爆発炎上ノート:デル・ソニー10カ月前からバッテリーの問題を認識

爆発炎上ノート:デル・ソニーは10カ月前からバッテリーの問題を認識 Posted Aug 20, 2006, 6:00 AM ET by Ittousai japanese.engadget.com
大阪でのショッキングな爆発炎上ノート写真に始まって各地で出火・炎上・全焼の報告が相次ぎ、ついには410万本のリコールそして他社製品の安全性調査にまで発展したデル / ソニーの欠陥バッテリ事件ですが、InfoWorldによれば両社は10カ月以上前からバッテリーセルの問題を認識しており、話し合いを持っていたとのこと。
 こういう動きになるというだけで、Blogみたいなネットワーク・メディアの有用性が証明されているのでないだろうか。10数年前だったら、実際に火災や死亡事故が起こらない限り闇から闇だったような気もする。

 ということで、ノートPCユーザはこのあたりのアンカーからどうぞ。問題がDELLだけに止まるとは限らない。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-08-21 11:42 | 電算機関係の話題
<< 「総括」ってどうやるの? FF VII アドベントチルドレン >>