新東京タワーのデモを見てきた

 2011年度開業を目指している新東京タワー、10月6日に地元墨田区の有志らによる、そのデモンストレーション「光タワープロジェクト」が実施された。
 計画では高さ610メートル、建設予定地に設置したサーチライトでそのイメージを夜空に描こうというものだ。

 ちょうど近くに出る用事があったので、事のついでに見物に出かけることにした。

 上野から地下鉄銀座線で浅草駅に着いて、さてどうしようかな?と一瞬考えた。
 このまま東武伊勢崎線に乗り換えて一駅、業平橋までいってもいいのだが、歩いても大した距離じゃない。駅のそばの吾妻橋から建設予定地まではほぼ一本道なのだが、頭の中の地図では、ねらい目は上流の言問橋の方なんじゃないかと思っていたのだ。

 アノ橋は、建設予定地までほぼ直線の道路になっているので、けっこうイイ感じに見えるんじゃないかしらん、と思っていたのである。
c0071416_10463268.jpg
 で、これが言問橋の端の墨田公園(台東区側)からの写真。堤防の上から撮った。建設予定地とは直線距離で約970メートル。

 言問橋を渡って、対岸の牛島神社境内。
c0071416_10464250.jpg

 ここで大体730メートルくらいの距離である。
 このあたりまでくると、仰ぎ見ないと先端が見えない。

 さらに300メートルばかり歩いた向島三丁目の交差点あたりでは、首が痛くなるくらい仰ぎ見ないと先端が見えないほどだ。ほとんど覆いかぶさらんばかりの摩天楼が聳え立つことになりそうだ。
 軌道エレベータの幻想が頭を過ぎった(笑)

 つづいてほぼ足元の業平橋から。
c0071416_10465712.jpg

ここで大体350メータくらいだろうか。俺の安物カメラではもはや全体像を捕らえることは不可能だった(笑)

 観光ルートとしては、浅草からのアクセスというのもひとつの流れだと思うが、この言問橋ルート、視界をさえぎるビルも比較的少なめであった。
 今回のデモで実感できたのだが、吾妻橋の方からだとアサヒビールタワー(いわゆるウンチビル)と墨田区役所が邪魔で見えにくいのである。完成の暁には、墨田公園沿いに川上に遡って言問橋からアクセスするようにするといいのではないだろうか。

 ま、それもこれも出来てからの話である。

 根強い不要論もあると聞くが、見物に出てきていた近所のおじちゃんおばちゃんの井戸端会議を漏れ聞いたところでは『はやくできればいいのにね』というのが結論だったようだ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-10-07 10:50 | 町歩き | Comments(0)
<< 本日は一発ギャグ。 江戸博へのツッコミ-その後。 >>