「水曜シアター9」、9月いっぱいで終了

twitter情報。post:darkboさん 
【残念なおしらせ】「水曜シアター9」は、9月いっぱいで終了します。うち、映画の放送は来週を含めて残5回。この5回をもって、「木曜洋画劇場」以来42年半続いたレギュラー映画番組は、テレビ東京のゴールデンタイムから一旦姿を消します。無念です。ファンの皆さま、申し訳ありません。

ゴールデンタイムでの映画が完全に無くなるわけではなく、
今後も特番という形での放送はあるでしょう。
ただ、吹き替え版を独自に制作する機会はほとんどなくなるでしょうし、
あったとしても「イズム」や「らしさ」は失われるでしょう。
かつて携わっていた者としては、それが残念でなりません。

 俺も残念だ。

 このワクと言えば、地上波吹き替え映画最後の牙城つー感があったのだが、それにもまして『木曜洋画劇場』時代からの伝統の、あの頃の東宝東和臭漂う次回予告CMが印象深い。
wikipediaでも纏められているが

「ヴァンダミング」(ヴァン・ダム)
「最強オヤジ」(セガール)
「男のリトマス試験紙」(スタローン)
「汎用人型決戦番長」(スナイプス)
「力こぶれ、肉密度1000%!!」(シュワルツネッガー)
こういう気の狂ったような(褒め言葉)アオリ文句が実に楽しいのである。

いいなあ。予告CMの方が本編より面白い上に、正規の予告編よりも見る気にさせるというこの感じ。

権利関係で不可能だろうけど、この予告CMだけでDVDにしてくれりゃあ絶対買うんだが。

テレ東さん、お別れ記念に予告CMを纏めた特番、やってくれませんかねぇ?
[PR]
by signal-9 | 2010-08-20 11:14 | 読んだり見たり | Comments(0)
<< 東京電力災害に関する備忘 MM9 >>