<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

JAXAのおじさんたち、よくやった。

「やった」研究者歓喜、睡眠削り成果…はやぶさ再着陸 読売新聞 2005年11月26日13時51分
日本の小さな探査機はやぶさが26日、3億キロかなたで大仕事をやってのけた。

 小惑星に再着陸し、岩石の採取に挑むという、世界に例のない離れ業。打ち上げから2年半余り、はやぶさを見守ってきた宇宙航空研究開発機構の研究者たちの間には、成功を確信した瞬間、笑顔と歓声があふれた。

 26日午前7時過ぎ、はやぶさが着陸態勢に入り、地上との通信が制約される時間帯に入った。息詰まる管制室。その緊張が解けたのは、8時40分ごろ。通信が全面回復し、管制室の画面に「WCT」という表示が現れた。岩石採取装置の作動を示す。「やった」「すごいね」。研究者たちの喜びは、インターネットを通じた管制室の中継で、世界中に伝わった。


 まだまだ帰途の問題が山積みとはいえ、とりあえずお喜び申し上げたい。

 ところでだ。

 祝賀ムードに水をさす様で悪いのだが、一部マスコミ-特にテレビ-でのヒドい扱いはどーゆーことなのか。

 11月26日、当日。

 成功を報じる読売夕刊一面をニコニコしながら眺めていた俺は、夕方のテレビニュースならJAXAの映像くらいやるだろうと思ってTBSのニュース番組をみていた。

 ええ、放送はしましたよ確かに。

十数秒のトピックス扱いで。しかもその直後、中国の宇宙飛行士を称える会の方を長々と取り上げるというわざとやってるとしか思えない編成で。

「中国様にはかないません」ってか? 有人飛行なんかより100倍スゴいちゅーねん!

 翌日曜日も惨憺たるありさま。

 日テレの徳光のニュースショーではビタ一文扱われず。
 はやぶさなんかよりも「野生の鹿が増えて困る」つーような話のほうが重大ニュースですか。

 隣でやってたTBSの関口の番組でも、最後の最後に「…成功したそうです。ではお天気…」。

ヤキューに喝を入れるほうが重要ですかそうですか。関口が無感動に読み上げてたバックでコメンテータの嘲笑らしきものが聞こえていたのは俺の空耳ですかね。

 死ねばいいのに。

 小泉首相は絶叫口調で朝青龍を称えていたが、その100分の1くらいの熱意を、自国の技術者たちに向けるくらいのことはできないのかねぇ?
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-28 09:54 | 一般の話題 | Comments(3)

はやぶさは着陸していた!

「はやぶさ」の第1回着陸飛行の結果と今後の計画について
以降、実時間での搭載各機器の状態の把握はできませんでしたが、探査機上で記録されたデータを再生した結果によれば、「はやぶさ」はまもなく、障害物検出センサが何らかの反射光を検出したため、降下の中断が適当と自らが判断して緊急離陸を試みたもようです。探査機自身で離陸加速を遂行するためには姿勢に関する許容範囲が設定されており、この時点では探査機の姿勢がその範囲の外にあったため、結果として安全な降下の継続が選択されました。その結果、「はやぶさ」は、着陸検出機能を起動しませんでした。

当初、「はやぶさ」は表面への着陸を行っていなかったと判断されていましたが、再生したデータによれば、「はやぶさ」はその後ゆるやかな2回のバウンドを経て、およそ30分間にわたりイトカワ表面に接触を保って着陸状態を継続していたことが確認されています。これは、近距離レーザ距離計の計測履歴や、姿勢履歴データから確認することができます。(資料-4)
そんなことじゃないかと思っていたんだ(笑)

う~ん、まあ、こりゃあ「タッチダウン」と呼べるかどうか微妙かもしれないが、いずれにしても3億キロ向こうの小惑星に着地して再度飛翔したつーのは大変なことだ。

萌える、萌えるよ「はやぶさ」タン!

松浦晋也のL/Dの「はやぶさリンク」:はやぶさ23日夜時点の現状、ミネルヴァについて によれば
・現在はやぶさは、時速4kmほどの早い速度で、イトカワに再接近しつつある。ただし、イトカワに近づけば精密な位置制御が必要となるので速度は落ちる。25日に第二回着陸が実施できるかどうかは、はやぶさをスタート位置に持ってこられるか、そして運用担当者達の体力が持つかどうかにかかっている
 俺には何もできないが、祈っておるぞ。リポDガブのみしてがんばってくれ
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-24 15:50 | 一般の話題 | Comments(0)

翼はまだ折れていない

 はやぶさに関してはノンフィクション・ライター松浦晋也さんの「松浦晋也のL/D」が詳しいので、毎日チェックしている。

 少なくとも三軸姿勢(制御)は復帰しているらしいし、11月22日時点の「今日のはやぶさ」でも、もう一回チャンスを狙っているようだ。

 イトカワへのタッチダウンの成功は俺も毎晩お星様に祈っている。だが、仮にそれがうまくいかなくても、既にかなりの成果を挙げたことは間違いないと思う。

 少なくとも科学技術上の成果という観点からは。

 タッチダウンミッション終了を待って、俺なりの感想はひとまず整理してみたいと思うが、この成果の評価というのはやはり中々に難しいものだなあというのが、今の漠たる感想だ。
 一般になされている報道から受けるであろう印象と、興味を持って見ている俺のような人間の印象との乖離といえばいいのだろうか。

 俺は個人的には有人宇宙探査なんざ犬に食わせてしまえと思っている人間なので、その「差」にいささか歯がゆい思いを抱いている。

ま、そのヘンの気分も含めて、今しばらくこのミッションを、一緒に楽しもうと思う。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-23 16:49 | 一般の話題 | Comments(0)

はやぶさ未だ死なず

11月10日の宇宙航空研究開発機構プレスリリース

内容を簡単に要約しておくと;

「4日の日の失敗の原因は、目標地点を見つける仕掛けが表面のあまりのデコボコのせいでうまく目標を分類できなかったからで、これはソフト的に対処した。
 はじめは自動操縦で降ろすつもりだったけど、故障のせいで操縦が難しくなってるので、地上から補助してやることにした。
 9日にちょっと試してみたら、これらの対処方法でうまく行きそうな按配なんで、4日の再チャレンジを12日にやる。
それでうまく行けば19日に本番だ」

ってところだ。

 まあ、とにかく応援してるのでがんばれ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-11 12:36 | 一般の話題 | Comments(0)

はやぶさ、いよいよリハーサル降下へ

 先日、友人と世間話をしていてふと出た話なのだが。

 友人「そーいや、例のほれ、なんだっけ、小惑星までいってる日本の…」

 俺「『はやぶさ』だろうが」

 友人「壊れちゃったんだって?」

 ぶち。

 俺「テメエ、はやぶさ萌えの俺様の前でそゆこと言うか!」

 どうも、
10月3日の姿勢制御装置の故障の件が一般新聞紙上で伝えられたが、その後のフォローがなかったのか扱いが小さかったのか、MUSES-Cは壊れてしまったかのような誤解妄言流言飛語が出回っているようである。

はやぶさは死んでいない。

「はやぶさ」の今後の運用について
「はやぶさ」は、既にお知らせしておりますように、本年7月31日および10月3日に、リアクションホイール(姿勢制御装置)3基の内2基に相次いで不具合が生じ、同ホイール1基とジェット(化学エンジン)による姿勢維持機能に切り替えて運用を行ってまいりました。この間も探査機の運用は正常に維持されてきています。

 帰還までの運用を完遂するためには、姿勢維持に必要な燃料消費量を削減することが必要です。このほど、新規に導入した制御策により、微小なジェットの噴射を精度よく管理して加える方法にめどがつき、帰還までに必要な量を確保できることが確認できました。本機能については、すでに軌道上の試験にて確認を終えています。このため、今後新たな機器の故障がないかぎり、帰還にいたるまでの運用は可能であるとの判断にいたりました。

 本年11月に予定していたリハーサル降下、およびそれに続く2回の着陸と試料の採取は、計画どおり実施する予定です。実施予定日は、

11月 4日 リハーサル降下
11月12日 第1回着陸・試料採取
11月25日 第2回着陸・試料採取
です。いずれも日本時間における日中に実施の予定です。なお、降下および試料採取の予定地点には複数の候補があり、今後変更となる可能性があります。その場合、実施時刻が最大6時間程度前後する可能性があります。


 無人探査機による小惑星のサンプルリターンという前人未到空前絶後の冒険に挑んでいる『はやぶさ』。リハーサル降下はいよいよ明日である。

----------------- 11/7追記
はやぶさライブより。
11/04: 本日の降下中止
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
本日予定されいていた降下は、GO/NOGO判断の際に異常を検知したたため中止となりました。ミネルバ放出、ターゲットマーカ放出も中止となりました。
残念。仕切りなおして再チャレンジを期待。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-03 12:38 | 一般の話題 | Comments(0)

東証、全銘柄の取引が停止

売買立会による売買の一時停止について
11月1日

● 売買立会による売買の一時停止について

下記のとおり、売買立会による売買を一時停止します。

記    

1.  銘柄  株券等全銘柄(ToSTNeT取引を除く)
転換社債型新株予約権付社債券全銘柄(ToSTNeT取引及び立会外取引を除く)
交換社債券全銘柄
2. 期間 本日午前9時00から当取引所が必要と認める期間
3. 理由 株券売買システムの稼働に支障が生じ、売買を継続して行わせることが困難であるため

(注)

  ToSTNeT取引については、通常どおり行われます。


8月29日のエントリジャスダック、システム障害で午前の取引停止でも書いたが、またしても本質的に停まってはいけないシステムが停まってしまった。 山田正紀の先見の明もたいしたものだ。

 現時点では詳しい情報が出てきていないので、本当に何があったのかはまだよくわからないが、月末でデータのコンデンスを行ったところ、プログラムとの不整合で動かなくなったらしい(他にも、プログラム自体の「格納場所」が変わったため-ライブラリの場所が変わったとかロードモジュールの差し替えを忘れたとかみたいな話なのか?-という記事もあり、どうもよくわからない。まあ、そのうちコンピュータ関連のマスコミが詳しい記事を書くだろうが)。

 今の時点では憶測で書くしかないが、実質3時間の停止で復旧し、翌日までに改修作業も行なえたということは、逆に言えばそれほど根深いミスではなかったということではないか?

 そう考えると、なぜテスト段階で引っかからなかったのかという点が気になる。プログラム単体のテストは当然だろうし、月末の定例作業ならば本稼動前に運用テストを行うのは常識の範疇だ。

 とすると、単なる運用上の齟齬や一本のプログラムの不良の問題ではなく、製造工程そのものに問題があることになり、同じことが再発する恐れすらあるのではあるまいか。

 他にもバックアップ体制など(「ソフトのバックアップはとれない」ってどういう意味なのか、少なくとも俺には意味がさっぱりわからない)疑問は尽きないが、まあ他山の石とするためにも(笑)、できるだけ詳しい情報開示が望まれる。

取引所で生じた主なシステム障害 [2005年11月1日/IT PLUS]

年月    障害の概要                                         取引所
1997/8  注文入力に伴うシステムの故障で、午前中の売買停止   東証
1998/11 株式、債券の先物、オプション取引がシステム統合の
        不調により1カ月間に計6回取引停止                 東証
1999/7  相場情報配信システムが一時停止                     東証
2000/12 東証一部1銘柄の前場での終値提示が30分遅れる       東証
2001/6  システム障害で新規上場銘柄の取引が一時停止         東証
2001/9  株式、債券の先物、オプション取引システム停止       東証
2002/11 証券会社との回線に障害発生                         大証
2003/11 マーケットメーク(値付け)システム障害で全銘柄
        が一時売買停止                                     ジャスダック
2005/2  大量の注文訂正・取り消しにより全銘柄が一時売買停止 ジャスダック
2005/4  気配値に関するプログラムミスで新規上場銘柄が一時
        売買停止                                           ジャスダック
2005/5  ヘラクレスへの新規上場申請受け付け凍結             大証
2005/8  プログラムミスで午前中、全銘柄の売買停止           ジャスダック
2005/11 全銘柄の取引が停止                                 東証

[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-02 10:48 | 電算機関係の話題 | Comments(0)

「異議あり匿名社会」キャンペーンに再び

 9月の集中豪雨で床上浸水の被害を受けた東京都中野区の約800世帯について、税の減免や受信料免除が受けられるよう、同区の担当課長が住所と氏名を都税事務所とNHKに提供したところ、「個人情報保護条例に違反した」として、今月24日付で訓告処分を受けていたことが分かった。都や指揮者からは疑問や批判の声が上がっている
読売新聞は、一連の「異議あり匿名社会」キャンペーンの一環で、29日朝刊でこのような「問題」を取り上げた。

元記事は残念ながらオンラインでは読めないようだが、紙面を読んで、俺はあいかわらず首を傾げてしまったのである。
ところが、受信料免除の申請書をNHKから送られた一部住民が「個人情報が勝手に提供されている」と苦情を寄せたことなどを機に、区議会で問題化
 あえて意地悪く取ると、けっきょく区民の苦情が元になっているわけである。「苦情が発生した時点でアウトじゃないのか」という見方もできる。少なくとも、「そういうことはイヤ!」といった人がいるわけだ。
 個人情報をそれぐらいセンシティブに、厳格に扱ってもらいたいというニーズがあることも見つめなければならない事実だと思うのだが、読売の記事は、処分はあくまでも批判されるべき「過剰反応」である、という立ち位置である。ちなみにその翌日も、この記事に対して肯定的な、すなわち処分は不当だとする読者の電話が寄せられた旨記事にされている。

 公平のために記しておかなければならないが、31日付夕刊では、当該記事に対する中野区側(田中大輔区長)の反論もいちおう掲載されている。また、俺が数日前に疑問を呈しておいた「異議あり匿名社会」キャンペーン自体が無署名記事ー匿名ーで行われている点も、29日付け解説面で社会部の小松夏樹氏の署名・顔写真付の記事として纏められており、読売新聞の姿勢は評価できると思う。

 ところが、他のソースも当たってみると、この読売の立ち位置そのものに疑問が生じるのである。渋谷区議会議員のおかの雄太氏のBlogにはこのような記事がある。
*この記事を書いた後、中野の区議会議員に事情をお聞きしました!
杉並では、NHKや都税事務所からの通知を、区役所の封筒に入れて、各世帯に送ったようで、名簿に関しては提供しておらず、中野では何故、杉並のような対応をしなかったのかという議論が、区議会であったようです。
またNHKは、受信料を減免するに当たっての通知に、「今後広報などで通知をする場合があります。」というような文言が入っており、名簿がどのように使われるのか(不払いの請求?)という不安が、住民にもあったようです。

この件に関し、中野の区議会議員の方は、新聞記事を、もう少し詳細に書くよう抗議したいと言ってました!
 読売紙上の中野区側からの反論にも、必要のない人の名簿まで提供してしまったとの発言もある。 
 中野区の豪雨被害につけこんで、国交省を名乗った悪徳業者が暗躍していたという話もあった。そのような事情を考えると、被害住民の情報の扱いが不適切だったという批判自体が間違いとする立場には一概には組できないのではなかろうか?
 役所の業務として不適切なやり方だった-少なくとももっと適切なやり方があった-という認識と反省に基づき粛々と処分を行ったことが、これほどに批判されなきゃいけないようなことなのか。「善意」に基づけば手段が「間違って」いても批判されるべきではない?

 社会部小松氏の解説記事は(個人情報保護法の)「全面施行から間もない混乱の中で、「とにかく提供しなければ責任を問われない」という「事なかれ主義」が横行している」と断じ、自治体・公務員の情報非開示にフォーカスした論旨である。この辺の論調に関しては、俺も「まあ、そういうことはあるだろうな」と思う。ただ、それがおしなべて「悪いこと」なのかどうか、という判断に関してはいまだ留保せざるを得ない。

 早い話が、読売のキャンペーンは俺にとってはまだ「説得力に欠ける」のである。

 以前にも書いたが、結局のところ「匿名社会」と読売が定義している<もの>がいったい何なのか、それがいまひとつはっきりとしない。
 公務員の責任逃れのための情報隠し=「匿名社会」なのだろうか? だとしたら、そんな大仰なネーミングで取り上げる大問題なのか? 「異議あり匿名社会」というからにはむしろ、「一部住民が「個人情報が勝手に提供されている」と苦情を寄せたこと」を掘り下げて考えるべきなのではないのか。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-11-01 10:21 | 奇妙な論理 | Comments(0)