自動改札障害の事故原因が判明

【自動改札障害】事故原因が判明、「データ分割時の特定量」で読み込めず (菊池 隆裕=日経コンピュータ)  [2007/10/15]
2007年10月12日に発生した、首都圏における自動改札機トラブルの原因が判明した。自動改札機を運営する関東ICカード相互利用協議会、PASMO協議会、JR東日本が、10月15日に発表したものである。

 日本信号製のICカード読取装置を搭載した自動改札機におけるプログラムに不具合があったことは先週の段階で分かっていたが、今回は具体的な不具合個所を公表した。発表によると、「ネガデータ」と呼んでいる不正カード情報を自動改札機に配信する際、データ量によって2分割することがあるが、この際に「データ量が特定の値である場合」について読み込みができなくなるものだったという。10月12日の朝は、ちょうどこの「特定の値」になってしまったという説明である。本来は元データを分割したいことを理解して実行すべき処理が実行されず、読み込み不能になったようだ。
 ふぅむ。

 詳細はわからんが、単純には大小判定、ポール・フェンスみたなバグなのかなぁ。

もし (データ量) > 値n ならば
   分割して読み込む
あるいはもし (データ量) < 値n ならば
   分割しないで読み込む

で、たまたまデータ量=nだったのでロジックをすり抜けた、みたいな。いや、実際にはこんなバカ単純なモノではないだろうが。

しかしそれにしても、システム共用してるとイザというときの影響範囲はでかいなぁ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-10-17 12:22 | 情報保護・セキュリティ
<< 日本のSF50年 本日は一発ギャグ。 >>