JR西日本叩き

 ここ数日のメディア、特にテレビのJR西日本叩きは常軌を逸しているという印象を受ける。

 最初に断っておくが俺はJR西日本とはなんら関係はないし、弁護するつもりもない。報道されているような事故当日のボーリング大会だの懇親会だのには、確かに心情的には不快感を覚える。

しかし、そもそも「不謹慎な態度を容認するような会社体質」と今回の事故と、直接の因果関係があるといえるのか?

 取りざたされている「会社体質」だの「日勤教育」だの「過密ダイヤ」だの「旧式のATS」だの、みないっしょだが、単純に考えてみれば当該区間は日々、何百回何千回と列車が運行していたはずで、それらが今回の事故の「原因」であるのなら、もっと事故は頻発するはずではないか?

 「その因子Xがなかったら絶対に事故は起きない(起きなかっただろう)」、大雑把にはこれが「原因」と呼べるものである。同じ路線を運行していた他の運転手の他の列車は事故を起こしていないのであるから、現時点では「違っていた条件」、すなわち「<その>運転手と、もしかしたら<その>車両の組み合わせ」という推定が論理的には妥当なはずだ。

 今の時点で「会社の体質」などというあいまいな概念を取りざたしてアレコレいうこと(運転手個人の責任への言及をあえて避けているような印象すら受ける)は、まったく意味がないとは言わないが、今回のケースで言えば「やりすぎ」であり、再発防止や被害者救済という実利に寄与するとは思えない。

 むしろ過度の叩きは逆効果になる可能性もある。
 ひとつには経営を圧迫すれば被害者救済に回されるべきコストに影響が出る可能性はあるだろう(極論すれば、叩きすぎてJR西が潰れた場合、被害者救済はどうなるのか)。

 もうひとつは、人間は注意しようしようとするとかえって失敗する可能性が高まるという、よく見られる現象を誘発する恐れである。
 大きな事故がよく「続けて起こる」のはなぜか? 緊張しすぎるとミスが多くなるということはかつて柳田邦男が諸著作で主張していたことだが、これは経験則的にも正しいといえると思う。普段だったらなんてことなく済まされるオーバーランですら「ほらまただ」とばかりに報道されるような状況では、それが別の大きなミスを誘発するということはありうる。

 似たようなことは最近の韓国・中国の反日暴動や靖国参拝問題報道などにもいえるのだが、はっきりいって情緒一辺倒のニュース報道というのは一視聴者としては飽き飽きしている。

 もう少し頭を使って、俺みたいな愚民を善導するような冷静な報道を心がけてほしいものである。

…余談だが、最近のテレビの字幕の誤字も目に余るものがある。テレビ業界といやぁ一流大学出のインテリ様が多いんだろうから、もう少しちゃんと作ってもらえないですかねぇ。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-05-10 16:32 | 奇妙な論理 | Comments(0)
<< モトローラ、ナノ利用の電界放出... 技術系MLのログ公開中止に思う >>