【近デジ】PDF印刷の仕様が変更された…みたい。

お知らせ
2012-11-13
「印刷」ボタンによるPDF出力の上限コマ数を、10コマから20コマに試験的に拡大しました。
ただし、高負荷等により、サービス全体に影響が生じる場合には、予告なく元の設定に戻させていただくことがあります。予めご了承ください。

2012-10-30
一部の資料において、「印刷する」ボタンから作成されるPDFファイルが正しく表示・印刷されないという不具合が発生していましたが、対応いたしました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
(なお、より精細な画像が必要な場合には、1画像ずつとなりますが「JPEG表示」ボタンからご利用ください。)
 ふむ。
 たしかに上限が10→20コマに変更されている。コマ数が倍になった分だけ微妙に遅くなったような気もするが、以前みたいに10コマずつ30秒開けるよりはいいのかな。

 最近は自動ダウンロードばっかりなんで、個人的にはあまりメリットは感じないけど。

 あえて難癖を付けておくと、「ただし、高負荷等により、サービス全体に影響が生じる場合には、予告なく元の設定に戻させていただくことがあります。予めご了承ください。」というのは頂けない。
  1. 制限を緩くするのは予告無しでもよかろうが、その逆は一般論としてはマズイだろ、まあ、緊急避難的な対応としてならやむを得ないけど。

  2. スタティックなPDFをキャッシュさせとくような手段は、そんなにバカなコストでないものがいくらもあるというのが、今のところの世間的常識なのではあるまいか。

 それよりも俺的に大きな変化は、PDFの中身がデフォルトでJPEG 2000からJPEGに変更になってることだ。
 これ、明確な「お知らせ」にはなってないが、愚推するに、Acrobatでの表示不具合に対処する為なんじゃなかろうか。

 前にも書いたけど、JPEG 2000はWindowsではOSでサポートされてないので取り回しがちょっと厄介だった。デコードするのにOSの標準機能が使えないので、何か別のものを用意する必要があったのである。

 何か別のものといっても、残念なことに、Windows環境のPDF用ユティリティではJPEG 2000(JPXDECODE)に対応しているものはまだ多くないので、選択の幅が限られていたわけだ。
 ちなみに俺も、PDFの取り回しにはiTextSharpを使っているのだが、これが未だJPXDECODEには対応していない(クラス構成を見ると対応するつもりはあるようだが)。

 上手い具合に、中身がJPEGだったら、PdfImageObjectで取得したイメージは、GetDrawingImageでそのままSystem.Drawing.Imageに代入できるのである。

 これが意味することは、例えばJPEG 2000に非対応の安価なPDF操作ソフトでも、ページ毎の画像にバラせるということだ。
 ちなみに、今手元にある「リッチテキストPDF ver4」の「画像の抽出」機能はJPEG 2000非対応だったが、現時点で取り直した近デジPDFからならば、ちゃんとJPEG画像が取得できた。

 JPEGはJPEG 2000と違い不可逆圧縮だが、フツーに読む分には問題にはならないだろうし、サイズ的にも概ね小さくなるので、個人的にはこの変更は歓迎している。

 …ということで業務連絡。

 モルモットになってくれている方、取得コマ数指定(デフォルト20コマに変更)とJPEGファイル出力モードを追加したので、試してみたい人は連絡済みのところからDLして下さい(パスワードはこの間と同じ)。-jオプションで、DLしたPDFに含まれる全頁をJPEG形式で出力できるようにしました。
[PR]
by signal-9 | 2012-11-13 12:26 | 読んだり見たり
<< 【じょしらくBパート風】「とろ... 【じょしらくBパート風】根岸 >>