「日本のメディア芸術100選」

文化庁メディア芸術祭10周年企画 「日本のメディア芸術100選」

  候補選定というフィルタがかかっているし、どうみても組織票くさいものもあるが、アンケートの取得方法を読むと、まあ、一定の妥当性を認めてもいいだろう(母数がちょっと少ないなぁ…という気はするが)。

 内容的にもそれほど突飛な感じはしない。 ざっと眺めてみても、定番・有名どころが並んでおり、比較的穏健な結果ではないかと思う。

 順位付け自体にさほど意味はあるまい。今時点・この場での最大公約数をとってみたらこうなりました、ということで明日やりゃあ別の結果が出るわけで。

 だが、この心のざわめきはどういうことなのだ。

 「『やわらか戦車』がエンターテインメント部門1位? 『スーパーマリオ』より上?」

 「『ゴジラ』が13位? FFより下?

 「ゴジラが選択肢に入ってるのに平成ガメラはナシですか」

 「なんで『ワンダと巨像』が入ってて『ICO』が自由記入なの? mixiと2ちゃんねるもだけど」

 「なんで『童夢』がカスりもして無いんじゃあ! 投票したのは(自粛)ばっかりかぁ?!

 …もう、やめよう(笑)

 つーか、文化庁さん、せっかくなんだから英語のページくらい作ったらどうか。ゲージツのところは別にしてもアニメやマンガのところは海外にも興味を持ってるユーザも多いと思うぞ。ガンガン文化侵略を進め全世界をヲタク色に染め上げてやるくらいの気概は持って欲しいものだ(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-10-04 11:01 | 読んだり見たり
<< ヨイコノミライ 完全版 民主党の細野豪志衆院議員の不倫... >>