マイクロソフト、中国当局のブログ検閲に協力

マイクロソフト、中国当局のブログ検閲に協力 ダウジョ-ンス(日経)2005/06/14

米マイクロソフト(Nasdaq:MSFT)は13日、同社の中国版ポータル(玄関)サイト、MSN中国のブログ(日記風の簡易ホームページ)サービス「MSNスペース」について、当局の検閲に協力していることを明らかにした。

仏AFP通信は同日、ブログ作成者がMSNスペースに「民主主義」「人権」「台湾独立」などの言葉を書き込もうとすると、その行為が禁止されていることを伝えるメッセージが表示されると報じた。

 MSNのアダム・ソーン世界販売・マーケティング担当ディレクターは、政府の検閲も規制の一環として受け入れられるとした。その上で、マイクロソフトは同国でも表現育成を支援することができるとの確信を示し「検閲があっても、当社は何百万もの人々が物語や画像を分かち合い、関係を築くコミュニケーションを援助している。要点はそこだ」と述べた。


 まあ、こういうことに倫理観とか求めてもヤボなのだろうし、カネになりゃあ大抵のことはOKと思っているのはMSだけじゃあなかろうから、論評しても天に唾することになりそうな気もするが、しかし、「民主主義」だの「人権」だのがNGワードつーのは、やはりなんというか平和ボケの日本人からすると衝撃的ではありますな。

 ちょっとぐぐってみたら、けっこう以前から話にのぼってた様で、MSNスペースの検閲問題にいち早く目をつけたブログサイトBoingBoingにはすでに2004/12/6付けでChinese editions of MSN Spaces censor political terms という記事が挙がっていた。その記事中で、台湾のBlogeer、Weizhong Yang氏が指摘している。

The situation of the Simplified Chinese MSN Spaces is even worse. Names of many contemporary political figures are censored such as Mao Zedong, Deng Xiaoping, Lee Teng-hui and so on. “Socialism With Chinese Characteristics” is censored, too.

 つまるところ、かの国では、「人権」だの「民主化」だの「毛沢東」だの「鄧小平」だのは、ティムポ・マムコ・ビーチクと同じレベルのワイセツな表現であるということなのか(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-06-14 17:54 | 一般の話題
<< カード情報、国内さらに1万人流出か 米国の大企業、4割が従業員の送... >>