カテゴリ:未分類( 3 )

都市の除染についてちょっと考えてみる

郡山市 表土除去作業前後の放射線量測定結果によると、軒並み50~70%、元々線量の高かったところは90%低減という顕著な結果が出ているようである。

 都市部の除染に関していえば、文科省流の「天地返し」などという実効面・コストパフォーマンスの点で大きく疑問符の付く方法より現実的な方策であることが強く示唆されたのではあるまいか。

 チェルノブイリから得られた知見で明らかなように、農地には農地の、都市部には都市部の対策を考える必要があり、土の持って行き場がないから「天地返し」で、みたいな場当たり的な対策では実行性がないと言わざるを得ない。

 今のところ確かに除去した残土の処理が問題になっているようだが、これはおそらく、下水汚泥処理と同じで「なんとかしないといけない」わけだから、類似の戦略が取れるのではないか。
 つまり単純には、沈殿-焼却でできるだけセシウムを濃縮回収して嵩を減らして、避難区域で人がいない場所にとりあえず保管するとか、俺がかねがね主張しているように、適切な固化を施した上で深海投棄なりとか、色々方法は考えられるはずだ(後者にはもちろんロンドン条約はじめとする縛りがあるので諸外国との調整が必要だろうが)

 いずれにしても、一回こっきりでコスト高な「天地返し」よりは現実的な解に近いと思う。

 都市部の除染と言うことでは、もうちょっと知見を集めるといいだろうと思うのは;

コンクリートやアスファルトの道路に対する除染で、例えばロードスイーパー(ブラシ式路面清掃車)はどのくらい効果があるのか(無いのか)。

 郡山の校庭除染では、コンクリート部分に対してロードスイーパーが一部使われたようだが、公表されている資料ではどの程度効果があったのかよくわからない。だが、おそらくある程度の効果は期待できる。
 またこれで効果が薄い場合には、通常の道路補修のリソースである路面切削機のようなものの利用も考えられると思う。
 たぶん、アスファルト道路は経年で摩耗していくので漸進的に表面に沈着した放射性物質ははぎ取られていくだろうが、そうすると再飛散で内部被曝というリスクもあるかもしれない。管理した状態で積極的にはぎ取ってしまうという手段は考えておいてよいのではあるまいか。

「デッキブラシでゴシゴシ」「高圧洗浄機でジャ-ジャー」にどのくらい効果があるのか(ないのか)

 文科省も「天地返し」の実験やってるくらいならこういうのもテストしてみるべきだと思うのだが。表面線量測れるサーベイメータでまず計測し、流水かけながらゴシゴシこすり、乾いた後に再度計測…である程度見通しが立つだろうと思う。

 予想では化粧レンガやタイルみたいな比較的なめらかな表面と打ちっ放しのコンクリートとかではかなり有効性が違うだろう。また、水とブラシだけではなくなんらかの洗剤(環境負荷の低いものに限られるだろうが)を加えることで効果を上げることは出来ないのだろうか。
 個人的には何かイイ感じの界面活性剤みたいなものくらいありそうなものだと思うのだが。この辺りは化学屋さんの出番だろう。

 福島県はじめもう既にやっている所は多数あるだろうが、チェルノブイリの教訓では、除染作業というのはコスト評価を行って優先度を付けないと大規模・継続的に行うことが難しいというものだった。
 例えば屋根の上の洗浄は便益(効果)はあるがコスト高なので優先度を下げる、みたいな判断が必要ということだ。
 そういった見通しを立てる為に、闇雲に洗うのではなく投下コストと得られたメリットを比較することは重要と思う。

逆にコンクリートで土壌を遮蔽した場合の効果は?

 容易に土が除去できない様な場合にはとりあえず遮蔽して被害拡大を防ぎ、本対策までの時間を稼ぐという手段も考えておくべきだろうと思う。そのままン百年放置というわけにはいかないだろうからあくまでも暫定対策だが。

 原発や核シェルタに使われている放射線遮蔽コンクリートとまでいかなくても、コンクリート製の建物の内部では外部からの放射線がかなりな程度遮蔽されることを考えると、おそらくこれもある程度の効果は期待できる(これの一番大規模なのがチェルノブイリの「石棺」だ)。少なくとも再飛散による内部被曝のリスクの低減は期待できる。

 公園の真横にコンクリートの駐車場でもある場合なら、公園はコンクリートで覆ってしまい駐車場として利用、駐車場側はコンクリートを剥がしてしまえば汚染されていない土が出てくるわけだから公園で利用というわけで万々歳なのだが、そう上手くはいかんだろうなぁ…。でも個人の庭で、小さなお子さんがいて…という場合には、遮蔽という手段は検討してみる価値があるかもしれない。

下水処理場の焼却処理によってどの程度キャッチできるのか(できないのか)

 「都市」を積極的に洗ったら、かなりの放射性物質が下水に流れることになる。現状の下水汚泥の資料からは、どの程度汚泥・焼却灰にキャッチできているのか・再飛散がどの程度起きているのかの収支がよく分からない。
 この間から書いているように、個人的には既存の減容機構で、セシウムのかなりの部分は回収できているのではないかと期待しているのだが、いずれにしてももっと詳細な調査は必要だろう。

 いずれにしても知見を集め、優先度を付けて手を打っていくという、ごく一般的なリスクアセスメントのサイクルに乗せることが重要だと思うのだ。

 そして俺は、そういう対応が出来て、又やるべきなのは、住民と対面している地方公共団体だと思うのである。
[PR]
by signal-9 | 2011-05-24 18:27 | Comments(0)

東京電力災害に関する備忘

 ブログの更新がピタっと止まっているのを心配した友人からメールが。
 大丈夫、生きてます。

 この震災と東電災のおかげで、仕事が先の見えない忙しさだし、ブログになにがしか書くような気分でもないのだが、備忘として。

情報:放射性核種(セシウム)の土壌-作物(特に水稲)系での動きに関する基礎的知見


  1. 土壌から白米への移行係数(白米1 kg当たりの放射能濃度/土壌1 kg当たりの放射能濃度の比)は0.00021~0.012で、土壌中のK濃度が高いほどCs-137の作物への移行が少ない傾向にあるとの報告もある

  2. 施用資材によっても移行係数は変化し、通常のNPK三要素を施肥した場合に比べK肥料を無施用で高くなり、堆肥施用で減少するとの報告がある

  3. .......φ(..)メモメモ カリウム系の肥料はある程度対処になるかも、つーことか。

  4. Cs-137とKはイネ体内では比較的類似した挙動を示す。作物に吸収されたCs総量のうち玄米に移行した割合は12~20%(津村ら1984)である。糠部分で白米より高い濃度にあることが知られており(Tsukadaら, 2002b)、白米のCs-137濃度は玄米に比べ30~50%程度低い

  5. 糠部分で白米より高い濃度にあることが知られており(Tsukadaら, 2002b)、白米のCs-137濃度は玄米に比べ30~50%程度低い

  6. .......φ(..)メモメモ 玄米より白米っと…。

  7. 可食部へのCsの移行が少ない場合であっても、稲ワラ等の非可食部の処理をどうするかは重要な問題である。例えば、イネの場合、白米とそれ以外の部位のCs存在比率は7 : 93との報告がある。非可食部の家畜への給与、堆肥化、鋤込み、焼却等の処理により再び放射性Csが食物連鎖を通じて畜産品に移行し、あるいは農地に還元される等の可能性がある。

  8. .......φ(..)メモメモ 「ひまわり植えて」…的な話と同じだな。燃やそうが腐らそうが消えないものなあ。


「137CSは土壌に定着しやすい」は確からしいが、都市部のコンクリートへの定着率はよくわからん。
「雨で流れる」という見解もあり、逆に「いやいやコンクリートとも結合しやすい」という見解もあり。
都内の環境放射線測定結果降下物(塵や雨)の放射能調査結果や、つくばの高エネルギー加速器研究機構核種分析を見る限り、ドライベント+雨の影響らしかった3月15日~3月23日頃ほどの量ではないにせよセシウムは降り続いているようだ。
少なくとも「都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果」のCS137の値を単純に積算すると、既に新宿には6600Bq/m2以上、CS137が降っているはずだ。空間線量にしてみれば微々たるものとはいえ、平野や山岳に比べれば物理的に構造が複雑な都市部だと吹きだまりとか汚水が溜まりやすいところなど、マダラにホットスポットができそうな嫌な予感もする。都市環境の場合、コンクリを直接喰ったり舐めたりするヤツはいないだろうし、草木も生えないので生物濃縮を心配する必要も無かろうが、呼吸による取り込みは気になるなあ。

Cs137はカリウムと似た挙動を示すらしいので;
カリウムを多く含む食品
WholeFoodCatalog.com カリウムの少ない食品
こういうのは押さえといた方がいいのかなぁ。

海の問題;
海産生物と放射能 ―特に海産魚中の137Cs濃度に影響を与える要因について―
日本近海における海水及び海底土の放射能調査
海産生物の濃縮係数
一時水産庁は「Cs137は魚類では濃縮されない」的な話をしてたが、見解、再検討だそうだ。
[PR]
by signal-9 | 2011-04-07 16:51 | Comments(0)

はやぶさ 「歓呼の声」への違和感。

 はやぶさの奇跡の生還を喜ぶ声が(少なくともネット上には)溢れているのは誠に同慶の至りだが、あちこちのつぶやきや書き込みを見るにつけ、どうも違和感を感じることがある。

 「はやぶさは最初から高度な冗長化システムを備えていた! 設計の勝利! 技術立国日本万歳!」

 例の「こんなこともあろうかと」動画の影響か、こんなことをつぶやいている人もいるが、そんな単純な話だったか?

 こんな笑えない笑い話があった。

 はやぶさの予算を聞いたNASAの技術者が、
 「えええ、探査機がそんな予算で作れるって!?」
 「…いや、探査機本体の開発費じゃなくてプロジェクト全体の予算なんですが」

Imamuraの日記 はやぶさ記者会見@相模原 2010.06.13によると、日経の記者から「日本企業の高い技術力についてどう考えるか/130億円は非常に安く、それでいて大きな成果を挙げている」という質問があったようだ。

 この質問に対する川口PMのお答えはこうだった;
ローコストについては冗長性がない技術的な挑戦は本来うまく転がるのが珍しい。うまい工夫は特にない。

冗長性がないものは幸運だったとはいえるが。

節約して成果を出せと言われても無理だ(断言)

はやぶさができたからローコストでできるじゃないかというのは違う

次もローコストでということを保証はできない
 俺の感じる違和感は、このやりとりに端的に表されている。

 どんなプロジェクトでもそうだろうが、収支は冷静に計算してみる必要がある。

 はやぶさは当初予算が少なかった。だから安く作らざるを得なかった。おそらくそのために当初計画したとおりに完遂できなかったミッションもあった(ミネルバとか)。
 合わなくてもよかったかもしれない危機に直面し、それをリカバーする分運用コストも嵩み、当初想定よりも三年も余分な運用期間=コストがかかってしまった…

 もちろん、苦労したことから得られた知見とか運用技術の蓄積は一概に無駄とはいえない。よくある常套句、「質的効果」ってヤツだな(笑)。

 ただその知見も、そもそも「そういうことにならない」にしておくことが初期段階から可能であるのならどうか。

 昔のテレビは写りが悪くなると叩いて直したりした。このたたき方がうまい/下手という「技術」は、後に生かせるものなのか? テレビを買い換えればいいじゃん!

 ああああ、判ってる判ってるよ。「太陽光圧利用してスピン安定させた運用技術はどうなんだよ!」とかツッコまれるのは判ってる。

 でもさ、

 例えば太陽電池パネルが可動式だったら。
 いやいやせめて通信用のパラボラだけでも可動式だったら。

 身も蓋もないことを言ってしまえば、そもそも予算が潤沢にあって、十全に準備ができていれば、はやぶさの旅はもっと大過なく過ごせた可能性が高いのである。

はやぶさチームによる、「はやぶさ」。苦しみながらも地球帰還へ、目下運用中。という資料(PDF)がある。
副題は「意地と忍耐と、神頼み」である。

15ページ「これまでのはやぶさの経験した困難と運用」には、リアクションホイール故障下での軟着陸、7週間通信途絶後の奇跡の復旧、光圧利用の姿勢制御、いわゆるニコイチでのイオンエンジン復活など、俺たちをアツくさせた運用の数々が振り返られているが;
誤解してはならない.これらは不具合である.
運がよい.蒔いた種を刈っている.不具合対策は次のミッションへの貴重な教訓であることを肝に銘じなくてはならない.
 初期投下コストの不十分さが結果的に「はやぶさの物語」を生み、感動を呼んだのだとしたらある意味皮肉なことではある。

 だが、無責任なネットの烏合の衆ならいざ知らず、天下のマスコミ様が「(こんなに安上がりで)成功させるなんて日本の技術はスゴイ!」という論調で「美談」に仕立て上げるのは、どう考えてもおかしいんじゃないだろうか。

 またそれらを受けて手のひらを返したように、はやぶさ:後継機「2」開発推進へ 参院本会議で菅首相 毎日新聞 2010年6月15日みたいな話を始める政治家もどうなのか。

 はやぶさチームが最後に神頼みせざるを得なかったのはそもそも何故か? 運用チームの激闘、そしてはやぶさの感動の物語を生んだそもそもの原因は何なのか?

 本当に報じ、考えるべきはその部分なんじゃなかろうか。
[PR]
by signal-9 | 2010-06-17 13:49 | Comments(0)