<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「お前が言うな」

【天声人語】朝日新聞 2006年01月26日(木曜日)付
 原民主党代表が23日の国会で、自民党は堀江貴文ライブドア前社長を「衆院選の票寄せパンダ」に使ったとただした。小泉首相は、捜査と選挙の応援とは別の問題だと答えた。その夜、堀江前社長が逮捕された。翌日になると、首相は「不明だと言われれば、それまでですけどね」と述べた。

 ところが、この一言ではとどまらなかった。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」

 昨日のこの欄では、「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」という公明党の幹部の発言について、こう書いた。「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」

 目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を票集めの広告塔や「刺客」として利用したその党の総裁が、メディアの方に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。

 見過ごせないのは、自民党が一方的に「ホリエモン」を利用したのではないことだ。ライブドアの側も、自民党という巨大な後ろ盾を、「世界一」の会社に膨らませるために利用しようとしたはずだ。それはまるで、票と金を狙う共演に見えた。

 首相には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。


『昨日のこの欄では、「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」という公明党の幹部の発言について、こう書いた。「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」』

 と書いてあるので、「ほほう。朝日はちゃんと自己総括しておるというわけだな。どれどれ」と、前日の天声人語を見てみたら。
自民党が堀江社長を総選挙に担ぎ出し応援したことにからんで、公明党の冬柴幹事長が述べたという。「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」。すんなりうなずくつもりはない。しかし、取材相手との距離をどう取るのかは、常にメディアが問われることではある。

 耳目を集める「寵児」に、安易に飛びつくようなことがなかったかどうか。改めて考えてみたい。
 以上、本文終わり。

 …あの~、その「改めて考えて」みた結果はどこに書いてあるんでしょうか?

 こういうのは、「思考停止」文言つって、悪文の代名詞だと思うんですがね。「改めて考えてみたい。以上」で、全然考えてないのでは…。

端的に言えば、「お前がいうな」ってところである。

問)ライブドアの堀江貴文社長が逮捕されましたが、この事件についての受け止めは。

(外務大臣)マスコミも随分はやしてましたものね。一番煽っておられた貴紙の感想はどうですか。こっちの方が先に聞いてみたいような気持ちですけどね。法律に違反すれば罰せられる。当然だと思いますけど。
 実際のところこの「貴社」というのは朝日新聞社のことである。朝日新聞は少なくとも麻生外務大臣のこのイヤミには、思考停止的な文言ではなく答える義務があると思う。なぜなら、俺を含めて多くの国民が、おそらく朝日を含めたマスコミのこの問題に関する「手のひら返し」を鼻白んでみているに違いないからだ。

 つまるところ、天声人語をこのように書き換えてもまったく違和感がないのである。
 しかし「ホリエモン人気」を読者や視聴率集めの広告塔として利用したメディアが、政党に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。

 見過ごせないのは、ホリエモンが一方的に「マスコミ」を利用したのではないことだ。マスコミの側も、ホリエモンという偶像を利用しようとしたはずだ。それはまるで、視聴率と金を狙う共演に見えた。

 朝日新聞には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか。

------------------1/30追記
発信箱:どのツラ下げて… 山田孝男(編集局) 毎日新聞 2006年1月30日 0時13分
 毎日新聞西部本社(北九州市)が発行した1945年8月16日付朝刊は1面の一部と2面が真っ白だった。当時の新聞は表裏2ページしかない。前日まで焦土決戦をあおった揚げ句、「国民も今日から転換するのだなどと、どのツラ下げて言えた義理か」という高杉孝二郎編集局長の判断で終戦勅語と行政告示しか載せなかった。彼はまもなく社を去った(毎日新聞130年史)。

 検察の尻馬に乗った鈴木宗男バッシングを競いながら、今や彼を評論家としてもてはやすメディア。前日までホリエモンをもてはやしながら、検察次第で怒とうの堀江たたきに走るメディア。むかし軍部追従、いま検察追従で、変わらぬものといえば俗論迎合の卑しさしかないおまえが、どのツラ下げて明日を語り、針路を説くのか。そう感じている読者が少なくないと思う。

 小泉純一郎首相はホリエモン選挙に肩入れした責任を問われて「批判は甘んじて受けるが、メディアはどうなのか」と切り返した。「新聞批判は甘んじて受けるが、テレビ、週刊誌こそ」と言ってしまいがちな私どもと似ている。

 いまや政治に対する観察者、批判者であるという以上に、政治権力を生み出す装置となった感のあるメディア。その無節操な暴走癖、過剰な存在感・圧迫感と加害性を省みず、「悪いのはオレではない」と逃げ腰の醜さが読者の失望を誘っているようだ。どうにも旗色が悪いが、毎日新聞は署名記事を原則にしている。だから許せとは言わない。白紙の新聞を出す予定はないが、それを出した先達の存在を肝に銘じて進みたい。
 まともな感性の人もいるようだな(笑) もっとも、小泉首相を引き合いに出した三段落目は余分だが。「似ている」から何だというのか。「俺たちだけじゃないよな」という繰言はいい加減にしてもらいたいものだ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-27 17:09 | 奇妙な論理

ヤマハ発動機、外為法違反で告発 キャッチオール規制対象

ヤマハ発、ヘリ性能過少申告で不正輸出か 産経新聞 (共同)(01/23 23:46)
軍事転用できる無人ヘリコプターを中国に不正輸出しようとした外為法違反容疑事件で、静岡、福岡両県警の捜査本部などの捜索を受けたヤマハ発動機が、以前から無人ヘリの飛行性能を過小申告する形で規制をすり抜けて輸出を繰り返していた疑いがあることが23日、分かった。

 経済産業省などによると、自らのコンピューターで制御して飛行できる無人ヘリは、輸出に個別の許可が必要。同社は、輸出したヘリは遠隔操作する「マニュアル式」で「規制の対象には当たらない」としているが、衛星利用測位システム(GPS)の搭載などで自律的に飛行できるような高性能機だった可能性もあり、捜査本部は同社に法令違反の認識があったとみて調べている。
 紋切り型であまり好きな言葉ではないが、こーゆー話の場合にはどうしても使わざるを得ないわな。
 売国奴、という単語。

 いや、国益なんてややこしいことまで考えんでも、軍事転用可能だから輸出規制されてるようなシロモノを性能を誤魔化してまで売り払っていたとすれば、もしもソレが兵器転用されて死人が出ようがどうしようが、ヤマハ発動機としちゃあ目先のカネになりゃあなんでもいいと考えている、と解釈できるわな。

だとするとむしろ死の商人つーのが適当か(笑)

 ヤマハ発動機株式会社の外為法違反に係る告発について 平成18年1月23日 経済産業省
経済産業省は、外国為替及び外国貿易法( 以下「外為法」という。) に違反する犯罪があったと思料して、本日、ヤマハ発動機株式会社を静岡県警察・福岡県警察合同捜査本部に告発した。その概要は、以下のとおり。

1 . 被告発人
    ヤマハ発動機株式会社(住所: 静岡県磐田市新貝2 5 0 0 番地)
                      代表取締役社長梶川隆

2 . 告発の根拠
( 1 ) 事実
    被告発人は、無人航空機( 無人ヘリコプター) の輸出に関して、外為法第4 8条第1 項に基づき、輸出貿易管理令別表第1 の4 の項に該当する貨物として、経済産業大臣の許可を得るべきところ、許可を得ずに輸出し、又は輸出しようとしたもの。

( 2 ) 罰条
    外為法第6 9 条の6 第1 項第2 号及び第2 項、第7 2 条第1 項


 既に国内の取引企業(部品メーカとか)にはキャッチオール規制のお達しが出ている。ようするに「ヤマハ発動機にモノを売る場合には必ず用途確認しろ」つーことだが、まあ、単純にいやあ要注意企業認定つーことだな(笑)

陸自の最新型ミサイルデータ 総連団体に流出 (産経新聞) - 1月24日3時28分
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の「在日本朝鮮人科学技術協会(科協)」(東京都文京区)が、陸上自衛隊の最新型地対空ミサイルシステムに関する研究開発段階のデータなどが記載された資料を入手していたことが二十三日、警察当局の調べで分かった。データはすでに北朝鮮に送られているとみられ、警察当局は資料の流出経路などについて捜査を進めている。
 こっちの事例も、今現在漏れ聞く話では、仕事請け負った某社が外注した先がうんぬんつーこともあるようなないような、いずれにしても日本企業ももっと脇を固めておかないと足元すくわれることになると思うぞ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-24 16:58 | 一般の話題

ファンとホリエモンと認知的不協和

 1920年アメリカ大リーグで発覚した八百長事件、いわゆる「ブラックソックス・スキャンダル」で、法廷に引き出された人気選手シューレス・ジョーにファンの少年が投げかけたとされる「嘘だといってよ、ジョー」という有名なせりふを思い出した。

 ひとつは韓国の論文捏造問題で、である。

変わらぬ黄教授支持者、彼らはなぜ… 中央日報 2006.01.23
「あなた1人さえ埋葬されればよいというその群集と最後まで争って勝つでしょう」--。

21日午後6時、ソウル光化門(クァンファムン)前の開かれた市民広場。

全国から集まった黄禹錫(ファン・ウソク)教授支持者2500人が、太極旗を振りながら「研究再開」「特許守護」などと声を上げていた。

ある女性は「国のために働いたあなたの手/愛情にあふれています/あなたの手に背く者/偽りを言う者/死ぬでしょう」と、献呈詩を朗読した。

在米科学者として紹介されたチョ某さんが壇上に上がり「卵子供与など消耗的な倫理論争を中断し、われわれの生存権を得よう」と叫んだ。割れんばかりの拍手が響いた。

この日のキャンドル集会は「アイラブ黄禹錫」「韓国せき髄障害者協会」など5団体で構成された「黄禹錫研究再開国民連合」が主催したイベントだ。黄教授と何の関係もなく自発的に参加した一般市民たちもかなり多くいた。
 日本で言うと全盛期の長嶋茂雄が殺人事件起こしたくらいの感じかねぇ(笑)。まあ、俺も長嶋茂雄原理主義者なので、もしもそんなことがあったら「ナガシマだったら殺人くらいイイじゃん」とかいっちゃいそうだが。
 ナガシマさんを引き合いに出すなんて不敬だ!といわれそうだが、そのナガシマに対する熱い思いを数倍に増幅すると、陰謀論にまで突入しているファン教授擁護者たちの「感情」に近いのかもしれないな。

 もうひとつが、ライブドアショックを巡る、livedoor社長日記のコメントだ。

 まあ、こちらのほうは悪口雑言罵詈讒謗毀誉褒貶揶揄嘲笑各種含めたゴッタ煮であるが、「堀江さんは絶対悪くない!!」「俺はライブドア信じてるぞ~!!」といった盲目的ラブコールや、それと相対する「氏ね」だの「とっととくたばれ糞豚!」だのといった盲目的罵倒をみるにつけ、黄教授のケースもホリエモンのケースも、「嘘だと言ってよ」すら突き抜けて、認知的不協和理論のサンプルとして使えそうな反応が観察できるところが非常に興味深い。

 ひとつの認知の逆の側面が別の認知によってもたらされる状態になると、人は不快感を感じる。その不快を解消するには、大きくわければ;

1:認知の方を変える。
 ソウル大学捏造確認→ソウル大学は陰謀を企んでいる
 守旧派の陰謀だ。自民党の耐震偽装矮小化工作だ

2:新たな協和できる情報を集める
 他にもノーベル賞候補になりうる優秀な研究者がいる
 欧米のマスコミではホリエモン擁護派もいる

3:問題の重要度を低くする
 日本にだって「ゴッドハンド事件」があったじゃないか。他の国だって科学者の捏造なんかいくらでも…
 粉飾決算なんてどこの企業でもやってる

 「世界は○月×日に破滅する」なんて予言を信じてしまい、行くとことまで行ってしまうと、いざそれが外れた時にでも、もはや引き返せない→ますますのめり込むつーパターンがあるそうで、アツくなっている人たちにとっては、おそらくもう、ES細胞が股火鉢とか粉飾決算が蜂の頭だとかはどーでもいいのであろう。

 韓国の例で言えば、当の黄教授自身が「世界生命工学の高地に太極旗を立てた」だの「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」だの、ナショナリズムを煽るような発言で人気を獲得してきたわけだ(後の方はパスツールか誰かの盗作のような気もするが)。マスコミ・企業・政府まで一丸となって物心両面でそれを後押ししてきたわけであるから、韓国内では「科学」なんてどーでもいいところで騒ぎでかくなっているわけである。

 ライブドアの方も似たようなもので、先日までホリエモンホリエモンと客寄せパンダ扱いしていたテレビメディアが手のひらを返して非難に回るというのは、節操のある態度とは思えない。まあ、当のホリエモン側にしてもそういうメディアを今までさんざん利用してきたわけであるからいまさらマスコミ批判もできなかろうが。

 どちらの事件も捜査中だし、黄教授もホリエモンも実際上無罪を訴えているわけであるから、これからどう転がっていくのかまだ分からないが、少なくとも戦場はもはや「事実関係」の領域だけではない、ということになるのだろうな。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-23 13:35 | 奇妙な論理

東京株式市場・前場=急反発、押し目買い入り日経平均は300円超の上昇

[東京 19日 ロイター] 前場の東京株式市場は急反発。日経平均は300円を超す上げ幅となった。ライブドア<4753.T>問題の先行きは不透明だが、週初からの急落を受けて幅広い銘柄に押し目買いが入った。
 前場の東証1部騰落数は、値上がり1471に対して値下がり164、変わらず31。
 日経平均が急反発したきっかけは、個人、外国人の押し目買いだった。信用取引の追証発生に伴い、この日も寄付きから下げが警戒されていたが、「寄り付き直前になって先物に大口買いが入ったほか、ソフトバンク<9984.T>が予想外の買い気配で始まり、市場のムードは一変した」(大手証券エクイティ部)という。
 太めの錬金術師の躓きに端を発して、上がったり下がったり忙しいことだなぁ(他人事)。
 まあ、今頃自殺を考えてるヤツもいりゃあ、ウハウハ笑いが止まらないヤツもいるのだろう。

 バクチってのはそういうものだ。

日経平均が大幅反発、310円高の1万5651円 (読売新聞) - 1月19日12時12分更新
東証は前日に、売り注文殺到で処理能力が限界となり売買を全面停止したが、19日は午前9時に平常通り取引を開始。株価の反発で、市場はひとまず落ち着きを取り戻している。

 11時現在の注文件数は410万件、売買が成立した約定件数は220万件と、前日をやや下回っている。東証の1日あたりの処理能力は注文件数900万件、約定件数450万件が上限で、東証は取引が限界を超えないよう、午後の取引開始を通常より30分遅い午後1時とする取引時間の短縮で対応する。
 コンピュータ的にはトランザクションの総量が問題なわけで、株価が上がろうが下がろうが、処理が一気に集中するのが問題なわけだ。特にこの手の処理は当然「後流」もあるし、ほとんど本番環境で性能試験させられてるみたいなもので、現場の電算機関係者の中には眠れない夜を過ごすものも多いだろう。昨日の早仕舞いも、東証のシステムだけの問題ではなく関連の証券会社のシステムなどの問題もあるので…という判断だったのではあるまいか。

 つーか、東証のコンピュータ屋、何やってんの?というのは門外漢ながら思うけどね。

 個人投機家だの売買システムだのなんだの相手にしてるんだから、この程度の事態、それこそ「想定の範囲内」でなきゃいかんのじゃないの? だからさっそく情報投資始めようよ。インチキな「IT関連企業」じゃなくてちゃんとしたコンピュータ屋に仕事回そうや(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-19 12:49 | 一般の話題

「ニセ科学」とどう向き合っていくか? (「物理と社会」分科シンポジウム)

物理学会でのシンポジウム開催のおしらせ
2006年3月に愛媛大学・松山大学で開催される第六十一回物理学会年次大会において、「ニセ科学」をテーマにしたシンポジウムをおこないます。
ここで「ニセ科学」とは、(科学と擬似科学の境界付近にある位置づけの微妙な営みのことではなく)科学的に誤り(ないしは無意味)であることが明白であるにもかかわらず表面上は科学を装っている営みを指します。「ニセ科学」は、物理学の研究にはほとんど何の影響もないでしょうが、広い意味での科学教育を考えたとき強い影響力をもつおそれがあると考えています。

このシンポジウムでは、いくつかの典型的な「ニセ科学」の事例を紹介していただきながら、私たち物理学者が「ニセ科学」とどう向き合っていけばよいのかを考えるきっかけを作りたいと思っています。多くの方のご参加を歓迎いたします。

田崎晴明(シンポジウム提案者)
 プログラムを見ると、講演者は 菊池誠氏 天羽優子氏 池内了氏 という豪華メンバー。
 俺も菊池氏や池内氏の一般向け書籍はおもしろく読んだし、天羽氏の水商売ウォッチングはいわずとしれた有名コンテンツ。 ちょっと見に行きたいなぁ。

 最近とみに思うのだが、 メディア-特にテレビのオカルト臭い番組は酷い。モロオカルトは当然だが、科学モドキの「情報番組」のタグイは特に罪が重い。

 いや、もちろん俺はブツリガクとかトーケーガクとか、そーゆータグイのものは「よきにはからえ」の世界に追いやって生きてきた人間で、専門知識などは皆無なのだが、「いくらなんでも、ちょっと考えりゃあ理屈としておかしいだろ」とか「ちょっと調べりゃあ怪しげな話だってわかるだろうが」というレベルの、俺みたいな馬鹿でもツッコめるような話が多すぎるのだ。

 俺みたいな馬鹿が馬鹿にできるということは、相当なスーパー馬鹿が作っている番組なんであろう。
 いや、「ちょっと考えりゃ」「ちょっと調べりゃ」というところがミソで、おそらく作ってる連中も怪しげな話であることは先刻承知で流布に励んでいるということなのか。もしかしたら一億総白痴化を目指す悪の秘密結社かなんかの陰謀なのではないか。こーゆー番組のスポンサーになってる企業は死ね死ね団なのではないか(笑)

 まあ、そんなシロモノを信じてしまうウルトラ馬鹿はそう数は多くないだろうが、怪しげな性格判断だのわけわかんない占い師だの、まさに「科学的根拠不明のマイナスイオンで胸がいっぱいだよ!」((c)田丸浩史)という状況の昨今のテレビメディアの酷さを見るにつけ、「こいつらオウム事件から何の教訓も得てないのな」という思いを強くしている。

 こういうものは「娯楽だから」などといって大目に見てはいかんのだ。

地下鉄サリン事件で、もう少しで被害者になるところだった俺としては本気でそう思うのである。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-06 14:51 | 奇妙な論理

WindowsのWMF脆弱性 パッチが出た

Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある
(912919) (MS06-001)
公開日: 2006年1月6日 | 最終更新日: 2006年1月6日


XPSP2で当ててみたが再起動が必要だった。サーバ関連は注意が必要だろう。

F-Secureの情報だと、これを利用したトロイの木馬が繋ぎにいくサイトをブロックしろ、となっている。
When curious readers follow the link to a web server under comcast.net, they are hit with a WMF file that immediatly downloads a botnet client via tftp and runs it. In case the WMF exploit wouldn't work, the front page of the site also contains an exploit against older versions of Firefox, using the "InstallVersion.compareTo()" flaw. The downloaded client will connect to a botnet hosted via several IRC servers.

F-Secure Anti-Virus detects the WMF exploit in question as Exploit.Win32.IMG-WMF and the downloaded trojan as Breplibot.Q. Abuse reports have been sent about the sites abused in this scam.

Administrators: you might want to block these at your gateways:
http access to playtimepiano[dot]home[dot]comcast[dot]net (do not visit this site)
tftp (ie. UDP) access to 86.135.149.130
IRC access to 140.198.35.85:8080
IRC access to 24.116.12.59:8080
IRC access to 140.198.165.185:8080
IRC access to 129.93.51.80:8080
IRC access to 70.136.88.76:8080


playtimepiano[dot]home[dot]comcast[dot]netには絶対アクセスすんな!とあるので、かなりヤヴァイ感じなんだろうーか。怖いもの見たさの好奇心を押さえて(笑)さっそくブロック。

ま、あまり意味はないけどな。

いずれにしても、この脆弱性、画像ファイルを開くだけで発動というかなり危険なシロモノなので、早急な対処が必要だと思われる。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-06 09:53 | 情報保護・セキュリティ

WindowsのWMF脆弱性

 年末に問題視されたWindowsのWMFの脆弱性問題であるが。

詳しくはこちらが参考になると思うが、MSがパッチを10日まで出さない(出せない?)とのことで、「んな悠長なモン待ってられっか」といっている方たちもおり、予断を許さない状況だ。

Windowsの脆弱性をめぐって異例の事態に--専門家が非公式パッチを推奨 文:Tom Espiner (ZDNet UK) 翻訳校正:坂和敏(編集部)2006/01/04 12:13
セキュリティ専門家らが企業に対し、WindowsのMeta File(WMF)に存在する脆弱性対策として、非公式のパッチを利用するように呼びかけている。

 Microsoftからはこの問題を修正する正式なパッチがまだ出ていないことから、ウイルス対策ベンダーのF-Secureと、セキュリティ関連のボランティア組織であるInternet Storm Centerはそれぞれ、企業に対して非公式なパッチを利用するように米国時間3日に促した。

 WMFの欠陥が悪用されると、悪質なスパムやMSN Messengerを通じて感染するワームなど、さまざまな攻撃を受けることになる。だが、Microsoftは自前のパッチを10日まで出す予定がないにもかかわらず、サードパーティー製のパッチは使用しないようにとしている。

(中略)

 「知恵を寄せ合って思い浮かぶ最善策がこのアドバイスだ。shimgvw.dllの登録を解除し、非公式パッチを使用して欲しい」(Liston)

 Microsoftの広報担当者は企業各社に対し、サードパーティー製アップデートの効果は保証できないので1週間待って欲しい、と述べている。

 「WMFの脆弱性に関しては、2006年1月10日にリリース予定のセキュリティアップデートをダウンロードし、適用することを奨める。独立系サードパーティー製のセキュリティアップデートは保証しかねる」(Microsoftの広報担当)

 セキュリティ専門家によると、WMFのエクスプロイトコードは、表面上は通常のJPEGやGIF、ビットマップファイルのように偽装されて送信されてくるという。そのため、通常のウイルス対策ソフトウェアやIDS(Intrusion Detection System)の署名ではスパム中にある悪質なコードを認識できず危険だという。
 俺も実証コードを試してみたが、リンクをクリックしただけでコードが動いてしまうのはひさびさの大穴という感じである。最新版のアンチウィルスソフトだと実証用のモノは確かに引っかかったが、亜種の類にどのくらい対応できるか不明。

 すでにインターネットのあちこちに仕掛けられており、メールの類でも飛び交っているようなので御用心。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-01-04 14:07 | 情報保護・セキュリティ