楽天事件4 楽天市場の個人情報流出、カード情報10,026件を含む36,239件に拡大

楽天市場の個人情報流出、カード情報10,026件を含む36,239件に拡大 Internet Watch 永沢 茂 2005/08/08 12:53
楽天は6日、楽天市場に出店していた店舗「AMC」の顧客情報が流出した事件について続報を発表した。同店舗でこれまでに受注した約94,000件のうち36,239件の流出が確認された。このうち10,026件にはクレジットカード情報が含まれているという。
 順調に増えているな(爆)

 こりゃあ、毎日新聞主張の流出10万件超?というのもまんざらガセでもなさそうな雰囲気ではある。
 が、まだ、「AMC以外のデータも楽天から流出している?」という方は確認されていないようであるし、当のACMは
社内調査の結果、同社から人為的要因で漏洩したとは思えないとの認識を示しているほか、スパイウェアの形跡もなかったことを明らかにしている。
「ウチじゃねぇよ」と言い張っているようである。
 被害自体の全容が明らかになるのも、もう少し時間がかかりそうだ。

 もっとも、前回のエントリでも触れたが、そもそも誰でも読める形のCSVでデータを配るようなシステムだったわけだ。流出経路の特定というのは悲観的な見通しにならざるを得ないのではないか。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-08-08 16:27 | 情報保護・セキュリティ | Comments(0)
<< 学習塾経営の修学社、ネットバン... 楽天事件3 再発防止策だそうだ。 >>