郡山市の校庭表土の除去作業が始まった

福島第1原発:校庭表土の除去作業 放射線対策で郡山市 毎日jp 2011年4月27日
福島県郡山市は27日、福島第1原発事故の放射線量を軽減する目的で、市内小学校の校庭などで表土の除去作業を開始した。放射線対策として土壌改良するのは同市が初めて。連休明けまでに、市が独自に設定した基準値を超える小中学校、保育所計28カ所の校庭、園庭の表土除去を完了させる。
方法まとめ
  1. 水を撒いて飛散対策
  2. グレーダーとスコップで表面から1~3センチを削り
  3. ダンプカーにシートをかぶせて市内の埋め立て処分場に搬送

市長記者会見(4月25日午前11時)

いくつかのポイント。
  1. 郡山市の独自基準は、地上1cmで、小中学校が3.8μSv/h, 保育園等は3.0μSv/h。
  2. 文部科学省の基準は、保育所、幼稚園、小学校は50㎝高さ、中学校は1m高さの空間線量率で判断しているが、郡山市では、より安全面に配慮し、すべて1cm高さで判断している。
  3. 除去した表土の処分先は河内埋立処分場(専門家と協議済み)
  4. 費用は合計で1億円弱ぐらい(推計)新聞記事によると予備費から出すとのこと
  5. 民間の学校、保育所、幼稚園なども基準値以上であれば、実施する方針
文部科学省の基準だと、薫小学校以外は屋外活動の制限はないが、他の学校等でも実施する目的は?

保護者の心配が非常に多いことから、市としては、薫小学校の数値に近い学校等についても行った方が良いと判断した。
当初は週末からの作業開始を予定していたが、保護者から早期着手の要望が強く、前倒しした。原正夫市長は「国や県から指示はないが、待っていられない。子供たちの安全を考え、市独自で除去することを決断した」と話した。
 結果どうなるかは、重要な知見になると思われる。

【4/28 追記】
早くも色々知見が得られつつある。未整理だがとりあえず備忘として。
郡山市の校庭表土除去、見直しも 運搬先の住民猛反発 2011年4月28日10時37分 アサヒ.com
 ところが、この日夜に学校教育部長や生活環境部長らが参加して処分場付近の住民向けの説明会を開いたところ、集まった約80人から批判が続出。「地域に事前の説明なしで、なぜ物事を進めるのか」「バカにするな」「国や東京電力がやるべき問題で、市がやることではない」と、市の姿勢に怒りの声が上がった。

 市は安全性について「運ぶのは格別に高い汚染の土壌ではない」などと説明。だが、文部科学省が表土を削らなくても利用時間を限れば安全とするなかで市が独自に取り組んだことに、ある女性は「市の勇み足だ。国がノーと言っているのに、なぜ、市だけが急ぐのか」と詰め寄った。
校庭の土除去“冷静対応を”NHKニュース 4月28日 13時40分
  • 「郡山市の独自の判断だが、土や砂を入れ替えなくても、政府が目安として示した1時間当たり3.8マイクロシーベルト未満の放射線量なら通常の屋外活動ができる。3.8を若干超えても、1日1時間に収めれば屋外活動ができる」
  • 「大事なのは継続的に放射線量の測定をしっかりやることだ。学校の先生に線量計を持ってもらい、安全性の確保を心していくことが重要だ」

枝野長官会見(1)校庭の汚染土壌除去「大変申し訳ない」
  • 「それぞれの学校、あるいは県や市町村などの行政単位、教育委員会単位で、できるだけ子どもさんたちに普通の状態と同じような生活を営んでもらいたいという観点から、さまざまなご努力をそれぞれしていただいているものと認識している」
  • 「校庭などの利用を1日1時間にというような方針を出しているところであるので、さらなる手当をすることによって、そうした制約がなく子どもさんに校庭などを使っていただけるというようなことに向けて、ご努力をされているところがあるということについては、そういった努力を余儀なくさせていることについて大変申し訳なく思うと同時に、前向きなものと受け止めたいと思っている」


新語時事用語辞典: 閣内不一致の意味・解説

【5/06 追記】
郡山市立薫小学校・鶴見坦保育所の表土除去レポート(4月27日)
線量測定結果によると、除去前は4~5μSv/h、除去後は0.9~1.9μSv/hとなっているようだ。おそらくバックグラウンド込みの値と思うので、半減といって良いと思う。
[PR]
by signal-9 | 2011-04-27 13:09 | 東電災害
<< 下水汚染 「区」とか「市」はもう少し動い... >>