地上の橋

 最近は建築資材置き場兼喫煙者のたまり場みたいになっちゃている秋葉原公園であるが、その脇にある『佐久間橋』の痕跡は知ってる人も多かろう。
c0071416_1441728.jpg

 秋葉原にかつて貨物駅があったころ、貨物の積み下ろしの為に神田川から引き込んだ掘割(舟堀)があった。
c0071416_14435823.jpg

 ヨドバシアキバのあるあたりは昔、ちいさな港だったわけである。その掘割に架かっていた佐久間橋の名残がこれだ。

 ところで、この掘割には実はもう一本橋が架かっていたらしい。
 毎度おなじみ『新撰東京名所図会』神田花岡町の項から。
秋葉橋
 元秋葉原の東南隅にありて、神田川より鉄道会社貨物取扱所構内に通つる掘割に架し。明治二十五年十一月の新築なり。

佐久間橋
 秋葉橋の南に架す。即ち佐久間川岸通りに存り。
 この『秋葉橋』の正確な位置は調べきれていないが、佐久間橋の北、秋葉原の東南隅ということは、今で言うとヨドバシカメラの南側の入り口あたりだろうか? この橋の痕跡も佐久間橋のようにいずこかに残っているのだろうか。

 さて。

 このような今は消えてしまった橋というのは、東京の下町には多い。
 地名に『橋』が付いている場所には、大抵実際に橋があったわけである。川だの掘割だのがあちこちにあったのだ。

 最近は観光スポットにもなっている、厨房道具で有名な『合羽橋』
 合羽橋本通りと道具街通りの交差点が「合羽橋」交差点であるが、昔ここには新堀川という川が流れていて、そこに橋が架かっていた、と『東京の橋ー生きている江戸の歴史ー』(石川悌二、昭和52年)にある。

 同書によれば、元々名前も無いような橋だったらしいが、近くにあったお寺に因んで俗称『清水寺(せいすいじ)橋』とも呼ばれたとの由。一説には、この橋のそばに合羽を売る店があったので合羽橋となったそうな。合羽橋の語源に関しては諸説聞いたことがあるが、この説は寡聞にして知らなかった。
c0071416_14413686.jpg

 そういえば、道具街通りと浅草通りの交差点(コックさんの巨大ディスプレイで有名なニイミのある交差点)の名前は『菊屋橋』、そこを渡った通りの名前がずばり新堀通りである。
 かつて掘割があって橋が架かっていたことを思い起こさせるものは現在では何も見当たらないが、名前だけは残っているというわけだ。

 合羽橋や菊屋橋は地名にその名残をとどめるだけだが、秋葉原の佐久間橋跡みたいに、物理的な痕跡の残っている「地上の橋」が大量に残っている場所もある。

 台東区にある『山谷掘公園』である。

 この公園、地図で見ても妙な形で、長さ700メートル以上に渡る、『紐状の公園』である。
 「上流」の方では幅5~6メートルしかないウナギの寝床状態。おまけにせっかく整備して水が流せる親水公園っぽいつくりにしてあるのに、墨田区の大横川親水公園あたりと違い、水なんかビタ一文流れていない。

 他人事だが、素人目にはすっげー税金の無駄遣いのように思えるのだが。台東区民は怒らないのかねぇ。

 『新撰東京名所図会』によると;
 山谷掘は日本堤外を東流する溝渠にして、石神井用水たる根岸川の末流なり。眞乳山の北に至りて隅田川に注ぐ。彼の吉原に赴く遊蕩子が昔時猪牙船(ちょきぶね)を入れしは此川なりなす。

 名所図会によると、猪牙船(ちょきぶね)という奇妙な名前の由来はこういうことだそうだ。
 この船は「押送りの長吉」という人が発明したのだが、その高速性に目をつけた浅草橋附近の船宿の主人が建造を依頼した。つまり本来は長吉船なのだが、その外観が猪の牙のようだということで、猪牙船(ちょきぶね)と呼ばれるようになったのだと。
 素より小艇なれば動揺すること甚しく乗り方にも口傳ありたりとぞ。「ほととぎす猪牙で猪の目の揉心」とは七代目團十郎の名句として傳ふる所なり。文化文政の頃は其の数最も多かりしが、明治以後は著しく減少し、十五六年頃は十五六隻ほどに減じ、今日(引用註:この本は明治41年発行)にては全く其の影を見ず。
 一時は「今戸橋上より下を人通る」と詠われるほど利用されたらしいが、明治にはすっかり姿を消してしまったということだ。

-------追記
 その後、ちくま学芸文庫の「昭和の東京」(小松崎茂)を読んでいたら、昭和初期の小松崎茂のスケッチに、隅田川に係留してある猪牙船が描いてあるのを発見した。
 つまり猪牙船自体は少なくとも昭和初期までは利用されていたらしい。
 余談だが、さすがに後年メカもので名を馳せる小松崎画伯のスケッチ、猪牙船の構造が一目瞭然である。
-------追記

 『東京名所図会』所載の坪川辰雄撮影の二葉を引用しておく。

 「山谷掘の入り口」
c0071416_14422493.jpg

 「今戸橋より金龍山下瓦町」
c0071416_1442386.jpg


 写真を見る限り、確かに明治期には寂れた感じであったようだ。

 この山谷堀も徐々に埋め立てられ、永井荷風の「日記」(昭和10年10月)によると
 新築の今戸橋際より山谷堀の北側に沿いて歩む。堀は四五町行きたるところに尽き、其先は土管にて地中に埋められたり。堀には新築の橋多し。第一は今戸橋、第二は聖天橋、第三は吉野橋、第四は正法寺橋、第五は山谷掘橋、第六は紙洗橋、第七は地方新橋、第八は地方橋、第九は日本堤橋にて、堀はこの下より暗渠となるなり。
 「新築の」というくらいで、荷風が山谷掘で見た橋はほとんどが大震災の復興事業で架け替えられたものだったのであろう。例えば今戸橋は大正15年の竣工である。

 荷風が見た頃にはまだ堀があった。いや、つい最近まで堀は残っていたのである。
 昭和40年末期頃に俺はこの近所にけっこう頻繁に出向いていたのだが、今戸橋の下はバリバリの川だったし、隅田川には水門があった。山谷掘が完全に埋め立てられたのは昭和50年代前半と記憶している。

 その名残として今でも一部の欄干が残されている。

 これは第一の橋の今戸橋。
c0071416_14431542.jpg

 これは第三の橋、吉野橋。
c0071416_1443386.jpg

 今戸橋や吉野橋の痕跡に比べると大分こじんまりとした第五の橋、山谷掘橋。
c0071416_14425169.jpg

 そしてこちらが第六の橋、紙洗橋。
c0071416_14423872.jpg

 この石柱の横には一枚の銅版がはめ込まれている。
c0071416_14441088.jpg

紙洗橋来歴

本橋ハ帝都復興事業トシテ改築シタルモノナリ
一 起工 昭和四年七月
一 竣功 昭和四年九月
一 工費 壹萬貮千圓

東京市
 荷風がそぞろ歩いた頃には新築も新築だったのだろうなぁ。今やかなり想像力を働かせないとその面影を偲ぶべくもないが。

 今もなお 柳散るらん山谷掘  子規
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-03-28 14:51 | 古い話 | Comments(0)
<< お花見。 差異の無い相違は相違ではない2 >>