47氏有罪判決に思う。

ウィニー開発者、有罪・罰金150万円…京都地裁判決 2006年12月13日 読売新聞
ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発、インターネットで公開し、ゲームソフトなどの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助罪に問われた元東京大大学院助手金子勇被告(36)の判決公判が13日、京都地裁であった。氷室真裁判長は「(ウィニーが)著作権侵害に利用されていることを明確に認識、認容しており、独善的かつ無責任な態度に対する非難は免れない」と違法性の認識を認めたうえで、「インターネット上で著作権侵害の状態を生じさせることをことさら意図したわけではない」として、罰金150万円(求刑・懲役1年)の有罪を言い渡した。被告側は控訴する。
 「包丁が殺人に使われたら、包丁職人がタイホかよ?」と揶揄する向きもあるようだが、比喩として妥当ではなかろう
 Winnyを非難する側からは、『本人はお料理に便利な「包丁」を作るつもりだったのかも知れないが、配っちゃったものは「刀」だった。現実に、それで被害を被っているヒトが出ている』…つー風に見えるのではないか。

 「包丁」のアナロジーでいうのなら、日本刀のような、もともと他人に被害を与えることを主たる機能とした「武器」の所持・使用や製造・配布が規制されていることを考えてみれば、他者の権利を侵害するような「機能」を持っているソフトウェアは製造・配布の規制も止む無し。その意味で、「不正行為の為という使われ方が<主>であることを知ってて配っちゃったのはアウト」…という判断は、一定の理解が出来る。

 とはいえ。

 判決文と、それにのっかった一部マスコミの論調のように、技術者の倫理だのに話を帰着させちゃうのもどうか。
 そういう話をし始めたら、デジカメ・コピー機・ビデオレコーダーその他、複製複写を行うようなあらゆるものの開発者・運用者が著作権侵害幇助の疑いがあり、倫理観の欠如した悪党かも…つーことになってしまう。

 そもそも、47氏が罰金を支払ったからといって、Winnyを使った著作権侵害やら、Winnyウィルスによる情報流出が停まるわけではない。
 論争が、そっちの方面-表現の自由だの倫理観だの-に行ってしまうと、袋小路に陥るような気がしてならない。

 今日時点で各種論調に目を通してみて、個人的に納得できた-テメエの感覚に一番近かった-のは、高木浩光@自宅の日記 「Winnyの問題で作者を罪に問おうとしたことが社会に残した禍根」
この性質を備えるソフトウェアの使用を法律で禁止する立法を検討するべきだと私は考える。
この性質を備えるWinnyなどのソフトウェアは、コンピュータウイルス(ワーム)と同じ性質を持っていることに注意したい。ウイルス(ワーム)は、害を及ぼす、人の意思に反する動作をさせるなどの特徴の他に、(システム管理者の管理範囲を越えた)自動複製拡散機能を持つことが特徴である。Winnyは、ワームが止められない(止めにくい)のと同様の原理によって、任意のファイルの自動複製拡散機能を実現していると言える。

Antinnyなどの暴露ウイルスは自動複製拡散機能まで備えていない。Winnyの自動複製拡散機能(管理者の管理範囲を越えた)を利用しているからだ。言わば、Winnyはウイルス(ワーム)プラットフォームであり、(前記の性質を持つ)そのようなソフトウェアの使用は社会的に危険なものと見なすべきである。
個人的立ち位置の話で恐縮だが、俺はソフトウェアで飯を食っていると同時に、拙いながらもフリーソフト的なものにも手を出している。「Winnyダメ」派の言い分も、「Winnyダメはダメ」派の言い分も「心情的」には「理解」できてしまうのだ、アンビバレンツなことに。
 ただ、原則的には技術に端を発する問題は技術で解決するのがよろしかろう、と思う。

 あいまいな「幇助」だの「表現の自由」だの「倫理観」だの、思想信条上の両極端の議論ではなく、どのような機能がマズいのかといった具体的方面に議論が進めばよいなぁ、というのが今日時点での感想。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-12-14 14:13 | 情報保護・セキュリティ
<< あの映画はなんだったのか? NHK「日本の、これから『ネッ... >>