「ぶら下がり取材」の無編集放送を!

首相への直接取材「1日1回夕方に」=世耕補佐官提案、内閣記者会は抗議 (時事通信) - 9月28日1時0分更新
世耕弘成首相補佐官は27日午後、新聞、通信、テレビ局各社で構成する内閣記者会に対し、安倍晋三首相が立ちながら記者の質問に答える「ぶら下がり取材」について

(1)原則、1日1回夕方に行う

(2)首相官邸ホームページ掲載のため政府のテレビカメラも撮影する

-と提案した。
しかし記者会側は、小泉前政権時代に合意した1日2回の取材機会を減らすのは認められないと反論した。
政府のテレビ撮影も「取材の場であり広報ではない」と拒否。継続協議することになった。
 「政府のテレビカメラ」撮影、いいじゃないの。

 東京U局の東京MXテレビでは、石原東京都知事の定例会見を放送しているが、俺はけっこう頻繁にみる。別に都政に関心があるとかではなく、けっこう面白いのだ、これが

 基本的に無編集なので、一般的なニュース番組だと編集されてしまう全体の流れがすべて把握できるし、「何馬鹿な質問してんだ>記者」とか「相変わらず何いってんのかわかんねぇよ>都知事」みたいに突っ込みながら見られて、イイ感じのライブ感覚がある。キャラ立ちしている石原都知事ならではだろうが。

 先日も、東京MXの女性記者が質問をしたら、石原都知事から「東京MXさん、いつも質問してえらいねぇ」…なんてやりとりがあって、言われた方の記者のリアクションは画面の外だったんでちょっと残念だった(照れ笑いのような、ちょっと困ったような笑い声が小さく聞こえたような気がしたのだが、記者ご本人のものかどうかよくわからなかった)。
 以前フランス語云々で問題になったときも、都知事側から仏文科卒という記者に逆ツッコミがあったりして、「あ~、記者の顔見てぇ」と思ったものだ。

 さよう、残念な事に東京MXの中継では、無編集はいいのだが、大半が都知事のウェストショット。たまにあっても会見室の右前からの俯瞰なんで、都知事と相対している記者一人ひとりの顔やリアクションがわからないのがすごく残念。

 で、思うのだが。

 政府のカメラを設置するとして、是非、やってもらいたい事がある。
  1. ライブで無編集のストリーミング放送をして欲しい。当然後で無編集でアーカイブも。マスコミの「取材の場であり広報ではない」との反発も、おそらく政府側にヘンに利用されることを危惧してのことと思うが、無編集だったら問題なかろう。国会TV衆議院TVの例があるんだからできるはずだ。


  2. 固定カメラでいいから、首相のウェストショットだけでなく、首相の後ろ(首相の背中ごしに記者が写る様に)にもカメラを設置し、それを切り替えて見られるようにして欲しい。当然だが、ちゃんと質問側の音声も拾うようにして。どこのマスコミがどんな質問をしているのか、記者側のリアクションなど、我々国民にはそれを含めて知る権利がある。つーか、是非見てみたい。


  3. 可能だったら、先だって開かれた「ブロガー×オーマイニュース『市民メディアの可能性』」シンポジウムのストリーム放送みたいに、Webチャットと併用できてるとより面白い。要するに甲殻機動隊SAC第9話、「ネットの闇に棲む男 CHAT! CHAT! CHAT!」 のノリである。もっともこりゃあ、ストリーム放送の外に皮を被せりゃいいので、わざわざお国にやってもらうまでもなく、絶対誰かがやるだろうが(笑)

 と、まあ、些か不謹慎な要望のような気がしなくもなくもないが(どっちだ)、この程度のことをやってくれりゃあ政治がより身近になるんではないだろうか。何よりもマスコミ諸氏の金科玉条であるところの「国民の知る権利」の拡充に寄与できるものと確信する。

ひとつよろしくご検討のほどを。

--------- 2006/05/28 17:30 追記
 面白いことに、朝日新聞読売新聞も、「1日1回」に関しては記事を書いているが、カメラ設置に関しては一切触れていない。

 よっぽど都合の悪いことでもあるのかと邪推したくなるよな(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-09-28 16:02 | 奇妙な論理 | Comments(0)
<< Vectorで大規模なウィルス... アダム・ファウアー 『数学的に... >>