個人情報流出:市民1万人分(秋田県湯沢市)

個人情報流出:市民1万人分、ウィニー感染 秋田・湯沢市 毎日新聞 2005年4月15日 3時00分

 秋田県湯沢市(人口約5万7000人)の市民の5分の1にあたる1万1255人分の名簿が、インターネット上に流出していたことが14日、分かった。湯沢市は「平成の大合併」で旧湯沢市を含む4市町村が合併し3月22日に誕生したばかりで、合併の賛否を問う市民アンケート対象者の名簿だった。担当職員が公用パソコンでファイル交換ソフト「ウィニー」を使用し、新種ウイルスに感染したことが原因とみられ、大量の個人情報が漏れた事態を重視した同市は今月11日付でこの職員を訓告処分にした。

香ばしぃなあ。役所のパソコンでwinnyですか。何に使ってたんでしょうね(笑)

 いいですね~お役所は「深くおわび申し上げ」て「再発防止の取り組みに万全を期」すとかって決まり文句のコメントを出して、「訓告処分」ですむんですか(笑)

 ホント、皮肉から逸脱するけど本気で羨ましいわ

 基本的に性悪説でモノを考える時代だ。
 セキュリティホールの最大の穴はいつも人間だし、大半が「内部犯行」である。
 一般企業だったら、プロトコルやポートやルーティングなどのネットワーク関連の調整とか、一般人にはパソコンの管理者権限与えないで勝手にソフトのインストールはできないようにするとか、まあ、一般的にイロイロやる必要がある。

 最近あまり聞かないが、「GIGO」という言葉があった。「コンピュータには、クズを入れるとクズが出てくる」という意味だが、「コンピュータには、クズを入れるとスーパークズが出てくる」というのが実態には即している。
 いまどきのコンピュータは使い方間違えると、自爆テロなみに周囲に被害をまきちらす。

 なんでもかんでもネットワークに繋いで、ソフトいっぱい入れて…確かに「便利」だろうが、その「便利」というのは誰のための「便利」なのかというのは考えてみないといけない。

 世の中にはあえて「不便」にしておくという選択もあるのである
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-04-15 11:37 | 情報保護・セキュリティ
<< 世界初の家庭用光学式プラネタリ... 新的抗日方式 >>