カテゴリ:読んだり見たり( 62 )

『ARIA』をネタに「誠意をもった作り」についてちょっと。

昨日書いた、「『誠意を持った』作り」ということについてもう少し。

 引き合いに出して申し訳ないのだが『ARIA』という漫画と、それを原作としたアニメがある。

 ああああ。わかっている、わかってるのだ。『ARIA』はそもそもそういう風に観る作品ではない。俺もいちおう既刊のコミックスは導入篇の『AQUA』含めて全巻読んでいるし、アニメの方もほぼ毎週見ているのである。
 端正でかわいらしい絵とまったりしたお話を楽しめばいいということくらい理解している(最初に7巻一気読みしたときには、あまりのまったり感に途中でトリップしましたよ、あたしゃ)。
 嫌いな漫画ではないし、作品それ自体をケナす気は毛頭ない。このマンガは要するに未来版「三丁目の夕日」なんであって、柳田理科雄流のカガク的にどーのこーのというツッコミがヤボの極みであることは重々承知している。

 承知しているのだが、どーもねぇ。気になっちゃうのよ。

 端的にいえば、なぜ舞台が「テラフォーミングされた火星」でなきゃならないのか理解できないのだ。
 「温暖化が進行した未来の地球」でも「まったく別の星系の惑星」でもいいのではないか。いや、そもそもその方が無理がないのではないか。

 例えば、アニメ版「ARIA」の「その鏡にうつる笑顔は…」の回(関東では5月8日放送)に、主人公たちが深夜にお風呂に入るシーンがあるのだが、このとき窓の外にはポッカリと黄色いお月様が見える。

 大きさといい色といい、どうみても地球からみた月である。

 火星にそういう衛星がないことは小学生でも知っている。ダイモスに比べて大きくて火星表面に近いフォボスだって見た目の大きさはせいぜい(火星から見た)太陽の大きさの半分くらいのものだろう。んじゃあアレはいったいなんだ?…みたいな「余計なこと」を考えちゃうのだ。
 まあ、この回にはそもそももっとも大きな問題があり、せっかくのお風呂のシーンであるのに主人公たちはほとんど湯船に漬かりっ放しで肩から上しか見えないという演出上の致命的な欠陥が…って、これは話が違うな(笑)

 いわゆるSFではなくファンタジーなんだからそれでいいのだ、という大人の意見はわかるが、「なんでわざわざ無理のある設定にするのかなぁ」と単純に思うのである。無理目の設定でも、なんとかツジツマを合わせようという努力が見えればそれはそれで面白いのだが、なんの説明も無くいきなり火星の空にお月様を浮かべてしまうというのは、俺にとっては「誠実な作り」とは思えない。

 そりゃまあ、「あの月のように見えるのは実は低軌道周回してる太陽光集光用のレンズなのよ灯里ちゃん」みたいな話がこの後展開するのかも知らんが。

 別に『ARIA』自体が不誠実な作品であるといっているわけではない。だがわざわざ取り入れているSF的な設定やギミックが有効に働いているかという点では疑問である。重力や気候を制御して地球環境と同じにしているという設定がドラマ上に意味があると思えないのである。

「それなら舞台は地球でいいじゃん!」
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-05-09 14:09 | 読んだり見たり

攻殻機動隊SAC一気鑑賞

 黄金週間で時間が取れたので、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」と「2nd GIG」を一気再鑑賞を敢行。
 さすがに疲れたが、こういう濃ゆい作品は一気に見ないとわからない部分も多い。

 監督の神山健治氏はもともと「機動警察パトレイバー」と押井守版「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の間の時代の企画を持っておられたとのことで、士郎正宗原作よりさらに「現代」に近い設定である。

 そのせいなのか、技術水準上のツジツマに首をかしげる部分(こんなことが実現してる時代に、コレがこうなの?みたいな)はあるが、SFとしての「誠意を持った」作りになっているので、個人的には好ましく感じる作品である。

 まあ、衒学的セリフでの状況説明が多いのは、もう少しお話を単純にしてくれてもいいような気もする(音声情報で、「ショウイナンミン」が蜂の頭とか言われても字が思い浮かばんので一寸とねぇ…つーこと)が、「マイクロマシン」と「ナノマシン」の区別もついてないような「不誠実な」SFアニメも散見される中、ガジェットやギミックが、それとして機能しているのは快い。

 つまり見ているうちにこちらの想像力も刺激されるのである。

 個人的資質やバックグラウンドによるのだろうが、俺はアニメにしろ小説にしろSFというジャンルは好きだが、いわゆる異世界モノみたいなものはてんでダメな人間で、最近で言うと「ガラスの艦隊」なんてのは「なんで宇宙が舞台なのかわからない」という理由で入り込めないのである。また逆に、あまりにも現実から遊離しすぎた話を持ってこられてもダメで、ガンダムシリーズは素養としては目を通しているが、実際に好きなのはパトレイバーだったりする人間なんである。

 「攻殻」世界は、どうやって人間の記憶を<外部記憶>するのか?とかイロイロ追求したいことはあるが(笑)、その辺りの勝手な妄想の余地を含めて楽しめる作品である。「電脳」というガジェットは現実にある程度影が見えてきていることだし、「攻性防壁」あたりはすでに現実に論議になっている

 ちなみに、攻性防壁の描写の中でハードウェアを破壊したりするのはおかしい、と指摘する向きもあるようだが、かつて現実にハードを破壊するソフトウェアをいうのは存在していたらしい。現物を見たわけではないが、ハードディスクに故意にスラッシングを起こさせて発火させるようなイタズラプログラムの話をjargon fileで読んだような記憶がある。
 かくいう俺も丁稚時代に、ラインプリンタの制御コマンドを間違えてドラムを物理的に破損させたり、組み込み系の仕事ではバグでコンデンサから発火させたりという前科があり(笑)、まったくありえない話ではないように思う。
 そこまでいかずとも、攻撃元にDoS仕掛けたりウィルスを送り込むようなファイアウォールは現実にもう存在してるわけである。

 「攻殻SAC」の世界は今からおよそ20年後の2030年代だが、1980年代末のパトレイバーの設定年代が2000年前後だったのも10~20年後くらいというのが「近未来」のひとつの目安になっているということかもしれない。

 パトレイバーを今の目で見て、ちょっと無理があるのは「携帯電話」というヤツが登場しないあたりだが(初期OVAとTVシリーズくらいまでは車載の電話は登場するが、いわゆるケータイは出てこない。そういえばパソ通は出てくるがインターネットも出てこないね)、それ以外の部分は比較的違和感無く見られる。これは、世相風俗なんてものは10~20年ではそうそう変わらないが、通信メディアみたいなモノの変化と影響力の大きさ(ケータイがあるとないでは話が変わってしまう)を逆に炙り出しているのだと思う。

 そういう意味では実際の2030年にもう一回「攻殻」を見直してみて、自分がどういう感想を抱くのか楽しみでもある。

 そういやあ、今年は黄砂の被害が酷かったが、「ドミニオン」(マンガのヤツね)を思い出したのは俺だけだろうか。俺だけだな(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-05-08 18:04 | 読んだり見たり