<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テレビ東京の映画編成にはそーとーな好きモノがいるのであろう。

 今週の「午後のロードショー」(いわゆる「日常洋画劇場」)は夏休みらしく(らしいのか?)「ハリーハウゼン特集 」ときた。

「シンドバット 七回目の航海」「シンドバット 黄金の航海」「シンドバッド 虎の目大冒険」「SF巨大生物の島」「アルゴ探検隊の大冒険」。涙目モノのラインアップである。

 午後のロードショー枠ともうひとつ押さえておくべきは土曜深夜の「サタデーナイトスペシャル バリ・シネ」である。今週はなんと、ハリーハウゼンつながりで「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」 ときた。

 21世紀に、この作品が地上波テレビで見られるというのはある意味貴重である。そういや、ずいぶん前だが「冷凍凶獣の惨殺」だの、ラリー・ブキャナンの「火星人大襲来」なんてトンデモない映画を流してたのもこの枠だったかな。いや、そーゆーのと違い、「世紀の謎~」は傑作なので、みんな見ておくように。マジで。

 まあ、どれも今の時代なのでDVDで簡単に入手できるが、テレ東では、ときたまレアな吹き替え版でやってくれたりするので、目が離せなかったりする。つい最近も、石川秀美版の「スーパーガール」なんざシレッと流してたし、(笑) 先週の「バリ・シネ」は近藤マッチ版「フットルース」

『黒歴史』を闇に葬らないという姿勢がすばらしいではないか(笑)

 ただ、最近ちょっとだけ不満なのが、昔やってたみたいなB級(以下)映画の放映がちょっと少なくなってるんじゃないか?つーことだ。「ドラキュラ対フランケンシュタイン」みたいな破滅的なシロモノまで見せてくれた東京12チャンネル魂を、B級以下のホラーとかお色気モノとか、金を出しても中々手に入らない-金を出して買うと死にたくなるような(笑)アレゲな作品の数々を、忘れないで欲しいのである。

 とりあえず俺は「恐るべき衝動・美しき画学生の異常幻想」がもう一回見たいぞ(笑)。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-07-31 17:47 | 読んだり見たり | Comments(0)

「意図的ではなかった」

TBSまたやった…「旧731部隊」特集に安倍氏無関係写真 (2006年7月27日06時00分 スポーツ報知)
TBS系報道番組「イブニング・ファイブ」が、今月21日に放送した旧日本軍731部隊に関する特集の冒頭部分で、ニュース内容とは無関係な安倍晋三官房長官(51)の写真パネルが映り込んでいたことが26日、判明。総務省が調査を始めた。安倍氏も、この日の会見で「わたしの政治生命を傷つけようということなら大きな問題だ」と激怒。報道番組でのトラブル頻発のTBSは、今回の件について、「意図的ではなかった」と釈明した。
【TBSのトラブル史】

 ▼オウム報道関連
〈1〉95年、オウム真理教関連番組の映像に、麻原彰晃こと松本智津夫被告の顔のカットなどをサブリミナル効果を狙って挿入。
〈2〉89年の坂本弁護士一家殺害事件前、放送前の坂本弁護士インタビューのビデオをオウム幹部に見せていたことが96年、発覚。社長(当時)が辞任。
〈3〉04年、オウム関連番組で「林郁夫受刑者を知る元受刑者」としてインタビューした男性が、実は林受刑者と面識がなかったことが発覚。

 ▼ねつ造? 03年11月、「サンデーモーニング」が石原慎太郎都知事の「日韓合併の歴史を100%正当化するつもりはない」との発言に、正反対の「100%正当化するつもりだ」との字幕を付けて放送。都知事から「ねつ造だ」と告訴される。

 ▼誤訳? 今年6月、「ニュース23」が、小泉首相の靖国参拝に関し、ヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長(共和党)が「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語った言葉を、「行くべきではないと強く思っている」との日本語字幕で放送。
 TBS的には「意図的」でなければ、人様の顔写真をまったく文脈の異なる場面で晒してもごめんなさいで済まされる…ということなわけだ。
 もしも俺がここにTBSの井上社長の御尊顔をアドルフ・ヒトラーやゲッペルスと並べて掲示しても、意図的でなければ謝っちゃえばいいのだな。書き込みは「何度もチェックしたが、」書き込みの「リード(導入)部分なのでチェックが甘くなった可能性がある」とでもいっときゃあいいんでしょ?

 当該放送を見た個人的印象は「どう見ても意図的です。ほんとうにありがとうございました」である。

 石原都知事の件もヘンリー・ハイド委員長の件も、どうみても「ミス」には見えない。アレが「意図的でない」=「無意識」であるとしたら、そりゃあどんなイドの怪物だ? TBSには無意識にこういことをやってしまう会社風土があるつーことか? そっちの方がよっぽど恐ろしいのだが。

 俺は安倍官房長官や石原都知事の支持者でもナンでもない、つーか、むしろこのご両人の政治上の姿勢信条にはさして共感を持っていないのであるが、こういう卑劣なやり方は政治信条以前に嫌悪感を覚える。

 度重なる不祥事に、2ちゃんねる発で抗議の署名運動が始まったようだ
 表立って抗議の声を挙げないまでも、「またTBSか」と思ったヤツが確実に増えたことは間違いあるまい。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-07-31 16:22 | 奇妙な論理 | Comments(0)

「差異のない相違は相違ではない」


 どんな天の配剤なのか、「パクリ」とか「オリジナリティ」とかについて考えさせられる作品に立て続けに行き当たった。

 友人に借りた「瀬戸の花嫁」とかいうマンガなのであるが、数冊読んだところで「こりゃあ、『うる星やつら』のマンマじゃねぇか」と思った。
 なにしろ、プロットからキャラクターの配置・性格づけにいたるまでソックリなのである。かといってパロディというわけでもない。

 「うる星やつら」は、大本をたどると直系としては「魔法使いサリー」+「オバケのQ太郎」つーところに帰着すると思うのだが、そこに「ラブコメ」の要素を加味したからエポックメイキングな作品になったのだと思うのである。

 もちろん「魔法使いサリー」自体、「奥様は魔女」から出てきたものだが、同様に、魔法「少女」という要素を足したから、メグちゃんやサクラちゃんという芳醇な後継作品を生み出してきたのではないかと思うわけだ。
 かたや「瀬戸の花嫁」は、『うる星やつら』+ゼロ。「差異のない相違は相違ではない」というのはマイクル・クライトンの小説に出てくる格言だが、まさにそれだ。

 同じく友人にDVDを貸してもらった「冒険野郎マクガイバー」というアメリカ製のTVドラマ。これもまた、脚本のクオリティという面ではイタダけないシロモノであった。正直、Amazonのカスタマレビューで絶賛の嵐なのが信じられない。

 例えば「失われた大地」という回であるが、ほとんど「黒い絨毯(1954)」の使いまわしである。まあ、製作費が厳しいTVドラマだから、バンクフィルムなんか当たり前なんだろうが、密林の奥地で苦労して自分の王国を築いた孤高の男→アリの大群攻めて来る→アリとの戦いつープロットもほぼ同じなんで興ざめもいいところ。

 さらに酷かったのは「恐怖の時限爆弾」という回で、こっちはバンクはないものの、お話がまるっきり「ジャガーノート」(1974)と同じである。いやホント、似てるとかのレベルではなく、まったく同じなんだからあきれ果てた。
 せめて、あっちこっちで引用されまくっている有名な「二択」のクライマックス(古畑やパトレイバーでもあったね)くらい、ちょっと変えりゃあいいのに。

 そもそも創作物なんてものはほぼすべて先人の資産の上に成立するものであるから、やたらめったら「パクリ」だのなんだの言うことには賛成できないが、それにしてもリメイクやパロディですらない「そのまんま」というのは幾らなんでも酷い。

 たとえ現著作権者との間で話が付いていたとしても、鑑賞者に対する誠実さなんてものはないのか? しかも、そういうのに限っていわゆる「劣化コピー」で、オリジナルに価値を足すどころか引きまくっているのが大半なような気がするのだが。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-07-26 17:47 | 読んだり見たり | Comments(0)

マイクロソフト、「Private Folder 1.0」の提供を中止へ

マイクロソフト、「Private Folder 1.0」の提供を中止へ--法人顧客からの抗議を受け Ina Fried(CNET News.com)翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006/07/18 10:45
Microsoftは法人顧客からの抗議を受け、パスワード保護されたフォルダの作成を可能にするWindowsアドオンソフト「Private Folder 1.0」の提供を中止する。

 このソフトは、先週ネット上で無償公開された。だが公開後すぐ、各社員が自分のデータを暗号化した場合の企業の対応方法について疑問の声があがっていた。

 Microsoftは米国時間7月14日、CNET News.comに向けて声明を出し、「Private Folder 1.0は、正式なWindowsを利用している顧客向けの機能として設計した。しかし、管理性、データ復旧、および暗号技術について懸念する声が寄せられた。われわれはこれらの意見を検討し、本日、このアプリケーションの提供中止を決定した。近いうちに対応を進める」と述べた。
 Microsoft Kills Off 'My Private Folder' App によると、大きな問題は三つあったようである。
  1. パスワードを忘れるユーザが多かった
  2. リマインダみたいな機能でパスワードを取り戻したり、管理者が上書きしたりする手段がなく、"その"パスワードを忘れちゃったら二度と復号できないという仕様だった
  3. 入力の仕方が既存のオプションに類似していたこともユーザの当惑を生んだ


 俺は完全にスルーしてたので、この製品のことは知らないのだが、【レビュー】手軽に"ないしょのフォルダ"を実現 - Microsoft Private Folder MYCOMジャーナル 海上忍 2006/7/7によると、NTFSの暗号化機能よりお手軽-つーか、Windowsのユーザ管理機構から逸脱してる-って感じのもののようだな。この仕様だと確かに企業内では使い物にならないので、「変なモン配るな」という声が挙がるのも頷ける。

 MSとしては完全にオシャカにするつもりのようだ。確かに、
  1. 取り返しのつかない処理を開始するにはそれなりに持って回った手順を踏ませろ
  2. 処理の単位ごとに、できる限りその処理を行なう前の状態に復旧できるようにしろ
  3. どうしても復旧できない致命的な操作については指示を受けても即座に実行にかからずユーザーに確認をとれ
あたりの、常道的(これはTRON作法からの引用)な設計はやられていてもよかったと思うのだが、逆に言うと、ユーザの声を反映して作り直せば、あえてオシャカにすることもないような気もするが。
 XP Proの暗号化機能だって特に不都合なく使われているわけだし、他社製品でもそういうものはいくらもあるわけだから。

 いっそ、パスワード忘れたときの復号用のソフトは有償つーことにすりゃあ儲かったかもしれないぞ(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-07-19 10:30 | 電算機関係の話題 | Comments(0)

平和ボケ夫婦の会話

「さて、我が家でも独自に経済制裁に突入しようと思うのだが」

「はぁ?」

「一方的に宣言を反故にしてのやりたい放題し放題。さりながら我が政府の対応はどうだ。あれが圧力と呼べるのか? ましてや中露の対応たるや例によって例の如しであり韓国に至っては『悪いのは日本』という例によって斜め下の反応である。今こそ平和を愛する我々は鋼の意思を持って抗議の烽火を挙げるべきであり」

「…アタシ、洗い物があるから」

「そんなものは後にしておけ。いいか、今後我が家では北朝鮮製のものは一切購入しない」

「もともと買ってないし」

「う。そうか。そういやあ、パチンコつーのもやったことないな。あんな亡国遊戯にかまけるほどの馬鹿じゃねぇし」

「いい歳こいたゲェマーのくせに」

北朝鮮の特産品である覚醒剤やニセ札とかもだめだからな」

「…馬鹿?」

「とはいってもなぁ。ま、現実的落とし所としては『冷戦構造』の再構築つーとこなんかなぁ。んでソ連ばりの一時崩壊を待つ、と。 いや、待てよ。いっそのことゲームで片つけるつーのはどうか

「はぁ?」

「『大戦略』みたいなウォーゲームでさ。国連管轄でシミュレーション用の巨大なコンピュータ用意すんの。それで、国防費の代わりに国連に金払ってそのゲーム用の駒やアイテムを購入する。ほれ、お前のやってるMMORPGのアイテム購入と同じだ。いざ紛争になったら、そのゲームの中で戦争する。実世界では被害ゼロでいいだろ?」

「そんなんで勝った負けたって、納得できるわきゃないでしょ」

「そんなのルール作りの問題だけだって。現実の戦争にだっていちおうルールはあるわけだし。そうだなぁ、指導層同士だけお腹に爆弾でも巻いてもらって、負けたら自動的に爆死つーのはどうよ。ね、これなら『無辜の一般市民』には被害でないし」

「ゲーマーの無策で負けた!なんて内乱になるんじゃない?」

「う~ん。そりゃあ、システムの作り方だろうなぁ。やっぱマルチプレイヤーで歩兵の一人ひとりまで実物の人間がオペレートしてないといかんだろうし、気象やら環境やらもある程度作りこまなきゃいかんだろうし。それでも戦争みたいな限定的状況なら、謎の万能アイテム『量子コンピュータ』なんて持ち出さなくても既存技術の延長でなんとかできるような気がするんだが」

「あんたも平和ボケだねぇ」

「最近の戦争なんてどうせミサイルやらリモコン兵器やらでゲーム化してるんだし。さもなきゃあ、やっぱりそれなりの抑止力がいるだろ? 一発やられてから考えるなんて悠長な話じゃなくて」

「日本て攻撃能力ないんでしょ?みのもんたの番組で言ってた」

「攻撃力なしで抑止力を持つには? なんて話はとっくに結論が出てるんだって。小鼠ニューヨークを侵略って知らないか? 映画にもなったけど」

「知らない」

「ヨーロッパの小国がアメリカに宣戦布告して勝っちゃうという話だ。つまるところ、国会の地下深くに地球が壊れるほどの超巨大な核爆弾を1発だけ用意しといて、『侵略してきたら破裂させるぞこの野郎。カミカゼ・アタックでも分かるとおり、オレラには自殺に対する禁忌なんざねぇからな。攻めてくりゃあ道連れだ』と」

「…さ、洗い物洗い物」
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-07-13 17:29 | 一般の話題 | Comments(0)

新製品:コスプレUSBキーボード(黒猫メイド)

商品番号:060703-01「コスプレUSBキーボード(黒猫メイド)」
-- 2006年7月3日 --angel Kitty(本社:台湾台北県汐止市、代表:石丸美智彦)は本日、
人間工学を超越した「エロゴノミックス」キーボードとして、コスプレUSBキーボード(黒猫メイド版)を発表しました。
本製品の特徴は、黒猫メイド服の胸部にシリコン製ソフトキーボード(85キー)を装着した点で、キーをタイプするたびに知的興奮を喚起することが期待されます。
販売は黒猫メイドのコスチューム込みで\15,750です。
おいおい。
またこの形状は、「バストを触っていて腱鞘炎になった男は歴史上存在しない」という弊社の科学的仮説に基づいており、無機的なキーボードで腱鞘炎に苦しむ男性ユーザーへの福音となることが期待されています。

加えてキータッチを左右する押下感は、着用者のバストの豊かさに左右されます。キータッチならぬ「バストタッチ」は、1ストロークごとにあなたの指先に幸福を伝えるでしょう。

お部屋はもちろん、オフィスや取引先での書類作成にぜひコスプレUSBキーボードをご利用いただき、長時間のタイピングの苦痛を可能な限り和らげて下さい。

「ど、どうしてキミの机にコスプレギャルが載っていて、しかもなぜ胸を両手で触っているのかね?」と聞かれたら、「これは私のUSBキーボードで、今タイピング中ですが、何か?」と答えましょう。あなたの貴族趣味に周囲は強い憧れと、ほのかな殺意を抱くでしょう。
写真のお姉ちゃんは付属していないので注意が必要だな。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-07-04 09:30 | 電算機関係の話題 | Comments(0)