下水汚染

下水汚泥に高濃度放射性物質 NHK 5月1日 19時2分
福島県郡山市にある下水処理施設の汚泥などから、比較的高い濃度の放射性物質が福島県の調査で検出されました。処理された汚泥は県外に運ばれて、セメントの材料として再利用されていたということで、福島県では追跡調査を行っています。

放射性物質が検出されたのは、福島県郡山市日和田町にある県の下水処理施設「県中浄化センター」です。福島県が先月30日まで行った調査の結果、汚泥からは1キロ当たり2万6400ベクレル、汚泥を焼き固めた「溶融スラグ」からは33万4000ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。このうち、溶融スラグから検出されたセシウムは、原発事故の前に処理されたものと比べると、およそ1300倍に達するということです。福島県では「地面の放射性物質が雨で下水に流れ込み、処理の過程で濃縮されたのではないか」とみています。この浄化センターから出る汚泥は、県外に運ばれてセメントの材料として再利用されていたということで、県では、当面の間、再利用を見合わせるとともに、原発事故のあとで搬出された汚泥がどのように使われているのか、追跡調査を行っています。また、県内の同様の施設でも汚泥などの調査を行うほか、作業員の健康に影響がないか調べるとともに、作業員の安全確保や、放射性物質を含んだ汚泥の処理などについて、早急に方針を示すよう国に求めています。この問題を受けて、国土交通省は、原子力安全・保安院に報告したうえで、環境省など関係機関と調整を図って、汚泥を安全に処理する方法などを検討することにしています。汚泥は、対応が決まるまで浄化施設に保管するしかなく、国土交通省は「このままでは汚泥がたまっていくことになる。これまでにないケースなので、どのように処理するのか不明な点が多いが、できるだけ速やかに対応を決めたい」と話しています。
住友大阪セメントが栃木工場停止 放射性物質含む汚泥で 日本経済新聞 2011/5/2 20:05
福島県郡山市の下水処理場「県中浄化センター」の汚泥から高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、住友大阪セメントは2日、栃木工場(栃木県佐野市)で同センターの汚泥を原料として受け入れていたとして、同工場の生産と出荷を停止したと発表した。

 同工場で受け入れた下水汚泥は、3月12日~4月30日に928トン。この期間に製造したセメントに放射性物質が含まれていないか早急に調査する方針。

 ただ、福島県がセシウムを検出した4月28日以降の汚泥を使ったセメントは出荷していないという。
 まあ、こうなることは事前に予想されていたわけだ。 にもかかわらず、出荷されてしまった。

 ヤバそうだと判っている、だけど手は付けない。これは明らかに対策が「後手に回っている」のではない。「後手に回している」のである。

 汚泥で26,400Bq/kg、焼却後固めたスラグの状態で334,000Bq/kgということは、焼却によって嵩が減った分、13倍に濃縮されたということか。 800℃程度の通常の焼却処理だとイオン化したCsの沸点には達しないから気化して再飛散という可能性は低いのかな? 通常の重金属溶出防止対策(吸引スクラバーとか)である程度キャッチできている?

 まあ、この辺りは調査するしかないのだが、いずれにしても、この問題は郡山市だけの問題であるとは思えない。

 下水汚泥の処理はどこでもやっているわけだし、焼却→スラグという処理も都市部では一般的だ。
 下水処理の仮定で 濃 縮 されるということは、母数である下水の量が多ければ、それだけ多くの放射性物質が集まるわけで、高濃度の汚染地域でなくとも注意する必要があると思う。

 ちなみに東京都の平成21年度の下水実績実績によると、1日あたりの脱水汚泥発生量は2,591トンとのことである。郡山の県中浄化センターでは80トン/日ということなので、ざっと32倍の汚泥が発生しているわけだ。

 特に大都市圏では、下水は複雑な工程を経て資源として再利用をする仕掛けができあがっている。このようなシステムがマトモに運用できなくなることを危惧している。

 運用に関わるリスクは、放射線量の過多だけではない。
 システム運用の維持には廃棄物処理などかなり広範な法改正も必要になるはずなのだが、未だに「後手に回している」国の対応が最大のリスクといえだろう。
[PR]
by signal-9 | 2011-05-06 12:57 | 東電災害
<< 下水の放射線が調べられ始めた。 郡山市の校庭表土の除去作業が始まった >>