「誤解を招く放送」

「倖田來未のオールナイトニッポン」内の発言についてのお詫び
去る1月30日午前1時からの「倖田來未のオールナイトニッポン」におきまして、パーソナリティ倖田來未の不適切な発言を放送いたしました。
配慮を欠き、誤解を招く放送をしたことをお詫びすると共に、深く反省いたします。
今後は、細心の注意をはらい、リスナーの皆様に喜んでいただけるような放送を目指します。
2008年2月1日 ニッポン放送
 俺は問題の放送とやらを聴いていないのだが。

「不適切な発言を放送」

確かにねぇ。これだけ反発を食らうということは「適切」とはいえん内容だったのだろうな。

「配慮を欠き」

ま、そうだったんだろうな。これだけ騒ぎになるんだから。

で、ワケがわからないのが「誤解を招く放送をした」という部分だ。

元放送を聴いていないせいか、まったく意味が分からない。

「誤解を招く」ということは、視聴者が「誤解」してるということなんだよな? つまりニッポン放送は、「視聴しているアンタたちの理解の仕方が間違ってるんだ」と言ってるのだと思うのだが。

何をどう「誤解」してると主張してるのだ、ニッポン放送は?

「視聴者の理解は誤まった理解だ」と主張するのなら、真意なり正しい理解なりを示すべきなんじゃなかろうか。

と、まあ、ささいな揚げ足取りであることは承知だが、ど~も「定型文」に見えて仕方ないな、この手の「謝罪文」は。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2008-02-05 13:28 | 奇妙な論理
<< 明治珍聞:牛込の謎の大穴 東京の「大雪」 >>