学習塾経営の修学社、ネットバンキングで2億円パクられる?

修学社:2億円、無関係口座へ振込み ネットバンキングで 毎日新聞 2005年8月8日 15時36分
学習塾経営の修学社は8日、何者かがネットバンキングを利用して同社の口座から同社が全く関知しない口座に2億5500万円を振り込んでいたと発表した。全額が現金で引き出されていたという。同社は、ネットバンキングに使用するパソコンを操作できる社員を2人だけに限定しており、「社員の関与は考えられない」と話している。暗証番号などを盗むスパイウエアがパソコンに侵入した可能性については「分からない」としている。

同社によると、8月1日午後10時半に振り込み予約の手続きが行われており、2日に振り込みが行われ、同日午前中に全額が引き出されていた。同社は4日夕の口座残高確認の時点に気づき、警察に被害届を提出した。

 同社は、みずほ銀行の口座でネットバンキングの取引を行っているが、取引額が大きいことから、ネット取引に利用するパソコンを東京都渋谷区にある本社内の1台に限定し、暗証番号を知っていて操作できる社員も2人だけだった。振り込み操作が行われた当時は、この2人の社員は会社内にいなかったという。


 まだ速報レベルで詳細がわからないが、これもまた香ばしい事件になりそうな予感。

(株)修学社の会社案内
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-08-08 16:36 | 情報保護・セキュリティ
<< 修学社事件 2億5500万円の... 楽天事件4 楽天市場の個人情報... >>