東京都の下水放射線。相変わらず収支が不明

下水処理における放射能等測定結果 5月10日~12日

多少細かい数字が出てきたのだが、これをみるとイロイロ気になることが。

■やっぱり東京北東部の方が高汚染?

 「スラッジプラント」は水再生センターでできた汚泥の処理を行っている=つまり後処理とのことなので、「水再生センタ-」での汚泥だけで比較してみる。

 実際に何トンの汚水を処理したのかという「入力」の数字が提供されていないので、それぞれの水処理センターの計画的処理面積が概ね汚水を集めた面積と仮定して、汚泥のセシウム濃度と計画的処理面積の比率(Bq/kgをhaで割る)を出してみた。

大きい順に並べてみると;
みやぎ水再生センター    0.76
葛西水再生センター     0.64
北多摩二号水再生センター  0.37
北多摩一号水再生センター  0.16
新河岸水再生センター    0.09
浅川水再生センター     0.02
多摩川上流水再生センター  0.02
清瀬水再生センター     0.02
八王子水再生センター    0.01
南多摩水再生センター    0.01
となり、「みやぎ(足立区)」と「葛西(江戸川区)」が桁違いに高い。


 同じ23区内ということで、「みやぎ」と「新河岸」で比べてみると;
(「新河岸」は「浮間水再生センター」と共同処理だが、「発生した汚泥は浮間水再生センターから圧送された汚泥とともに、全量をセンター内で焼却処理」とのことなので、当該地域の汚泥の全処理を行っていると見なす)

新河岸水再生センター
「処理区域は、練馬・板橋・杉並区の大部分と中野・北・豊島・新宿区の一部で、面積は10,474ha」

みやぎ水再生センター
「処理区域は、北区の大部分と板橋・豊島・足立区の一部で、面積は1,687ha」

つまり、「みやぎ」は「新河岸」と比べると処理区域の広さが6分の1以下なのに、1.3倍以上のセシウムを集めていることになる。

 未だデータが乏しい(荒川とか文京のあたりを処理している三河島水再生センターなどの汚泥の数字がない)ので、早計は差し控えるが、東葛方面の空間線量が高いという件と合わせて考えると、東京北東部の方が汚染度が相対的に高いことを示唆しているような気もしないでもない。

【6/1追記】
見逃していたが、浄水場発生土の放射能測定結果についてをみると、5月17日時点でセシウムは
金町 4,100bq/kg
朝霞 2,200bq/kg
小作   620bq/kg
東村山 1,540bq/kg
やはり東京の北東部にある葛飾区の金町浄水場が優位に高い。

■ セシウムの行き先がよくわからない。

 5月11~12日という時点にも関わらず、汚泥には微量ながらまだヨウ素が検出されている。焼却灰では当然ながらヨウ素はほとんど不検出。沸点が低いから焼却処理で気化して「どこか」にいってしまったのだろう。いずれにしてもヨウ素は平均で111Bq/kg、漏れたとしてもさして問題にはなるまい。

 やはり気になるのはセシウムである。

 以前にも引用したが、南部スラッジプラントの資料だと、「脱水汚泥と比べて重量比で約4.5%の灰に減量化」とあるので、減容率は100:4.5=22倍と仮定してみる。
 例えば「葛西」ではCs計が3150Bq/kgなので、22倍に濃縮されるとすると、焼却灰は69300Bq/kgになるはずだが、実際は53200Bq/kgである。つまり、灰には理論値の43%だけが残ったという勘定になる。
同じ計算をして並べてみると;
東部スラッジプラント    43
葛西水再生センター     43
みやぎ水再生センター    35
新河岸水再生センター    50
南部スラッジプラント    54
北多摩一号水再生センター  43
南多摩水再生センター    22
北多摩二号水再生センター  53
浅川水再生センター     56
多摩川上流水再生センター  60
八王子水再生センター    63
清瀬水再生センター     54
 つまり、灰に残ったセシウムは平均で 48%=半分弱。残りの半分強は「どこか」に行っていると推測できる。

 「どこか」といっても、脱水汚泥→焼却灰+排ガス(煤塵)と思われるので、まあ、排ガス(煤塵)中に含まれていると考えるのが妥当なのではあるまいか。

 前にも書いたが、排ガスを放出する前の排煙処理段階でバグフィルタなどで捕まえられていることを強く希望するが、そのデータは相変わらず提供されていない。

…どうも怪しいんだよな。
 確かに「空間線量は上がってないよ」つまり「煙突からは漏れてないよ」と言いたいらしいデータが付いてるんだが、そもそも、施設ごとに空間線量の「平均値」ひとつだけ、というのはどうなのよ。
 例えば葛西水再生センターなんて、施設面積「361,774平方メートル」だぜ。36万平米の内、何カ所で計った「平均値」なのかも公開しないで、「平均で0.14μSv/hでした。以上」で、何かの説明になってるのかねえ?

 前にも書いたが、再び、ちゃんと収支が推定できる情報を公開すべき、と訴えておこう。
[PR]
by signal-9 | 2011-05-31 17:46 | 東電災害 | Comments(0)
<< 東東京で「独自の放射線計測」に... 「一般公衆の1年間の被曝限度は... >>