黄流熱風

ES細胞疑惑、残り2株も偽物 2005年12月26日11時11分 読売新聞
 【ソウル=中村勇一郎】韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大教授が論文をねつ造していた問題で、複数の韓国メディアは26日、ソウル大の調査委員会が鑑定中の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)2株についても偽物との判定を下し、患者組織から作製したとしていたES細胞は存在しなかったとの結論に達したと報じた。

 黄教授は今年5~6月に米科学誌「サイエンス」に掲載された論文で、クローン技術を使って患者組織から11株のES細胞を作製したとしていたが、9株については偽物だったり存在していなかったりしたことがすでに明らかになっており、調査委は残り2株について外部機関にDNA鑑定を依頼していた。

 鑑定の結果、2株も体細胞を提供した患者のDNAと一致しないことが判明し、調査委は共同研究者が経営する病院で冷凍保存されていた細胞と判断したという。
 激震が続いている韓国であるが、これで「詰み」だろうか。

 この分では最後の拠り所「論文は捏造だけど技術はあるもん」も、かな~り暗雲が立ち込めている気がする。

 米欧巻き込んだ事件の規模からいっても、黄禹錫ひとりに責任をおっかぶせて袋叩きで終了というわけにはいくまい。
 国を挙げて支援し、財界・マスメディアをはじめ多数の韓国国民が形の上ではこの詐欺的行為に加担してきたとすら、海外からは見えるわけであるから。

 疑惑を報じたテレビ番組が潰されただの、疑惑報道は国益に反するとまでの意見が出ただの、他所の国の事ながら顎が外れそうな気がしたが、国を挙げてそこまで突っ走ったツケはきちんと清算しておかないと、「もともとウソまみれの国なんじゃないの」といった悪口に裏づけを与えかねない。

 少なくとも既に欧米メディアの一部で、韓国の国家体制とか民族性とリンクさせた論調が登場してきており、過去の韓国産の論文の検証を進める動きも出ているのは事実であり、きっちりと対処しないと、韓国科学界には「痛手」という言葉では足りないほどの大打撃となるかもしれない。

 ま、がんばってくれ。

画像はNAVERでの拾い物。
c0071416_940212.jpg

[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-12-26 12:30 | 奇妙な論理 | Comments(0)
<< WindowsのWMF脆弱性 はやぶさ、救出モード運用へ。帰... >>