東大生の個人データ、2133人分入りパソコン盗難

東大生の個人データ、2133人分入りパソコン盗難 2005年9月12日20時34分 読売新聞
東京大学は12日、理学部と大学院理学系研究科の全学生計2133人分の個人データが入ったパソコンが今年8月に盗まれていたことを明らかにした。

 入力されていたのは学生の名前や学生証番号などで、住所や電話番号などは含まれていなかった。

 東大によると、パソコンが盗まれたのは8月18日昼。校舎のセキュリティーシステム設置を委託された民間会社の社員が、学生の個人データが入力されたパソコンを東京都品川区の駐車場に置き忘れた。約1時間半後に同僚が取りに行ったが、すでになくなっていた。

 この民間会社は警視庁大崎署に被害を届け出ており、東大は事実関係を調査のうえ、12日に学生に謝罪した。
 最近だと他にもこんな置き忘れもあったそうな。

JAいずもが個人情報名簿の記録紙置き忘れ 山陰中央新報 '05/09/03
JAいずも(出雲市今市町)は2日、支店の現金自動預払機(ATM)コーナーに、利用情報を印字したロール状の記録紙を実質的に約6時間、放置していた事案があったと発表した。同JAは個人情報漏えいの可能性もあるとして利用客に謝罪し、個人情報保護法に基づいて島根県と農水省に報告した。

 同JAによると、8月12日午後3時10分ごろ、同市乙立町の乙立支店で、職員が交換した古い記録紙をコーナーの中に置き忘れた。利用者からの通報で翌日午前11時20分に回収したが、コーナーの閉鎖時間を除いて約6時間、放置状態だった。

 記録紙には延べ703人・団体分の氏名や口座番号、残高などが記載されていた。暗証番号はなかった。今のところ情報の悪用など被害の報告はないという。

 萬代宣雄組合長は「利用者に迷惑を掛けた上、JAグループ全体の信用にもかかわる問題。再発防止策を徹底する」と述べた。


 携帯電話には置き忘れ防止グッズみたいなものとか、置き忘れヘルプ機能みたいなものがあるが、パソコンでもその手のモノの利用を考えた方がいい人もいるかもな。置き忘れというのは、よくやる人はよくやるようで、世の中にはこんな人もいるし。

ガソリンスタンドに「妻」置き忘れ、6時間後に気付く 2005.08.09 Web posted at: 16:51 JST - CNN/REUTERS
ローマ──イタリア北西部、地中海沿いのペザロ市のガソリンスタンドで、マケドニア出身の男性が、給油を終えた後、手洗いに行っていた妻(30)が車内にいないことを知らずに出発、約6時間後に気付く珍事があった。イタリアのANSA通信が伝えた。
妻はお金や携帯などを所持しておらず、ガソリンスタンドに助けを求めた。ガソリンスタンドの従業員が警察に通報。警察官が男性の携帯電話へ連絡したが、電源が入っておらず、約6時間後にやっと通じていた。
男性はペザロ北方約340キロ離れたミラノにいた。警察当局によると、男性は妻が常に後部座席に娘(4つ)と座っていたため、いなくなったのに気付かなかったという。
いや6時間って…こりゃあ、もしかしてワザとじゃねえのか(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-09-13 10:08 | 情報保護・セキュリティ | Comments(0)
<< MSNメッセンジャーの「会話セ... 楽天事件6 流出カード情報を使... >>