レトロムービーコレクション

WHDジャパンからレトロムービーコレクションと題して、その筋なDVDが廉価に出ていたのだな。
 一般店頭には殆ど並んでいないので気がつかなかった。不明を恥じる次第である(…恥じるほどのことなのか?)。

 レトロムービーコレクションの紹介によると、中々愉快なラインナップである。
 さっそく何本か購入してみた。
  • "吸血鬼ノスフェラトゥ 新訳版" ¥ 500
  • "カリガリ博士 新訳版"  ¥ 500
  • "巨人ゴーレム 新訳版"  ¥ 500
  • "ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 新訳版" ¥ 500
  • "金星ロケット発進す" ¥ 780
  • "地球最終戦争" ¥ 780
  • "美人モデル 惨殺の古城" ¥ 780
  • "宇宙からの侵入者" ¥ 780
  • "血のバケツ" ¥ 780
  • "火星探検 ロケットシップX-M" ¥ 780
  • "猟奇島" ¥ 780
  • "狼男 謎の連続殺人" ¥ 780

 これだけ買っても1万円でお釣りがでるのだからうれしいではないか。

 『ノスフェラトゥ』や『カリガリ博士』、『生ける屍の夜』『金星ロケット発進す』あたりは当然(当然なのか)既に持っているのだが、比較の為に購入。

 バラツキもあるが、画質的には「そういうことは聞かないで」レベルである。500~780円でそういう無粋なことをいってはいけない。この手の作品を21世紀に字幕つきのDVDで見られるというのは、感謝こそすれ非難するようなスジアイではないのである(笑)

 うれしかったのは『猟奇島』。なぜかコレ、完全に見逃していたのだ。いや、もちろん作品としては知っていたのだが、俺的ベスト10に必ず入る『キングコング』と縁浅からぬ作品なのに、何故か今まで見る機会がなかった。俺的には幻の一本だったのだが、ようやく見られた。
 秀作である。この一本だけで完全に元を取った(笑)

 おまけに、まったく期待感なしだったのに拾い物もあった。『地球最終戦争』
 映画総体としてみると、まあ、アレな感じなのだが、クロード・レインズの怪演には一見の価値がある。『日本沈没』小林桂樹の田所博士と並び、マイ・フェイバリット博士入り決定。考えてみりゃあレインズのデビュー作『透明人間』もマッド博士モノではあるが、こっちの博士のキれ具合も(脚本のデタラメさと相まって^^;)非常に萌えるものがある。

 こういう映画を廉価に出してくれるトコロがあるのは、非常に喜ばしい。願わくば今後共かんばって欲しいものである。買い残した分も、鑑賞が追いつき次第順次購入してやるから(笑)

 さて、映画関係ではこんなニュースも。
 もっとも感動した映画ランキング発表 - 英HMV調査 マイコミジャーナル 2007/09/16
英HMVが来店客を対象に行った調査で、「もっとも感動した映画」は1994年公開の『ショーシャンクの空に』であるとの結果が出た。この調査は2,000以上もの作品の中から、もっとも感動した映画に投票してもらうというもの。僅差で『シンドラーのリスト』、『フォレスト・ガンプ ~一期一会』が上位3作にランクインした。
  1. ショーシャンクの空に
  2. シンドラーのリスト
  3. フォレスト・ガンプ/一期一会
  4. 素晴らしき哉! 人生
  5. リトル・ダンサー
  6. ブレイブハート
  7. グリーンマイル
  8. エリン・ブロコビッチ
  9. タイタニック
  10. スター・ウォーズ ジェダイの復讐
『素晴らしき哉! 人生』を挙げるヤツはフランク・キャプラの中でも一番出来の悪いものを何で選ぶのかとか『タイタニック』選んだやつは映画観る資格なしとか色々不穏な個人的思いはあるが(笑)、まあ、この種のランキングというのに、異論反論オブジェクションしても意味がないのは重々承知だ。しかし、そもそも「もっとも感動した」という基準がよく判らない。「泣ける」みたいな話にしちゃあ『ジェダイ』が入ってるのが何故という気はするし。『ブレイブハート』が入ってるあたり、エゲレスらしいランキングといえばらしいけど。
 曖昧な基準でヒトククリにしてランク付けつーのは無茶なような気もするがねぇ。

 よく思うのだが、この手のランキングって、もしかして「この映画が好き」じゃなくて「この映画が好き、と言ってる自分が好き」ランキングなんじゃねぇだろうか。「ああ、泣いちゃった。こういう名画で感動できるあたしってなんて心が純粋でゲージツ的なんでしょう」みたいな(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-09-18 14:41 | 読んだり見たり | Comments(2)
Commented by 和菓子 at 2008-03-23 16:34 x
私もよくここのDVD買います。
ホント凄いですよね。
日本も少しいい国になってきた感じのメーカーさんですよね。
感謝はしませんが愛情はありますね。
Commented by SIGNAL-9 at 2008-03-24 10:44
コメントありがとう御座います。
"カルトムービーコレクション"と名前を変えて、リリースが続いているようで喜ばしい限りです。
最近だと「火星から来た デビルガール」なんか買ってみましたが、コレが21世紀の今、字幕つきでみられるとは思いませんでした(笑)

勝手な嗜好でいうと、50年代のSF・ホラー映画が好きなんで、そっち方面が手厚く出てくれるとうれしいんですが。
<< リアル志向動物看板 「5分の充電で800km」新キ... >>