お花見。

 散歩がてら晴れ間を盗んでの花見としゃれこむことにし、上野駅に降り立った。

 といっても、お山の上はどうせエライ混雑だろう。
 ふと思い立って、隅田川までぶらぶらと歩くことにした。

 お山のへりを鶯谷方面に向かっていくと、線路沿いに桜並木がある。
 残念ながら車道沿いで、工事車両やら配送トラックやらが停まっており、色気の無いこと夥しい。が、桜自体は見事に満開である。
c0071416_13553799.jpg

 花のトンネルを脇に見て、東に向かう。

 松が谷の秋葉神社のお隣、下谷南公園では、ご老人たちが桜なんぞには目もくれず真剣な面持ちでゲートボールの練習をしていた。
c0071416_13555165.jpg

 ちなみに桜に囲まれた中央の建物が公衆便所なのがちょっとアレだが(笑)、かつて痛ましい事件の発生現場であったことを忘れさせるのどかな風景である。

 こちらは浅草の国際通り(いや、今はビートたけしに因んで『ビート・ストリート』と呼称するのか。ンな呼び方してる奴にはついぞお目にかかったことがないのは『E電』と同じだが)にあるお寺さんの入り口である。
c0071416_1356291.jpg

 さすがに手入れの行き届いた見事な桜。眼福眼福。しかし場所がお寺さんだけに、お坊さんたちの間ではかような会話が交わされてるかも。
「明珍殿、桜が咲きましたな」
「おお、咲きました見事に。…しかし明日ありと思う心の仇桜。永久に命のあらぬものかは、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…」
 せっかく咲いた桜も散ってしまいますな。

 浅草寺には桜自体があまり無いし、表側の仲見世も人手がスゴイ。
c0071416_13561436.jpg

 裏手の方がイイ感じであった。さすがに茣蓙広げてドンちゃん騒ぎつーわけにはいかない風情であるが。

 隅田川べりは東京では有数のお花見の名所であるが、まさか御神輿まで出ているとは思わなかった。
c0071416_13562689.jpg

 思ったほどの人手ではなかったが、言問橋の上からざっと見渡したところ、腰を落ち着けて見るのはちと無理そうだったので華麗にスルー(笑)

 向島に渡り、勝海舟の銅像の前でアガリ。
c0071416_13563682.jpg

 いやあ、やっぱ桜はいいわ。
 これで花粉症なんて下らないシロモノと季節がカブってなきゃあ最高なんだが。マスクしながらじゃぁ喜びも半減てぇものだわな(苦笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-04-09 13:59 | 町歩き | Comments(0)
<< 都知事選雑感 地上の橋 >>