花粉症…今年はラクだ。もしかして効いたのか?

ここ数年、花粉症に悩まされ続けてきた。

「今年は去年のン倍」というマスコミの脅迫に戦々恐々としていたのだが、思ったほど酷くない。

いや、確かに目や鼻腔にかゆみは覚えるのでマスクは手放せないのだが、例年だと鼻水製造機と化し、マスク無しでは眠ることもできなかったのに、今年はさほどではないのである。

生活環境やストレスで症状が変わる、なんて話は聞くが、別に生き方を変えたわけでもなし。
周りの花粉症連中は例年通り重装備なんで、花粉が減ってるということでもないようだ。

となると、思い当たる節はひとつしかない。

広告禁止つーのがこのExciteのブログを選んだひとつの理由なんで、宣伝めいたことを書くつもりはない。
だが、例年と今年で大きく変えたのは、コレを飲み続けていることくらいなのである。

インターバランスL-92、これのタブレットタイプのものを去年の11月頃から毎日2~3錠。

前からヨーグルト味は好きだったし、ちっとは健康に気を使ってるというアリバイにもなるので、ヨーグルトドリンクは愛飲していたのだ。

だが、脂肪分とか糖分とかが気になるお年頃。錠剤の方がよかろうと試してみたのである。
60錠ボトル(約20~30日分)で標準価格2100円、安くは無いが、100円/日程度だからヨーグルトドリンクと大差は無い。

そしらたなんと、アラ不思議。冒頭に書いたように、今年は症状があまり酷くない。

いやいやいや。判ってる。
原因と結果の関係を誤認してる可能性はある。
いわしの頭も信心から、プラシーボで「軽くなったような気がする」だけかもしれないし、他に要因があるのかもしれない。

体質にもよるのだろうが、副作用らしきものもある。
乳酸菌は便秘解消のためにも使われてるくらいだから当たり前なのかもしれないが、ウンコがやわらかくなるのである(笑)。

タブレットなんで口に放り込みやすく、直前に飲んだことを忘れてしまい、うっかり推奨量の3倍の6錠飲んじゃった時には軟便どころか下痢(爆)
…ある意味便秘よりはいいかもしれないが(笑)

繰り返すが、俺の気のせい・勘違いという可能性はあるし、カルピスからビタ一文貰ってないし貰うつもりも無い。
クスリじゃないのだから劇的な効果があるわけでもない。
あくまでも「あれ、今年はラクなような気がするぞ」程度のことだ。

だが花粉症の辛さは身にしみてわかっている俺としては、もしかして同病の誰かの役に立つかもとの思いで、ここに報告しておきたいんである。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2008-03-26 12:59 | 一般の話題 | Comments(0)
<< PDFの連続印刷 新タワーネーミング全国投票 >>