情報漏えいの賠償・不正アクセス対策費用も補償の保険

情報漏えいの賠償に加え不正アクセス対策費用も補償、日立らがオリジナル保険 ITmedia 2005/07/19 20:25
日立製作所と損害保険ジャパン(損保ジャパン)、日立保険サービス、損保ジャパン・リスクマネジメントの4社は7月19日、日立のセキュリティ製品群「Secureplaza」の顧客を対象としたセキュリティ保険「Secureplaza保険」を共同で開発し、販売を開始した。

 なんでも保険になるのだな。

 損保ジャパンは既に入試ミスや情報漏えいなど、学校のリスクを総合的に補償する保険 日経bp 2005年07月12日のような商品もはじめたようだ。
  • 個人情報が漏えいした場合の損害賠償金、訴訟費用
  • 顧客対応をはじめとするブランドプロテクト費用
  • 一般的な個人情報漏えい対応保険では補償外だったウイルス/不正アクセスへの対策費用
  • 破壊されたプログラム/データの再作成費用
  • 特約(オプション)として、コンピュータシステムやネットワークの中断、データの消去などによって業務に支障が生じた場合の、第三者への損害賠償金
  • 別メニューとして、不測の事態が生じた場合のマスコミ対応などを支援する「クライシス・コミュニケーション・コンサルティング」

手広くやってくれるようだが、コスト的に見合うのかどうかの判断は難しいところかもしれない。保険会社側としても査定するのも大変なような気もするが。

保険料は個別見積もり。ただし、日立のセキュリティノウハウを活用した専用ツールを用いて事前にヒアリング/リスクレベルを評価し、割引料を算出する。高いセキュリティ対策が施されている企業には最大で半額以下にまで保険料割引を行うという。

なるほど。
結果的にほとんど割り引かれないとなったら、その会社のIT屋さんは面目丸つぶれだな(笑)

 …つーか、査定を行う日立自体が漏えいさせたらおもしろいかも(←悪い冗談)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-07-20 16:07 | 情報保護・セキュリティ | Comments(0)
<< 顧客の個人情報紛失、287金融... 個人情報狙う不審な通信 増加 >>