DotNetNuke - First impression-

遅ればせながら(つーか今頃かよといわれそうだが)、MSのオープンソースCMS、DotNetNukeをインストールしてみた。

入れてみて、ちょっと触ってみただけなので最初の感想以上の意味は無いのだが。

手元のPC(WinXPSP3 P4 3.5G / RAM500MB) +SQL2005 Express の環境に最初は4.7.0を入れてみた。
日本語のインストールガイドはdotnetnuke.jpにあるので、それを参考に進めたが、特に問題なく終了。
ただ、いわゆる簡単インストーラのタグイは付いていない。DBの設定やらフォルダの権限設定やら手動作業なのでちょっと面倒-はっきりいえば素人衆は躓くことがありそうな悪寒。

モノ自体はよくできている-というか、できつつある、という印象である。

基本的にフォームを用意してモジュール(コントロール)を配置してパラメータ設定という、ほとんどVBみたいな作り方。

いくつかのモジュールを貼り付けて簡単なサイトを作ってみたが「こんなに簡単でいいのかい」という程度の手間で、見栄えのいいサイトができる。NewsサイトのRSSフィード表示だの掲示板だのリンク集だのはホントに簡単。

「できつつある」というのは、けっこう問題にも遭遇したからだ。

まず最初に入れた4.7.0版であるが、ホスト設定で圧縮転送をONにした瞬間に画面が化け化け。おや、と思ったらいきなり例外を吐いている。
設定値に許されない文字がある云々であるが、そもそもこのエラーメッセージ、生のエラー情報をそのまま出しているみたいで意味がわからない(笑)
設定を戻そうにも管理者ログインもできなくなってしまったので始末が悪い。問題は設定値を格納しているであろうDBテーブルのどこかなんだろうが、どこが問題なのかわからないのでDB強制修正つーわけにもいかず。

オープンソースなんだからテメエで直せ、ということなのだろうが、そんな時間も無いので、いったんバッサリ4.7を全削除(爆)

で、今度は最新版の04.08.03をインストール。これもインストール自体は簡単に終了したが(二回目なんで慣れちゃった^^;)、使ってるうちにやっぱり微妙に問題に遭遇。

HELPモジュールを使ってコンテンツを追加していたのだが、キーが二重だとかやっぱり生の例外を吐かれてにっちもさっちも行かなくなったり、Text/HTMLモジュールに書き込んだHTMLの具合が悪かったのか、モジュールの編集が上手くできなくなったり(両方とも、結局配置したモジュールを削除してしまった)。

まあ、ちょっと触っただけなのでコッチの無知も大分あるのだが、現時点の印象としては、もう少し枯れてから手を出した方がいいかなぁ…というところだ。

実際に仕事に使うとなると、運用になるべく手がかからない(コンピュータ屋の手離れがいい)ということが(少なくとも俺にとっては)結構重要な条件なのだが、数時間触っただけで、例外を吐かれる場面に遭遇するのではチト怖い。
さらにいえば現時点ではドキュメントの大半が敵性外国語英語なので、それなりに読解しないと十分な情報が得られないのもちと不便。時間が解決してくれるかもしれないが、日本語の書籍などがもっと出てくれると手を出しやすいのだが。

普段はコンピュータ屋不在で運用できるつーのがこの手のシステムの(コンピュータ屋から見た場合の)理想だと思うのだが、現時点の完成度では運用の工数がけっこうかかるんではないかという印象。

そうはいっても、大筋「よくできつつある」先が楽しみなシステムではある。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2008-05-28 18:49 | 電算機関係の話題 | Comments(0)
<< 不快だ。 広瀬中佐の銅像(5) いくつか... >>