SELENE記念:お月様ぐるぐる

 月周回衛星「かぐや(SELENE)」 の観測ミッションも間近に迫った今日この頃、成功を祈念してお月様をグルグル回してみたくなった。

 そんなのグーグルに任せておけ、という当然のご意見には目をつぶりつつ、OpenGLでちょこっと作ろう…と思ったのだが、この手のプログラムは作例がたくさんある。
 C#の"Planet 3D"とか、いろいろよさげなものがあるのだが、俺いきつけのOpenGL系有名サイトsulacoにJan Horn氏の"Earth at Day and Night"というプログラムがあった。

 探せば必ずあるんだから、自分で何か作ろう…なんて意欲も失せるわな(爆)

 ダウンロードファイルにEXEとソースが付いているので説明の必要もないと思うが、

スペースキー:「昼」のテクスチャと「夜」のテクスチャを切り替える
矢印キー:回転の方向を変える
PageUp/Down:ズームイン・ズームアウト
ESC:終了

である。

 Delphiのソースが付いているので、Delphi使いは自分で直せばいいのだが(D6だとNULL定数を使ってた二行直したらそのまま再コンパイルできた)、EXEだけでもテクスチャーを差し替えるだけでグルグル回せる。
 具体的には、imageディレクトリにある、earth.jpgが昼の分、night.jpgが夜の分なので、コレを自分で用意したJPGファイルに差し替えればいい(ファイル名はハードコードなので、名前はそのままearth.jpg、night.jpgで)。

 さて、かぐや記念ということで、月面のテクスチャを探してみたら、こちらのサイトにあった。さすがに月の「夜」のテクスチャは見当たらないので-真っ暗だろうから当然だが-クレータのはっきりしたのと、普通の奴のJPGファイルを二枚、それぞれearth.jpg,night.jpgと名前をつけて保存して(画像サイズはそのままで大丈夫)、"Earth at Day and Night"(Globe.exe)に食べさせてみたのがこちら。
c0071416_151034.jpg

 まあ、カガク的精度とかはむむむむむの世界だが、雰囲気は出ていると思う。

 かぐやの成果として、もっと精度の高いテクスチャ・データが得られるだろう。そのデータを使った色々な作例が登場するのが今から楽しみではある。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-10-31 15:14 | 一般の話題
<< 「大ロボット博」を見てきた。 「ツールバー」 >>