さらばイフクベ

ゴジラ作曲 伊福部昭氏 死去 東京新聞 2006年2月9日
勇壮で民族色の濃い曲を残し、映画「ゴジラ」の音楽でも知られる日本作曲界の重鎮、伊福部昭氏(いふくべ・あきら、元東京音楽大学学長)が八日夜、東京都目黒区の病院で死去した。九十一歳だった。
 イフクベの旋律は、遺伝子レベルで組み込まれてしまっているらしい。ふっと気がつくと鼻歌でうたっている自分に気づくことがある。

 「じゃ~ん。じゃじゃじゃじゃじゃじゃ~。じゃじゃじゃ~、じゃ~じゃ~じゃ、じゃじゃじゃじゃ」(ゴジラ登場)
とか
「じゃじゃじゃ、じゃじゃじゃ、じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ、じゃじゃじゃじゃじゃじゃ」(迎え撃て防衛隊)
とか
「じゃらじゃらじゃじゃじゃじゃ~じゃじゃ~じゃっじゃ、じゃじゃじゃじゃ~じゃっじゃっじゃじゃ~」(轟天号登場)
とか
「んちゃーちゃーちゃーちゃーちゃちゃちゃちゃちゃあちゃっちゃちゃ-ちゃ-ちゃー」(アルファ号発進)とか。

 東宝特撮シリーズ以外でも「こりゃイフクベなんじゃないのか?…あ、やっぱりね」ということがしばしばある。東映版の「宮本武蔵」の一本目とか「わんぱく王子の大蛇退治」とか。
 「行きたくねえけどしょうがねえ、いくぜ!」って時にイフクベ音楽はぴったりだ。
 いや、たしかに「おいおいこれ、ゴジラマーチと同じじゃん。もうちょっと変えようよイフクベ先生」ってことも少なからずあるのだが(笑)、少なくとも日本の映画音楽界でイフクベほど有名な名前はないし、これからも出ないのではなかろうか。

 謹んでご冥福をお祈りする。

 本日は自宅で追悼の映画大会だ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-02-09 14:34 | 一般の話題
<< 個人情報漏えい、1年以下の懲役... 3次元(3D)映像のの空間描画 >>