中国最大のハッカー組織、近く日本攻撃の可能性

中国最大のハッカー組織、近く日本攻撃の可能性 2005年7月31日1時24分 読売新聞
【北京=竹腰雅彦】中国最大のハッカー組織「中国紅客連盟」(メンバー約3万5000人)が、近く、日本への大規模なハッカー攻撃を行う可能性があることが30日、明らかになった。

 同組織のサイト責任者は、ネット上で歴史問題や東シナ海のガス田開発問題などで日本を痛烈に批判。メンバーに対し、攻撃に備えた準備態勢を取るよう指示している。具体的な攻撃対象は明かしていない。

 同組織は熱烈な愛国主義を唱え、過去に日米政府機関などの公式サイトを攻撃したことで知られる。

もう少し詳しい情報を、韓国の東亜日報が伝えている。
中国のハッカーグループ、韓国サーバー経由し日本攻撃へ 東亜日報 JULY 14, 2005 02:07
8月15日を期して、中国のハッカーグループが、韓国内のサーバーを「攻撃の中間ルート」にし、日本の各種インターネットサイトで大規模なハッキング(コンピューターへの不正侵入)を行うものとされ、議論が広がっている。

とりわけ、中国のハッカーグループがインターネットアドレスへの追跡を避けるために経由しようとしている韓国内サーバーは、大学だけでなく一部政府機関まで含まれるとされ、大きな波紋が予想される。
これと関連し、同連盟所属のあるハッカーは、最近、韓国の知り合いに「この攻撃には、韓国内の大学3校とオンラインゲーム会社のサーバーが経由地として検討されている状態」とし、「これらサーバーは意外とセキュリティーが甘く、IPアドレスのロンダリングに適切であることが分かっている」と話した。同ハッカーは「13日現在、ハッキングに加わることにしている中国のハッカーは4万5000人にのぼる」とし「8月15日を見守るように」と話した。

中国の各ハッカーグループが韓国のサーバーを経由地にしようとしている理由は、今年4月、中国全域に広がった大規模な反日デモに合わせて、中国のハッカーグループが日本のウェブサイトを攻撃したが、日本側が中国側のIPアドレスを全て遮断し、攻撃が実現できなかったため。中国の各ハッカーグループが韓国を経由し、日本のウェブサイトを攻撃する場合、日本測もIPアドレスを遮断しにくくなると計算したものとみられる。

 他にも踏みやすいサーバはあるだろうに、何故韓国なのか?
 まあ、反日が実態上国是という点では一致しているので、踏み台にされても黙認するだろうとか厳しい追求もされないだろうとか、そういう計算もあるのかもしれない。

 「ハッカーグループ」などといったところで、自らの政治信条に基づいて市民社会に対する物理的攻撃を組織的に行うというのは、まさにテロリズムと同義であり、要するにテロリストの犯行予告なわけだ。

 いずれにせよ、事前にこのような報道という形で予測・予告されているわけである。仮にこのとおり実行されるとすれば、中国政府が自国内のテロリストに対して抑止能力を持たないか、あるいは、中国政府は情報テロリズムを容認しているかのいずれかの証明ということになるだろう。同じことは踏み台にされようとしている韓国にもいえるだろう。

 スルーすれば、ソレすなわち情報テロ支援国家つーことだな(笑)

 この手の記事はけっこう飛ばし記事だったりすることもあるし、最近中国は行き過ぎた反日活動を押さえ込む方向(さすがに国際的にあれだけ恥をさらせば、損だと判断できる冷静な人間もいるだろう)のようなので、過剰に心配するほどのこともないかもしれない。DoS狙いの不正アタック程度は、インターネットではもはや日常である-ホントはそんなことではいかんのだが。

 空騒ぎの必要はないだろうが、しかし、まぎれもなくテロの予告であることには間違いない。中国・韓国の対応が注目される。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-08-01 15:19 | 情報保護・セキュリティ | Comments(0)
<< 楽天事件3 再発防止策だそうだ。 楽天市場店舗からカード番号含む... >>