カード情報、国内さらに1万人流出か

カード情報、国内さらに1万人流出か…UCやDCなど (2005年6月20日15時22分 読売新聞)
米国のクレジットカード会社の個人情報への不正侵入事件で、マスターカードと提携して国内で発行したカードのうち、新たにみずほグループのユーシー(UC)カードで約2600人分、UFJ銀行系列の信販大手、セントラルファイナンスと、消費者金融大手アイフル傘下のライフで、それぞれ約2500人分の情報が流出した可能性があることが、20日分かった。

 みずほのUCカード、UFJ,ライフ、日本信販にDCカードにOMCにアメックス…って全部じゃないか(笑)

 顧客の被害は保険で充当するっていったって、回りまわって結局顧客に転嫁されるだろうしな。マスターカードの管理責任は追及されるだろうし、してもらわないと困る。
 犯人と具体的被害に関してはまだ全容が報道されてないし、これからの捜査次第ということだろうが、アカウンタビリティは果してもらわないと、カードなんて安心して使えんわな。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-06-20 18:01 | 情報保護・セキュリティ
<< AoG.2y.netの記事に思う マイクロソフト、中国当局のブロ... >>