『鉄腕アトム』もハリウッド映画化だって。

実写版『ドラゴンボール』に続き、『鉄腕アトム』もハリウッドで、だって。

Exclusive: AstroBoy Concept Art and Director Interview , FirstWrong.Net Alex Billington Nov 12,2007

 製作に当たるColin Brady(PixerやILMで働いてたアニメ監督)、のインタビューを読むと
ぼくはアニメの力にとっても引き付けられてるんだけど、アメリカ製のはつまらないものばっかりだ。『アトム』はアクションとハートにあふれたイコンだ。『アトム』はいうなれば「ダークなピノキオ」だ。だけどピノキオとは違ってアトムは決して生身の人間になることはできないんだ。
なんとなく「判ってる」ヒトだとも思える。デタラメな原作レイプにはならないという期待ができそうだ。

もっともこのコンセプト・アートをみると、
c0071416_10265383.jpg

 ヤな予感を感じなくも無くもないが。
 彼がいってるのはあくまでも「AstroBoy」なんであって、それをアトムと同一視するのは、ある意味では危険なのかもしれないな。

 まあ、CGIアニメなので『実写版』と言われるより遥かに安心だし、幸いにも我々は既に『デビルマン』ショックを経験済みである。もはや何が来ても怖くは無いぞ(笑)

 …しかし、ハリウッドもよっぽどネタがないんだねぇ。「キム・ポッシブル」みたいなものの方がハリウッド映画化はしやすいと思うんだけど。

----訂正
↑と書いたのだが、よく考えりゃあ「キム・ポッシブル」なんて映画化されてないわけはなく、wikipediaによるとKim Possible: A Sitch in Time (2003)Kim Possible Movie: So the Drama (2005)と、もう劇場版があったのだな。知らなかった-つーか別に知ってる必要もないが(笑)。

 もっとも、あのキャラ設定なら、むしろ実写版に馴染みやすいような気もするけどな。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-11-16 10:29 | 一般の話題 | Comments(2)
Commented by Mr.T at 2007-11-19 15:29 x
Mr.Tです、こんにちは。
#ドラゴンボールは、すでにわけわからんモノになってしまっているので、ポイなんですが。
で、くだんの絵を見る限り、かわいくないのでポイ(笑)
あの、なんちゅーか、「だいたいソレっぽければOK!OK!」
みたいなところが見えてるような気がして、仕方ないです。
Commented by SIGNAL-9 at 2007-11-20 14:11
毎度です。

アトムって、両性具有的なトコが魅力のひとつだと思うんですが、なんかこのイラスト、妙に攻撃的なんでちょっと不安ですね(笑)

まあ、見てないうちにアレコレいうのもナンなんですが、「ドラゴンボール」は僕もスルーだろうなぁ。
<< 絵馬:青雲の志 「大ロボット博」を見てきた。 >>