆院議員の不倫騒動を巡っては、報道慰安婦という新語まで飛び出しているようだが(笑)

 永田メールのときもそうだったが、こういう騒動って、周辺の論評を見ていると、一種あぶり出しになっていておもしろい。

大きな声では言えないが:「通信の秘密」は今 -牧太郎 毎日新聞専門編集委員 2006年10月3日 12時52分

天下の毎日新聞の編集委員殿の論評である。
「街灯のともる路地で××議員の手が……熱いキスは5秒ほど続いた」というコメント付きで、女性キャスターとの熱愛シーンを写真誌にスクープされたイケメン議員。慌てて「不徳のいたすところ」と党役職の進退伺を出したそうだが、それほど大げさな話?

 奥方が亭主の不倫に腹を立てるのは至極当然。不倫は決して褒められたことではないが、赤の他人にとやかく言われる筋合いはない。これは極めてプライバシーの問題。取材する相手に「あなた方もジャーナリストなら、政治家の巨悪を追及したらいかが」と笑って皮肉でも言えば良いのに。
 「赤の他人にとやかく言われる筋合いはない」「プライバシーの問題」ねぇ。

 そういやぁ、宇野宗佑の女性スキャンダルをスッパ抜いたのは御社の「サンデー毎日」だった記憶しておりますが。
 あれぇ?、Wikipediaによると、
牧 太郎(まき たろう、男性、1944年(昭和19年)10月10日~)は、日本の新聞記者、ジャーナリストである。東京都日本橋区(現:中央区)出身。

毎日新聞に入社、記者として活動。社会部、政治部を経てサンデー毎日編集長に就任後は、宇野宗佑首相の女性スキャンダルや、オウム真理教の問題を取り上げるなど活躍するも、脳卒中を患い、半身麻痺、失語症を経験。療養後、編集委員として復帰。以降、毎日新聞をはじめ、雑誌など連載を多数抱える。
「赤の他人」の「プライバシーの問題」を「スクープ」してんのは牧氏自身じゃないですか(笑)
 こりゃあ、あれですか、民主党の不倫はいい不倫つーことですかね?
それより気になったのは、写真誌はどうして2人の関係を知ったのか?である。恨みを持つ人物が写真誌にタレこんだ、と想像できるが、昨今、美しい国にふさわしくない“密告”があちこちではやっている。
 想像を元に「密告がはやっている」なんて"事実"を述べちゃうのは相当に無茶ですねぇ。せめて「あちこち」の一例くらい挙げてくれないと。もしかして「密告が流行ってる」というのも牧氏の想像、つーか、妄想なんでは?と疑いたくなっちゃいますが。
それにしても「密会の時間、場所は2人しか知らないはず?」とつぶやくと、コンピューターに詳しい若者が「何しろ、他人のメールの中身まで分かる時代ですから」とただならぬことを言い出した。
いつの間にか写真誌がメールの盗聴してたみたいに妄想が膨らんでます(笑)
 特定のソフトを使えば、少なくともサーバーの管理人は、誰が、いつ、どのネットにアクセスしたか、誰にメールを送ったか、そのメールのやり取りさえ知ることが出来る。犯罪を防止する目的のソフトだが、もし、悪意に満ちた人物が管理人に紛れ込んでいたら……ゾッとする。
ドコの「若者」に聞いたんだか。「特定のソフト=犯罪を防止する目的のソフト」つーのがナンなのか、是非答えてもらいたいものだ。ログファイルのことだったりはしないよな?

もし、悪意に満ちた人物が郵便局に紛れ込んでいたら……ゾッとする。
もし、悪意に満ちた人物が電話局に紛れ込んでいたら……ゾッとする。
もし、悪意に満ちた人物がマスコミに紛れ込んでいたら……ゾッとする。

 なんでも同じじゃん。
 憶測と聞きかじりの知識を元に恐怖を煽り立てようという意図がミエミエ。
ネット技術はここまで来てしまった。もし、国家権力が国民のメールを簡単に入手できるとなると、憲法第21条2「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」は危うくなる。
 もしかして牧氏は、「サーバの管理者」=国家権力の手先と思ってるのだろうか。「悪意に満ちた人物」→「国家権力」という、牧氏の脳内結線が透けてみえて興味深い。
 テロを未然に防がなければならないし、さりとて、プライバシーは守らなければならないし……。ともかく安倍さん得意のイノベーションが「自由」を変貌(へんぼう)させるのだ
 唐突に安倍の名前を引き合いに出しているのは明らかに特定の意図基づく誘導。前のほうの「美しい国にふさわしくない」というのも同じ。
「悪いことはみんな自民党のせい」なんですよ皆さん、てか。

 …もうちょっと論理的に批判しようと思ったのだが、こりゃあ無理だ。だって、批判すべき元の文章がデタラメなんだもの(笑)。

 まあ、思いつきで書いたであろうエッセイに目くじら立てても仕方ないが、全国紙の編集委員殿なんだからもう少し脈絡というものを考えて書いてほしいものだな、一読者としては。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-03 15:33 | 奇妙な論理

Vectorで大規模なウィルス汚染発生

 ソフトウェアのダウンロードサービスではこれほど大規模な汚染はちょっと記憶にない。
ソフトウェアライブラリで公開していたタイトルのうち、ウイルスに感染したタイトルは3,986タイトルでした。
うち、3,179タイトルは問題となっている期間中、1回もダウンロードされておりません。
実際にダウンロードされたものは807タイトルで、計7,873回ダウンロードされた恐れがあります。
9月27日(水)1:00~13:30 に弊社サイトよりソフトウェアをダウンロードされた方へ
調査の結果、9月27日(水)1:00~13:30の間、弊社サイトにウイルスに感染したソフトが掲載されていたことが判明しました。
この間に、弊社サイトよりソフトをダウンロードされた方は、以下の説明をお読みいただき、ダウンロードしたソフトが感染したものでないかどうかをご確認ください。また、感染したソフトであった場合は、至急ウイルス対策を実施してくださいますようお願いいたします。
ウイルス対策が必要なソフト一覧
調査の結果、ウイルスが感染したと思われるソフトは計 3,986 本であることが確認できました(一覧表はこちら)。
このうち、これらのソフトが弊社ライブラリで公開されていた9月27日午前1時から同日午後1時30分までの間に、弊社ライブラリからダウンロードされた可能性のあるソフトは以下の 807 本で、最大 7,873 本がダウンロードされた可能性があります。

以下のファイルを上記時間帯にダウンロードされた方は、対応ウイルス対策ソフトで処置してくださいますようお願いいたします。利用者の皆様にご迷惑をおかけしたことを、あらためてお詫び申し上げます。
ウイルス感染したと思われるソフト一覧

 ちなみに、俺宛にソフト作者への通知メールが入ったのが9/30(土)の17:15。
 新種とはいえ、ちょっと対応が遅いような。

ファイルダウンロードサービス一部停止のお知らせ
2006.09.27 11:20 頃
弊社で利用しているウイルススキャンソフトの一部で新型ウイルスが発見される。確認を行ったところ、社内ネットワークおよび社内クライアントPCにおいて、感染したファイルが存在することが確認され、公開用サーバにおいたファイルへの感染の可能性も否定できないことが判明。
 この文面だけだとよく事情が分からないが、もしかして、クライアントPCと公開用のディレクトリが直接アクセス可能になってる、ということだろうか。そうだとしたら、その運用設計はどうかと思うが。

 とにかく、「何がどうしてどうなった」という説明責任は果たしてもらう必要がある。今は対策で手一杯だろうが。

 幸い、俺の公開してるソフトは感染一覧には入ってないみたい。ま、もともと人気のないのばっかりだからDLしてる人もいなかっただろうけど(爆)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-02 09:58 | 情報保護・セキュリティ