さいたま脳の恐怖

UFOは存在せず 英国防省が結論  2006/05/08 09:17 共同

 【ロンドン7日共同】英国防省が未確認飛行物体(UFO)に関する本格的な科学的研究調査を行い、空飛ぶ円盤が存在する証拠はないと結論付けた報告書を2000年に作成していたことが7日分かった。

 400ページに及ぶ報告書はこのほど機密指定が解除され、情報公開法に基づき同省のUFO関連文書を請求していた大学研究者に公開された。国防省は今月15日から、報告書を同省のウェブサイトでも公開する。

 英BBC放送によると、研究は英国内のUFOの目撃情報を4年間かけて検証。空中に現れる異常は、大気現象やその電磁的影響によるものが大きいと指摘し「自然現象以外の、何者かにコントロールされていると思われるものはなかった」と述べ「宇宙人」などの関与を否定した。
 「UFOは存在せず」という記事の表題だが、正確には「UFOがエイリアン・クラフトである証拠は皆無」つーことだよな。 BBCの元記事にはちゃんと
UFO study finds no sign of aliens By Mark Simpson BBC News
A confidential Ministry of Defence report on Unidentified Flying Objects has concluded that there is no proof of alien life forms.
と書いてあるし。

 余談だが、UFO≠エイリアン・クラフト論者でも「広い宇宙には異星人自体は存在する」という考えの人もいるだろうが、俺は最近は、この宇宙で「知的」生命体-つまり我々人類とコミュニケーションが成立するような生物-と呼べるモノが存在するのはこの地球ただひとつなのではないかという意見に傾いている。まあ、単に「広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由」を読んでみて、「見当たらないのはいないから」説に納得しちゃっただけなのだが(笑)

 さて、今時「宇宙人の乗った空飛ぶ円盤」は笑い話のネタだろうが、一方ではこんな記事もあるので油断できない。

子どもの『ゲーム脳』共同研究提案へ 知事、首都圏サミットで 東京新聞 埼玉版 5/10
十五日に開催される八都県市首脳会議(首都圏サミット)で、上田清司知事は九日の記者会見で、「テレビゲームなど映像の子どもの脳への悪影響」についての共同研究を提案することを明らかにした。

 テレビゲームの子どもに対する影響については、文部科学省が二〇〇四年度から十年以上継続する予定で、全国的な乳幼児の影響調査を始めている。同省基盤政策課は「子どもが切れやすくなっているといわれるが、テレビゲームなど映像の影響なのか、母親などとのコミュニケーション不足なのか、原因が分からない。調査で客観的なデータを積み上げたい」としている。

 上田知事は首都圏サミットで提案する共同研究について「文科省と違った角度で、八都県市が一体で取り組めば成果が出る。国の調査をうのみにしなくても済む」と話した。上田知事の構想では「脳が固まる前の九歳児まで」が調査の対象。「テレビゲームやビデオの映像を見ていると、脳の前頭前野の機能が低下し、脳内が汚染されるというデータもある。子どもの異常な犯罪が増えている。知らないふりはできない。研究の成果次第で、(テレビゲームなどの販売を)規制せざるを得ない事態もありうる」としている。 (藤原正樹)
 
「テレビゲームやビデオの映像を見ていると、脳の前頭前野の機能が低下し、脳内が汚染されるというデータもある」
 上田知事に伺いたい。どこのどんな<データ>なんですか? まさかこの人のことじゃないですよね?

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ゲーム脳
ゲーム脳(げーむのう)は、日本大学文理学部体育学科教授の森昭雄が、2002年7月に出版した著書『ゲーム脳の恐怖』において提示した造語である。森はゲーム中の脳波を測定する実験によって「テレビゲームが人間の脳に与える悪影響」を見出したと主張しており、この状態を象徴的に表現したものである。しかし、主張の科学的正当性や根拠をめぐっては批判的な見解が多く、同書は2003年度の「日本トンデモ本大賞」にノミネートされている

ゲーム脳に関する研究については2002年10月、同書の出版に先立って、森は自ら日本健康行動科学会を設立、同会理事長を務め、第1回学術大会において口頭発表を行った。しかし、学術論文誌に論文は掲載されていない。なお、同会は名称に「学会」を含んでいるが、日本学術会議には登録されていない(日本において「学会」を名乗る事の規制や条件はなく、自由である)。また、森はマスコミなどには「脳神経学者」の肩書きで登場する事が多いが、実際は文学部出身であり、医学には転向したものの博士論文は脳でも神経でもなく筋肉に関する論文であり、現在も専門は運動生理学である。
 非専門家一個人が、自前の測定方法で測定した、他で検証されていない結果つーのはふつう科学的<データ>とは呼ばないんですが。知事が公式に発言されているということは、もっと根拠のしっかりした<データ>があるのですよね?

 ちなみに文部科学省の調査というのは、知事がおっしゃているような「テレビゲームやビデオの映像を見ていると、脳の前頭前野の機能が低下し、脳内が汚染される」(ゴーストハックか^^;)つーようなことだけ調査してるんじゃなく、もっと総論的な調査だと思うんですが。
「子どもの異常な犯罪が増えている」
 ホントに?
教育社会学の広田照幸東大助教授のご意見だと
戦後の数十年間の犯罪・非行統計をきちんと調べてみると、意外なことに他の先進諸国の傾向とは異なり、最近の青少年は昔に比べてはるかにおとなしくなっている。最近、年齢層別殺人率を十年ごとに算出した長谷川眞理子・早大教授が、青少年が「殺人」で検挙される割合は、戦後一貫して低下していることを指摘して反響を呼んだ(『WEDGE』五月号ほか)。私も統計を検討し直してみたが、殺人率の低下だけでなく、全体として、青少年は決して凶悪化しているわけではない、という結論に至った(『教育学年報 8』世織書房、十月刊行予定)。
つーことで、別の意見もあるようですが。
「研究の成果次第で、(テレビゲームなどの販売を)規制せざるを得ない事態もありうる」
いきなり「規制」に踏み込んでの御発言。ヤル気まんまんですね。

 そうそう、ゲーム脳の森教授は携帯電話でもゲーム脳になると主張しておられたようですよ。ゲームとケータイの普及率を考えりゃあ、ケータイを規制するのが先なんじゃないですかねぇ?

 ちなみに森教授によると、プログラマの脳波は痴呆患者と同じだという<データ>もあるそうです。俺みたいなゲーム大好きの職業プログラマは「脳内が汚染」されまくってるんでしょうね。
さいたま県ではいっそコンピュータ全般規制の対象にしたらどうでしょうか。

 どんなモノでも、およそ人間と相互作用(インタラクティブ)するモノだったら、人間に対する影響はあるだろう。「ゲームにかぶれて」犯罪を犯すような青少年だっているのだろう。

 だからといって「ゲームを規制すれば青少年犯罪は減る」つー無茶な理屈が成立しないことは、因果関係と相関関係の違いだの必要条件と十分条件だの持ち出さなくても、どんなアホでも分かると思うのだ。

 まさか、天下のさいたま県知事様がそんなアホであるとも思えないので、規制という目的ありきでゲームを悪者を仕立て上げようとしているのではないか、「県認定マークがないとゲーム販売を認めず。認定はこの公益特殊法人にて発行」とかいって利権にしようとしてるんじゃねーか? と邪推されても仕方なかろう。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-05-10 13:49 | 奇妙な論理
<< 「はやぶさ」のイオンエンジン起... 『ARIA』をネタに「誠意をも... >>