薄い建物

c0071416_134026.jpg

都内墨田区にある写真館である。

失礼ながらいささか煤ぼけた長い歴史を感じさせる味のある建物であるが、この建物の「真価」は真横に回ってみて初めて理解できるのである。
c0071416_1341020.jpg

薄っ!

裏口のドアから入ったらすぐに表のドアから出てしまいそうである。

 東京という街は良かれ悪しかれ中途半端に古い。
 きっちり碁盤の目上に整備された町の隣に、「すいません農道をそのまま利用しました」的な曲がりくねった街路の町が広がっていたりする。地価も高いし権利関係も複雑である。で、いきおい傍から見るとちょっと無理目な建物も目に付く。

 古い建物ばかりではない。
 もう一枚。こちらは比較的新らし目のビルなのだが。
c0071416_1341892.jpg

 角っこがバイク一台分の奥行きしかないところに10階建てのビルである。

 余計なお世話であるが、スワ大地震みたいな時にホントに大丈夫なのかなぁと心配になってしまう。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2008-07-02 13:11 | 町歩き
<< 明治珍聞:仙人対京都大学 覚悟のススメ。 >>