HAL実用化

高齢者の生活支援、着るロボ家庭に──大学発VB・大和ハウス、来年にレンタル・販売(2月15日)日経ネット関西版
人が着用して手足の動きを助ける「ロボットスーツ」が実用化の段階に入った。開発に成功した筑波大学発のベンチャー、サイバーダイン(茨城県つくば市)が大和ハウス工業と提携し高齢者の生活支援用などに年400体を量産、2008年からレンタル・販売を始める。大和ハウスは利用者のバリアフリー住宅なども開発する。ロボスーツは工場用の開発も始まり、少子高齢化時代の新しい産業となりそうだ。

中略

サイバー社は調達資金で今秋までに量産設備などを整備したうえで、来年にも大和ハウスの営業網を活用し個人の生活補助や福祉施設のリハビリ用にレンタルを始める。料金は年産400体の時点で月6万―20万円。大和ハウスは同じ時点で、1体50万円程度での販売を目指している。
50万…買える。

 身近に要介護者がいるので切実なニーズがある。マジで買っちゃってもいいかもな…のだが、多少不安もある。
 例えば「防水」なんてどうなってるのだろう?

 介護のときにツラい作業のひとつが入浴。
 専門の、介護浴槽などを用意できりゃあいいのだが、なかなかそういうわけにもいかない。で、湯船にジャブジャブ入って、補助してやって…つーのがけっこう腰にクルんである。

  HAL-5スペック表によると、「屋内外日常生活環境」で使用可能らしいが、湯船にジャブジャブとは言わないまでも、ある程度の防水は完璧に行っておいてほしいものだ。風呂場みたいな水周りで使ってるときに、万が一にも漏電なんかしたらエライことになるだろうから。

 とはいえ。

 不謹慎ながら単純に物欲をそそられるわな(笑)

 そういや以前取り上げたトヨタの計画はどうなったんだろう。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2007-02-15 18:00 | 一般の話題
<< 木曽高生が斬新な研究発表 秋葉原-「伝説」に関するとりあ... >>