モトローラ、ナノ利用の電界放出ディスプレー、試作品を公開

Wired News 2005年5月10日

米モトローラ社は9日(米国時間)、カーボンナノチューブを利用した電界放出ディスプレー(FED)の試作品を発表した。厚さ3.3ミリという薄さで、ブラウン管並みの画質を実現したという。独自のナノチューブ形成技術で生産が比較的、容易になり、将来は40インチ型の製造コストを400ドル以下に抑えられると期待している。

 試作品は5インチ型で、フルカラー動画を表示できる。高品位テレビとして堪えうる画質を実現したという。モトローラ社は『ナノ・エミッション・ディスプレー』(NED)と銘打ち、ディスプレー・メーカーに技術を売り込む。


ニュースリリースによると、このプロトタイプは;
  1. 42インチ高品位テレビ向けのフルカラー5インチビデオセクション
  2. 明るさ、視野角、応答速度ははCRTなみかそれ以上
  3. ドライバはLCDなみのコスト
  4. 表示板は3.3ミリの薄さ
という「おいおいホントかよ」みたいな豪語をしている。
う~む、早いとこ現物を見てみたいものだ。

そういえば地上波デジタル対応で数年内にはテレビ買い換えることになりそうだが、間に合えばいいなぁ(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-05-10 18:20 | 一般の話題
<< トヨタのプリウスのウィルス感染... JR西日本叩き >>