米農務長官 全頭検査考えない

米農務長官 全頭検査考えない NHKニュース 02/01 05:35
ジョハンズ農務長官は31日の記者会見で、輸入牛肉の中に特定危険部位の背骨が混入した原因や再発防止策を盛り込んだ報告書について、「徹底した調査を行っている」と述べるにとどまり、提出の時期については明言を避けました。そのうえで、ジョハンズ長官は、日本の一部で、BSE対策としてアメリカに日本並みの全頭検査の実施を求める声が出ていることについて、「日本との間で対象になっている生後20か月以下の牛では、BSEを確認することは事実上できない」と述べました。そのうえで、「全頭検査は科学的な根拠がなく、実施することで食の安全を確保できるとは思わない」として、実施する考えはないことを強調しました。また、ジョハンズ長官は「輸入再開にあたって、日本側の手続きは極めて詳細で、時間をかけたものだった」と述べ、アメリカが圧力をかけたため、日本政府が輸入再開を急いだのではないかという一部の指摘を否定しました。

-我が家のニュース-

ウチのカミサンは1日の家族会議で、「アメリカ産牛肉の安全性には科学的な根拠がなく、食の安全を確保できるとは思わない」として、今後購入する考えはないことを強調しました。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2006-02-01 15:43 | 奇妙な論理 | Comments(0)
<< 3次元(3D)映像のの空間描画 「お前が言うな」 >>